English


トップ] [プロフィール] [基礎知識] [種類と治療

[腱鞘炎自己診断テスト] [冷え性] [相談・治療予約

編曲と演奏] [こういう症状はありませんか?



●健康になるための基礎知識

草原




◆“症状”とは何でしょう?


 身体は生活習慣や癖によってバランスが偏り、痛みやコリとい った形で警告できるようになっています。
この“痛み”や“コリ”とは、身体の内部の状態を維持・安定させるために、身体の外部へ 出てきた「排毒作用」といえます。
つまり、痛みやコリを出すことによって、身体の内部がそれ以上 悪くならないようにしているのです。大人よりも子供のほうが身体 の中が新鮮なため、排毒作用が強く、症状がはっきり強く出て治る のも早く、例えば、高熱が出ても熱が下がるのも早いのです。大人 は熱が出ても、くすぶった状態でいつまでも治らないことが多いも のです。
 「排毒作用」とは、痛みやコリのほか、具体的 には炎症、発熱、おでき、吹き出物、ふけ、目ヤニ、鼻の出血、鼻汁、 耳だれ、口内炎、嘔吐、胸焼け、下痢便秘、痔、腰痛、痺れ、かゆみ等、 日常よくみられる症状の中でもごく一時的なものを指 しています。これが長引いて固定化したものを「病気」 という訳です。




◆病気の原因と体質


 病気の原因は、一般に過労、暴飲・暴食、睡眠不足、運動不足等 の不摂生が考えられますが、さらに、両親からの先天的・遺伝的要 素によっても決まり、年をとるにしたがって、それは「体質」とし て現れるようになります。例えば、鼻炎や喘息、アトピー等のアレ ルギー疾患や糖尿病、結核、高血圧、高コレステロール血症、ガン 等は、どうしても体質として親から受け継ぐ傾向が強く出るもので すから、基本的な養生に十分注意した生活を送ることが必要です。





◆不調を感じとれる身体?


 身体には、初期症状を改善しようとする機能として「自然 (しぜん)治癒力(ちゆりょく)」 が備わっていますが、不摂生が長期にわたると、この自然治癒力の働 く限界を越え、自然に治す力がなくなり、「病気」の状態に入ってい きます。
 このようなことから、苦痛を訴える前の“ちょっと調子がおかしい な?”という「警告反応」を感じとれる身体でいたいものです。 固定化した病気になると、その「警告反応」を容易に感じとれなく なってきます。






◆「ハリ・きゅう」治療の本質とは?


 従来、「治療」とは、現れた症状そのものに蓋(ふた)をすることで治した としている場合が多く、その結果、身体の中にこもったものがまた 別のところに出てくるということが多々あります。
症状が消えたことを「効いた!」といいますが、それは必ずしも「治った!」と同意ではないのです。
 東洋医学の本来の発想は、症状の根底原因である本体の歪みを良くしていくところに注目するものです。鍼灸や漢方薬等の東洋医療は、身体 の表面に現れた症状を追いかけて消していくものではなく、身体の抵 抗力に力(ちから)を与えて「排毒作用・デトックス作用」を旺盛にし、 自覚的に今まで感じることのできなかった痛みやコリを表面に出して行くことを基本にしています。
 病気が治る経過として「出るべくして出た状態」を悪い症状と勘違いすることは避けたいものです。





◆治療方法について



 治療には基本的に鍼(ハリ)とお灸を用います。診察法は、局所症状の観察だけではなく、まず全身のバランスを現している腹部を診察し、それが局所症状の原因と考えられるかどうかを判断します。慢性症状の多くはその人に刻まれた偏り の不摂生の歴史として、腹部を圧した時に「痛み」や「コリ」が現われます。これを修正するためには、その人の感受性に合わせて、背中に異常の現われているツボを刺激する必要があります。特にハリや灸の刺激に過敏な方や不安感を抱いている方のためには、ツボに当てるだけの棒のような「てい鍼」や温灸程度で治療致しますので、安心して治療を受けて頂けます。 

 こうして全体のバランスを整え、更に局所症状に対する処置を加え ていきます。「全身のバランスを整える」という発想を持っていることから、長い時間をかけて発症した病状には特に効果的と考えております。





◆鍼灸治療への理解

立教校庭





どのような治療をするの?

