2015年9月25日(金)


前方後円墳の形状は不思議だ。 何の象徴か、説を調べてみた。
ところが、象徴でなく、弥生時代の墳墓から、祭礼の場の機能などが付加され発展したもの、という機能の進化説 が有力らしい。

古墳時代の幕開けに、全国で一斉に始まった時代のエネルギーを 感じないのかな、と思う。 
静かな進化が起源では決してない。




象徴も色々とある。


  「古代史の復元 」 が云う

 前方後円墳は、三輪山の山頂から昇る太陽の姿  が正解  と感じている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


(箸墓古墳で) 前方後円墳の形状を決定づけた卑弥呼は、三輪山の神と結婚することによって (倭迹迹日百襲姫から) 卑弥呼となったのであり、

  卑弥呼の墓の形状は、三輪山がシンボライズ されたものでなければならない。





三輪山は、この後 大和朝廷のシンボルになったが、もともとは、大物主(=饒速日尊)のご陵


 ・卑弥呼は、冬至の日に三輪山の上から太陽が昇る姿が見られる地・纒向に宮殿を造営し、そこで祭祀を行った。
 ・卑弥呼になる儀式も、冬至の日に大山(三輪山)の上から太陽が昇る姿が見られる地 (米子市淀江町 [ 旧大和村] 小波の三輪神社の地) で行った。

      
   卑弥呼誕生の地の特定 ( 2011年10月05日)



※ 冬至の日 (一陽来復)は、古代にあって 1年の始まりとなる日。
※ 出雲に近い淀江の地の他に、 大和(三輪山麓)と、吉備(正木山・麻佐岐神社)で卑弥呼誕生の儀式は行われた。





卑弥呼誕生の儀式とは? 
その権威の源泉とは?


7年にも及ぶ 倭の大乱の後、和平を仲介した大和の 倭迹迹日百襲姫 (やまと ととひ ももそひめ :孝霊天皇の娘) が、和平の執行者として 大和・出雲双方から共立され、
大物主神 (=三輪山の神=饒速日尊) と結婚するという儀式 (大和と出雲の和平の儀式) を経て、卑弥呼(日霊女)になった。

神の妻という、天皇よりも高い地位に就いたのは、187年冬至のこと。



三輪山の神は 出雲の神。 ( 饒速日尊は スサノオの子)。






前方後円墳は、太陽の〇 と 三輪山の△ を合体させた形状で、卑弥呼のシンボル



宗教象徴学が専門のロバート・ラングドン教授(ハーヴァード大)なら、納得してくれると思うw









前方後方墳 は、前方後円墳の造り方を基にし、円を遠慮して四角にした シンボル。


四角は、出雲の四隅突出墓がモデルかも知れない。
出雲をルーツとする実力ある首長たちによって採用されている。


古代中国の「天円地方(円は天、方形は地を表す)」もあるが 理念過ぎで、人の心を捕えるシンボル足り得ない。



注: 埋葬される人の出自により、
  出雲系(ニギハヤヒ系・物部系など)は前方後方墳、大和系(アマテラス系・天皇家系)は 前方後円墳 と定められたが、
  共に、(出雲と大和の和解の象徴である)吉備系の 大型特殊器台 が祭祀で使われた。
  →沼津・高尾山古墳(3C前半・前方後方墳)雑感 追補   (2016/2/24)









追記ー1 箸墓古墳は、何故 この場所に築造されたのか?



箸墓古墳が築造された場所は、何処でもよかった ではなく、三輪山との関係で この場所でなくてはならなかった。 という理由があるハズだ。
当時の人々には自明であっても、今の我々には分からない理由が..


