瑞穂スキー場中腹施設 (Deli Lunch Market)

Deli Lunch Market 夕景Deli Lunch Market ダイニング ホール

撮影:伊部 功 氏

設計について

西中国山地国定公園である山頂を共有するう二つのスキー場(ハイランド・ バレー)のハイランド側の核となるレストランの増設計画です。

標高1,050M、周囲にはブナの自然林が残り、遠く北の山並みを越えて日本海が望める申し分のない環境。

交通の手段は唯一ゴンドラリフトのみ、標高500Mの駐車場から一気に自然の真只中へとアプローチする。
この場所に、厳しい山の自然の中で、人が拠り所とし得る「場」を創ることが求められました。

既存の施設とのサービス導線の必要性から、二つの建物を連絡階段(通路)で結び、その間を、三方を壁で囲まれ、南に開放された中庭テラスとし屋外での食事の場所としています。

内部は収容人員に対応し、屋根勾配を最大限利用し天井高を確保することと、建築の部材に自然の形態的要素を取り入れ(樹木に例えた独立柱、花弁に見立てた照明器具など)内部にあっても自然を暗示することを目論みています。

カフェテリアはオープン形式で文字の通りランチのマーケットとし、一画にサラダバー及びベーカリーコーナーを設けるなど、多様化する食事の質に対するニーズに対応しています。

*** 飲食店建築 第7集 自然と親しみ自然を味わう飲食空間特集 原稿より抜粋


建築種別 一般建築(リゾート施設)
建築用途 レストラン、ショップ、その他
構造・規模 鉄骨造2階建(増改築)
その他 飲食店建築(旭屋出版)第7集 自然と親しみ自然を味わう飲食空間 特集 掲載
Deli Lounch Market 正面外観
正面 夕景

南テラス側 夕景

ダイニング ホール

ダイニング ホール 柱はH型鋼の立体トラスとコンクリート柱で 樹木のイメージ

オープンスタイルのカフェテリア
高窓がら光いっぱいのカフェテリア

高窓から光いっぱいの カフェテリア

ダイニング ホールからスキーコース
サンクンゾーン

ダイニング ホール 山並みを越えて日本海が望めるサンクンゾーン

Deli Lounch Market 夕景

Deli Lunch Market 夕景