瑞穂バレー スキーセンター

Valley Ski Center 外観階段 吹抜

設計について

標高 717M、瑞穂バレースキー場のセンター施設です。
最上部、リフト乗り場のレベルにカフェテリア・レストラン、一部中2階ロフトにもダイニングスペースを設けています。

コース側は全面をガラスのカーテンウオールとし、内部にあっても、恵まれた自然景観やコースの様子を楽しみながらの食事空間にと考えました。

中間階がスキーセンター施設、ショップ、更衣室、ロッカー等々が西と南の出入り口をつなぐコンコースの両側に、南側のポーチ部分にはチケット売り場がそれぞれ配置されています。

1階はコース下部から寄りつける部分に小さなレストラン、その他は機械室、サービス部門となっています。

3 層+ロフト(計4階)の構成ですが、コースの斜面にそって約1/3程度が地中に埋め込まれ建物のボリューム感が抑えられています。
屋根を4枚の切り妻に分節している点も、建物のスケール感を抑えてくれているように感じています。

古典的な建築基本構成であった三層構成(※1)ベースにあたるコンクリート打放し仕上げの1、2階部分、主階のガラスのカーテンウオール部分、連続する切妻屋根、に水平の分節も圧迫感を抑え、親しみやすく感じさせてくれているのではないかと考えています。

(※1)基壇(ベース)+主階+屋根階の水平三層に分節する構成

建築種別 一般建築(リゾート施設)
建築用途 スキーセンター、レストラン、ショップ その他
構造・規模 鉄骨鉄筋コンクリート造、4階建て
その他
Valley Ski Center 外観
Valley Ski Center 外観
2-3階 階段吹抜け

2-3階 階段吹抜け

Restaurant YAMAZATO

Restaurant YAMAZATO