三輪山の上から太陽が昇る方位は(北回りで)

     
118度   冬至     12/28  卑弥呼の宮殿が位置してる
110度   立春  02/04 農耕の起算日
100度   ?? 02/27 箸墓古墳が位置してる
 90度   春分 03/20
 80度   ??  04/10
 70度   立夏 05/04 箸墓古墳の主軸方向
 60度   夏至 06/22 大神神社が位置してる
     

 となる。


箸墓古墳の上で、三輪山から太陽が昇る姿が見える日は、2月27日になる。
(冬至の日から数えて61日目で、二十四節気の雨水と啓蟄との中間。)





■ 仮説  うるう日の観測拠点

箸墓古墳は、農耕に必要となる、太陽の軌跡の観測地点に築造された。

農耕暦は太陽のサイクルで、その起算日 は 2/4の立春の日。
ところで 4年に1日 うるう日が生じて調整しなければならない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
普通、太陽の観測所は (周囲から昇る冬至、立春、春分などの位置を観測する) 1ケ所で済む。
しかし纒向は、卑弥呼の夫・三輪山を中心とする特殊な祭祀都市のため、観測所は常に三輪山からの太陽を観測する、
@冬至の日の観測所 (宮殿で事足りる
A立春の日の観測所 
Bうるう日(修正)のための観測所
に分散配置された。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

立春を過ぎた 2月27日に、(春分の前に)三輪山の山頂から昇る太陽の位置を観測して、
うるう日(2月29日)追加の是非
を判断するのは、卑弥呼(日霊女)だけの役割だった。

卑弥呼の墓を何処に造るか問題になった時、そのBの観測所の地がふさわしいとなった。
後継の祭祀者は、箸墓古墳の上に移された施設で三輪山から昇る太陽の姿を観察し、4年に1日 修正していたことだろう。

Aの立春の観測所の遺構は 今も日の出ライン上にあるはず
   三輪山 ー 纒向川 − 箸墓古墳

  (2015/9/29)


この仮説のようにはならない、と (計算した) 知人に指摘された!

これは
平面上での太陽の軌跡で、実際は写真のように三輪山と箸墓古墳の距離は2.5`と近く、箸墓古墳から山頂を見上げる仰角が大きく、
2/27は、山頂に太陽が達する迄に無視できない角度誤差が生じ、
山頂からの太陽にはならない、と。
追記ー1は、魅力的に思えた仮説だったが、残念だった。
 (2015/10/11)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

箸墓古墳が築造された場所は、何処でもよかった ではなく、この場所でなくてはならなかった。 という理由が判明した。(2016年5月)
箸墓の位置は、夏至の祭祀地であった。それも、三輪山ではなく、穴師山に向かっての祭祀地であった。
その祭祀地に、穴師山の山頂を仰ぐように、箸墓は設計され築造され、卑弥呼は葬られた。
理由は..  追記ー2 注A     (2018/8/28)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






追記ー2  箸墓古墳の向き を考えてみた。


箸墓古墳の主軸は、三輪山を向いておらず、それから 約30度 北を向いている。 何故だろう?
立夏に太陽が昇る方向なのだが、角度など、あれこれ仮説を立ててみたがうまくいかなかった。


結局、 前方後円墳は、その威容を 見せる のも大事な目的と思うので、
その土地の地形に従って、よく見せるための向き を採用した、と結論づけた(笑)


その後 閃いた!  見せる は、人だけじゃない。 三輪山の神様にも見て戴くのだ。 妻のご陵なんだから..
美しく見て戴くには、頭を向けてるのでも、真横でもなく、斜め30度位がイイのだ。  神様から美しく見える向きが、事の真相だったりして(笑)
   (2015/10/2)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※注A
上記時点では、箸墓古墳の向きの意味は分かっていなかった。
その後、卑弥呼が鬼道で定めた宮殿群のラインの意味が判明し、併せて箸墓の方位の意味が判明した。 
纒向の卑弥呼の宮殿を考える 考察ー6 →卑弥呼の宮殿の傾きを推理する → 追記 )
(2016/5/9)








追記ー3


  箸墓古墳の 墳長は 276m。

  この途方もない 箸墓古墳のサイズはどのような根拠で定められたのか?


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


大和朝廷は当時 連合国家の盟主であり、墳長は、構成するクニの数に関係するのではないだろうか?

