庭瀬の家

居間 ピアノコーナー玄関 ポーチ

撮影:後藤 健治氏

設計について

低層の住宅等でほぼ埋め尽くされている市街地での世代交代による建替え工事です。

方位軸に沿ったほぼ方形の理想的な敷地であり、南の一辺が前面道路に接しています。
ここでは旧建物と同じ、東西方向を棟の切妻屋根としています。

南は道路からの視線制御のためのコンクリート塀と、建物との間を植込みに、北には約3M角の小庭をしつらえ、居間・食堂と対面キッチンのワンルーム空間が南北の庭と視覚的に連続する、市街地にあっても明るく風通しの良い開放的な主生活スペースとしています。

スリットにより分節されたコンクリート塀は庭の樹木と相まって、住いと街との関わりに、閉じつつ開き、開きつつ閉じるといったしなやかな関係性を期待しています。

無垢の構造材とフローリング、壁は内・外ともに火山灰塗り、呼吸する素材で囲まれたインテリアとしています。

植栽は、ヤマボウシ、ドウダンツツジ等落葉樹を主体にまとめ、市街地にあっても季節を身近に感じられる造園にしています。

建築種別 住宅
建築用途 専用住宅
構造・規模 木造 2階建て
その他
外観
食堂前植込

食堂前の植込

居間・食堂

台所から居間・食堂

食堂から庭の植込

食堂から南庭植込

対面キッチン
居間 ピアノコーナー

居間 ピアノコーナー

和室

和室 壁に軸で、床のしつらえ

2階ホール

2階 ホール