English

トップ] [プロフィール] [基礎知識] [種類と治療
[腱鞘炎自己診断テスト] [冷え性] [相談・治療予約
リンク集] [編曲と演奏

●症状の種類と治療


私の経験した指の異常感

演奏中の写真

 私自身も30歳頃、短期間に急な練習をした ことで「右中指の巻き込み」が起こり、演奏するたびにもどかしい思いを経験しました。くる日もくる日も「腱鞘炎かな?ジストニアかな?いや違う・・やはり腱鞘炎かもしれない?」と、腱鞘炎やジストニアの文字が頭から離れなかったことがあります。

しかし、悩んでいても始まらないため、自分 で悪いところを探し、鍼と灸を使って治療していきました。治療期間中、ギターをしばしば弾 いて試しますが、動かない。このままでは弾けなくなっていくと不安に思い、決意して8ヶ月 間ギターを弾かず、治療を加えたことにより現在は全く問題なく弾けるようになりました。もちろん原因となった弾き方、フォームを改善していったことは言うまでもありません。

腱鞘炎などの手指障害とはどんな状態か?

 いわゆる「腱鞘炎」についてですが、「腱」(けん)というのは、筋肉の末梢で あり、それが収束して堅く強靭になっているところをいい、隣の骨に付着しています。腱と腱を包む鞘が摩擦によって腫れてくる炎症症状を特に腱鞘炎とよんでいます。炎症すれば痛みを持って くる。悪化すれば膨れて太くなってくる。伸ばそうとしたり曲げようとすると痛みを発するが、更に数ヶ月一年と長引いてくると、その状態は固まってきて動き難くなっ て、時には急に引き伸ばしたりすると音を立てる「弾発指(バネ指)」という状 態になってくるのです。腱鞘炎の慢性化したものと考えて下さい。
 

また、以上のような腱以外にも、長年の筋肉過労が原因で指の動き を悪くすることも多いのです。
 一言で「腱鞘炎」といっても色々な状態があるわけで、ギター以外でもピアノ、フルート、クラリネット、オーボエ、ホルン、ファゴット、マリンバなどの打楽器、お琴、三味線、バイオリン、チェロ、コントラバス、マンドリン、リコーダー、オルガン、その他エレキギター、ベースなど、演奏上に見 られる手指障害、更には一般的な職業(理容師、パソコン事務、OAによるストレス、翻訳業をはじめ、手先を多く使う主婦業、パティシエなど)で見られる手指障害すべてを「使い過ぎ症候群」とよんでいます。

腱鞘炎は特に音楽家に限った症状でなく、指を酷使する職業に現われるものです。 指、手首、ひじが痛い!しびれる!腕がだるい!痛くないのに思うように指が動かない!演奏しようとすると指が握ってしまう!はねてしまう!等は、腱鞘炎-使い過ぎ症候群の症状として見られ、慢性化したものは治癒にも時間を要し、たかが手指と言えども、趣味の楽しみや仕事を奪ってしまうものなのです。 上記のように、私自身、ギターの弾き過ぎからこれらを経験しましたが、治療の甲斐あって復帰しました。悩んでいる多くの方々の手助けをしたいと願っております。 自己判断で治療しようかと迷い、自己矯正をしているうちに悪化させてしまうケースも少なくありません。

治りやすい状態

 痛みを生ずるものは、筋肉運動を急に行うことによって生じるもの で、これが一般的に「腱鞘炎」と言うものだと考えて良いでしょう。症状の程度にもよりますが、適切な休養と治療によって良くなっていきます。

音楽家だけでなく一般の方にも多く見られ、専門的な病名では、手首部分親指付近に発現する狭窄性腱鞘炎、手の平側に発現する弾発指(バネ指)、手首の甲側に発現するガングリオンなどが挙げられます。