卑弥呼の墓の築造には、全国のクニから人々が纒向に集まって来て 参画していた。

 クニの数 X 基準数値  がエンジニアによる設計仕様。


@クニの数

・紀元前後は 100余国 (漢書地理志)。 
・107年、第4代 懿徳天皇の時代は160ケ国。
 天皇(帥升)が後漢に生口160人献上とあるが、これは160ケ国からなる連合体から 1人のことだろう。 (後漢書東夷伝)
・249年(卑弥呼没年)には 160カ国+α。 αは2割として、 本仮説では190カ国 とする。


A基準数値

 魏・晋時代の一里は300歩で魏・晋時代の1里は435.6m。 1歩はほぼ 145cm ウィキペディア 箸墓古墳 )。
 この時期、魏の張政の一行が来日し、大和に滞在し、技術も伝えている。 基準数値もその影響だろう。

 190カ国 x 1.45m =276m  墳長は276m。

※卑弥呼の墓の部分(後円部)は150mで 「径百余歩」   (魏志倭人伝)
  知識ゼロからの古墳入門 広瀬和雄 幻冬舎 P108より



 倭国を構成する 全てのクニの共立によって、卑弥呼の墓を造ろう
、という意志で、276mの巨大なサイズが決められたのだろう。

  卑弥呼が誕生したときと同じように...

  (2015/10/05)







 < 補 足 >


  魏志倭人伝


 魏志倭人伝の

   卑彌呼以死大作冢     
 卑弥呼以て死す。大きな冢を作る。
 @ 徑百餘歩            
徑百余歩、
 A 徇葬者奴婢百餘人 
     徇葬する者、奴婢百余人。  
 とは、

 @は箸墓古墳の、卑弥呼が埋葬された後円部の直径で、(100歩+α)x 1.45m =145m+α  後円部の直径は150m。

 Aは殉葬(※1)ではなく、徇葬で、葬儀を尽くした者(奴婢)が100余人、ということ。
   卑弥呼に仕えていた100余人の神官が、墳丘の最上部(※2)で棺を囲んで葬送儀礼を行った、ということ。


 ※1 縄文〜弥生まで殉葬(殉死させて葬る)の習慣は列島には無く、古墳時代にも認められていない。

 ※2 後円部は四段築成の上に 小円丘(径約44-46m、高さ4m : ウィキペディア 箸墓古墳 ) が載っている。
     卑弥呼の葬礼が行われた
小円丘・頂上の広場は、測量地図で計算すると 直径が17m前後の円形広場になる。
     葬儀を観察していた魏志倭人伝の筆者が云う通りで、スペース的には、100余人が限度であろう。
  (宮内庁 書陵部所蔵: 公開画像より)




 墳丘の最上部で葬送儀礼が行われた。


左下の絵では 10余人が祭祀を行っているが、
箸墓古墳の場合は その外周に100人近い神官が棺を取り囲んでいた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

倭国始って以来の 巨大な構築物の高い頂で、100余人の神官が葬儀を行う。

大王や各地の王たちは、前方部に設営された場所で参列した。

地上では、全国各地から集まった人々が、その葬儀の様を 天高く仰ぎ見たことだろう。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


卑弥呼の この葬儀の様は、またたく間に全国各地に 全住民の間に知れ渡った。

このことが、前方後円墳の築造が全国各地で受け入れられる 原動力となった。

そして 7世紀のはじめに至る350年間に、全国及び朝鮮半島の倭領内で、約 5200基も前方後円墳は築造された。
知識ゼロからの古墳入門 広瀬和雄 幻冬舎 2015/1/20 P53

  (2015/12/06)


        

 <補足> 魏志倭人伝  を終え、徇葬 を 殉葬 と読み替える不自然さ など、 感じたことを しばらく ツイッターで呟いてました。









 < その後 ツイッターで呟いていた諸々のこと >


@ 2016年1月15日


箸墓古墳」 (大阪府立弥生文化博物館 学生社 2015/10/20発行)   1 纒向王宮と箸中山古墳(箸塚) 石野博信 P14  


纒向で3世紀に出土した土器について、九州〜関東までの各地の土器が出土している、と。  少数だが、朝鮮半島北部の楽浪系 と 南部の伽耶系も出土している。
各地から人々が大和朝廷の中心地・纒向に集まっていた。