 病気には、局所の訴えがそこだけの問題である場合と全身が関わって局所症状が出ている場合とがあります。症状が長期間変わらない場合はもともと末端の冷えが強い、風邪をひきやすい(体が冷えやすいことを意味します)、全身の過労が休養等で取り切れていない等、全身との関わりあいが強いと考えられますので、「お腹」で全体像を診断し、治療をする必要があります。

 さて、「腹」は全身の血液(東洋医学では"気"と言います)循環に重要な場所であり、お腹を調整することによって体全体の気の循環を良好にします。普段はあまりお腹を意識される事はないと思いますが、これは肩にコリや痛みがあるのと同じようにお腹にもコリや痛みが出てくるのです。体の健康レベルが下がってくると、お腹を圧した時にも"コリや痛み"が現われてきます。 あらゆる病気の原因として現われたお腹のコリや痛みを取り除いていくことが、体の冷えや疲労を取り除いていく力になっていきます。お腹を調節することは、体を全身的に調整する力になるということです。お腹のコリや痛みを取る方法は、お腹にハリ等の治療を加えるのではなく、背中のツボに治療した後、手足のツボに治療を加えていきます。 この治療が終了した後、問題のある患部へとアプローチしていきます。


治療後の疲労感やだるさ? 

 局所だけの治療であれば、治療後の疲労感やだるさはほとんどありませんが、全身調整を目的とする治療によって、「お腹」を調節すると、体の内部がかなり動いていきます。その治療によって体は良い方向に動く訳ですが、長期間にわたって偏った体は簡単に良い方向に行こうとはせず、今までの「安定していた悪い状態」へと戻ろうとします。今迄の体の偏りの強い人ほど、治療によって悪い状態をくずされ、その反動として疲労感やだるさなどの症状が出てきます。これは自分の体で老廃物を除去している過程、つまり「デトックス効果」であると理解して下さい。この「デトックス効果」は全身治療でなくては得られないものです。治療を二回、三回と重ねる際、そのだるさや疲労感はなくなっていきます。そして、治療による「だるさ、疲労感」がなくなってくれば、それだけ体内の毒素が出切って、体力がついてきたとみることができるのです。


治療の間隔はどう考える?

病気はある程度回復してその人の中で治る力(自然治癒力)が備わることができるようになれば、少し体調を悪くしたとしても自分の力で治ることができますが、そこまでになるには「三歩進んで二歩下がる」「三歩進んで一歩下がる」というように今までの固定していた悪い方へ戻ろうとします。この戻ってしまうかどうかは今の症状が固定してしまっているか、まだそこまではないかによって変わります。ずーっと放っておいた病気・症状は戻る力が強いため ある程度根気よく治療しないと元に戻っていまうことになるのです。
 一般に、強い症状や長く患っている状態では、一週間に2回の治療が必要と思われます。症状が収束してくれば週に一回、症状が悪い方向に戻らなくなれば隔週という具合に考えて下さい。あとは自分で治すように自宅養生に努めるという安心が得られれば、治療を一旦中断して結構です。ただ、自覚症状が感じなくなったとしても、私が診て患部に形態的な異常が触診される場合は、まだ完全に治っていませんので、もう少し治療をお続けになって下さい。


治療では何を使うのか?

「ハリ・灸」というと、以前は年配の方の受けるものであるとか、医者ではどうにもならない病気だけを対象にする、という印象があったかと思います。  現在、ハリ・灸の治療が臨床・研究の立場から多大な効果が評価され、それは幅広く多くの方に認識されているところです。しかし、「ハリ」は痛い、体の中でどうなっているか想像するだけで恐ろしい…、「灸」は熱そうだし、皮膚を大きく焼いてひどく痕が残っては困る…等の印象があるようです。

 「鍼(ハリ)」は、「ひびき」を得て、良い効果を促すことは確かですが、個々人の感受性を無視して強い刺激を与えることは治療効果がマイナスになります。ハリは受ける方の感受性に合わせて刺激を加え、それに対する体の反応を診て、治療効果があるかどうかを判断していくもので、必ず刺さなければならないというものではありません。「痛がる」、「こわがる」方には、"刺さらない棒"のようなハリで治療しますので、安心して受けられます。これは「ていしん 金是鍼」といってツボを圧すものであり、特に過敏な方、小児、体の抵抗力がなくなった重症な時に対して使うハリです。体力のある方には、銀製やステンレス製のハリを使います。
また、これらのハリは、滅菌済みのものを使用し、一回の治療の都度廃棄しておりますので、感染の危険性はありません。

 「灸(きゅう)」は、一般には直接モグサを皮膚に置いて熱を加えると共に、モグサを燃やした時に出てくる物質によって治療効果を促します。多少、痕が残ることがありますが、徐々に消えていきます。馬油(ばーゆ)や紫雲膏(しうんこう)などをつけておくと、より早く消えていきます。病気が頑固なものに限り、強い刺激を必要とする場合があることは確かです。灸もハリと同様、個々人の感受性に合わせることが治療になりますので、「痕は絶対にイヤだ」とか「熱くてどうしても我慢できない」という方には、温かい効果でかつ浸透力のある"間接灸"(温灸など)を使用します。皮膚が一時赤くなる程度で、気持ちのよい温熱効果が得られます。ただ、"直接灸"に比べ、治療時間が掛かりますので、ポイントをいくつかに絞ってツボの選択をします。


治療相談


index