土器の出自は大阪平野を除くと、@東海 (三重・伊勢)地方、A山陰・出雲地域の順だそうだ。



右の 太く囲われた3C後半の土器は、静岡県・沼津あたり と。

ここは、「高尾山古墳」のスルガのクニだ。


やはり、古代のスルガのクニは、連合国家・大和朝廷を構成する重要なクニだったようだ。









A 2016年1月18日


箸墓古墳」 (大阪府立弥生文化博物館 学生社 2015/10/20発行)   3 箸墓古墳像の再構築に向けて  福尾正彦 P128


箸墓古墳の前方部の一番高い位置から、6世紀後半〜7世紀にかけての祭祀用須恵器・ハソウが出土してる。  と

つまり 300年以上後でも、箸墓古墳は朝廷から どのように認識されていて、どう利用されたか、の謎がある、と。



私の感では、第30代敏達天皇(572年〜585年)が、任那 (562年滅亡) の再興 (父欽明天皇の遺言) を古の神々に祈願したものと。
敏達天皇は新来の仏教より 古来の神々ーアマテラス信仰が篤かった。 纒向に他田坐天照御魂神社を創立してもいる。

第30代敏達天皇は、箸墓古墳の上で、任那滅亡を卑弥呼に謝り 再興を願ったのだろう。



第31代用明天皇は、厩戸皇子(聖徳太子)の父で在位2年と短く、 
第32代崇峻天皇は、蘇我馬子に暗殺される。
そして、敏達天皇の皇后が、第33代推古天皇になる。 皇太子は厩戸皇子。
この時代は波乱万丈だ。






B 2016年1月20日


箸墓古墳について、
第10代崇神天皇(244〜278年)の行燈山古墳が 242mなので、276mの箸墓古墳が、天皇でもない倭迹迹日百襲姫の墓のはずがない、という意見がある。
彼女が三輪山の神と結婚して卑弥呼(185〜249年)になった 「神の妻の位」は、 「天皇の位」 より高い。 が理解できてない。






C2016年2月26日


第10代崇神天皇行燈山古墳の墳帳 242m がどのような基準で定められたか、
で、天皇の年齢を基準 に設計された、とすると ピッタシだった。 (年齢は、古事記を基にした。1年2歳の数え方)

       

第10代崇神天皇 168歳  御陵は行燈山古墳 (前方後円墳)、全長242m 
168歳 x 1.45m=243.6m → 全長 242m 誤差無し


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

他の天皇についてもチェックしてみた。

■第11代垂仁天皇 153歳  御陵は宝来山古墳 (前方後円墳)、全長227m 
 153歳 x 1.45m=221.9m → 全長 227m 誤差5m


■第12代景行天皇 137歳 御陵は向山古墳 (前方後円墳)、全長300m
 137歳 x 1.45m=198.7m → 全長300m 誤差100m
 ※この天皇以降は 年齢基準の可能性は無くなる。


さて、卑弥呼は、というと
■卑弥呼  166歳(83歳x2:古代史の復元)  箸墓古墳 (前方後円墳) 全長276m
 166歳 x 1.45m=240.7m → 276m 誤差35m (※卑弥呼の年齢を83歳に訂正して再計算 2018.8.27)


■第9代開化天皇 63歳 御陵は念仏寺山古墳 (前方後円墳)、全長約100m
 63歳 x 1.45m=91.4m → 100m 誤差9m
 ※開化天皇のご陵の比定は、確実と云えるのか?  年齢基準にすると天皇らしくない小さな古墳になってしまう。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


古事記(日本書紀はまた別の年齢) 記載の年齢と 古墳の正確な墳長 の双方には誤差があると考るべきだろう。 それを考慮に入れて、

古墳出現期の 第9代〜第10第〜第11代天皇の墳長は、被葬者の「年齢を基準」に設計された、と言えるのか .. 
第9代開化天皇を除くと 、可能性はある


卑弥呼の箸墓古墳は 前方後円墳が確立された最初の古墳であり、 クニの数が基準になった。
次の崇神天皇の古墳を造る際に、新たにどうするか考えられ、 たまたま長命でそのことが祝われていたので 年齢が基準にされたのだろう。 ( 短命だったら そうはならなかったハズだ )
この仮説は、生前に古墳の築造が開始 されていたら無理だ。





参考 纒向の 卑弥呼の宮殿と 三輪山の方位をチェックする
  太陽の観測施設(考)

リンク ある地点での太陽の出る方角を知る 海上保安庁海洋情報部の『日・月出没計算』サービス


参考書籍 知識ゼロからの古墳入門」 広瀬和雄 幻冬舎  2015/1/20発行  私がお世話になっている本です。



2015年10月10日了   宇田川 東