治りにくい状態

 弾けない部分つまり苦手な部分ばかり何時間も弾いている(同じパターンを機械的に弾くなども含め)ことにより、同じ筋肉ばかり常に使っている 職業病と同じように、維持、酷使した筋肉に疲労を生じ、 筋肉のコリ(乳酸がたまり硬くなっていく状態)を作っていきます。 そして筋肉の柔軟性が失われてきます。これが一般に「スジが固くなっている」といわれる状態です。
 そして一つの所にコリができると、次のコリを生ずることになってくるから 質が悪いのです。これがひどくなれば、血行不良が高じて腕にだるさ を感じてきます。更には症状が長引いたものは、肩や首にまでコリが波及し、手指症状の回復を遅らせてしまうことも多いのです。  

これらの状態を長く続けていると 運動機能障害(動かない、巻き込むなど)を生じてきます。 筋肉系のみの過疲労により伸縮しなくなったもの、筋肉系を指令する神経系の疲労によるもの、更に固くなった筋肉が神経を圧迫して筋肉 の動きを障害するものなどが考えられます。 これらは上記のような「腱鞘炎」という単純なものではなく、非常に厄介な病態と言えます。

フォーカルジストニア

 更に、ジストニアのように脳の問題を抱えた病態もあり ます。全身性のジストニアと診断されるものは除外して、特に音楽家や文筆家、更には理容師などに現れる 高度な職業病と言える「指の巻き込み」及び指腕などの不随意動作は、特に、特異動作性局所ジストニアと言われるケースがあり、 この病態の成立原因は、精神緊張の持続、肉体的反復動作の緊張、更には両者の重なったものなどがあります。確実にジストニアであると診断 されるものは、脳の不随意操作を抑制する機能にまで及んでいて、なかなか改善しにくい厄介なものです。放っておいて治癒に至ったという症例は今のところ聞き及びませんので、何らかの処置をしつつ経過を観察する姿勢が必要と考えています。
ただ、その症状に類するものの中でも、長期の鍼灸治療においてかなりの改善が見られる症例があるのも事実であり、鍼灸治療も一つの治療 の選択肢として考えれると思われます。これらの「ジストニアもどき(症候群)」と考えられるものの症状改善には、週一回の鍼治療で軽い症状でも3ヶ月、ほとんどの症状は少なくとも半年から一年の根気が必要です。重症のものはそれ以上かかりますが、必ず良くなっていきます。

ジストニアの診断は、症状が似ているだけで本当に「真のジストニア」かどうか判断しにくいものが多くあります。 私の臨床経験では真のジストニアは約10%、ジストニア様(もどき)症状は約90%ぐらいを占めていると考えています。これらを区別する方法は、現代西洋医学でも確実な診断が確立されてはおらず、実際の患者さんの現す自覚症状を頼りにする場合が多いと感じています。
「真のジストニア」は、脳からの不随意運動の抑制司令が壊れてしまい、治療中に刺激を加えることで痙攣のような不随意運動が出ます。 「ジストニアもどき」は上のような現象がなく、使い過ぎによる筋肉の硬直状態が強く残ったものと考えて良いだろうと思われます。 脳との関連性が固着化したものは、真のジストニアと考えられ、ご自身の中で力を抜くイメージトレーニングをしなければ 脳との関連性を切ることはできません。 何れにしてもこの種の症状の改善にはかなりの期間を要し、症状の変化を待ちきれず、治療を断念する方が多いこと も事実ですが、それなりに頑張った患者さんは70%の率で良くなってきます。 ただ、我々術者の方もこの治療的経験がないと どのような経過をたどって治っていくか、また、症状が停滞している状況を どのように説明していくかが難しいと考えています。


練習不足で弾けないのか?本当に指が悪くなって いて弾けないのか?が当事者には判断できず、弾き続けているうちに 動きがおかしくなってくることが多いのです。
 例として「 指が巻き込む」 「指が跳ね上がる」 などの動きの異常な症状でかつ痛みのないも のは、病気の根が深いのですが、諦めず治療を十分に加えることが必 要と考えます。痛みのないもので動かない「指の巻き込み」のある場合は深刻なのです。楽器奏者におけるこの深刻な「巻き込み症状」は、ギター、ピアノ、フルート、バイオリン等などに多く見られ、また症状には共通性があります。(詳しくは、上の見出し[腱鞘炎自己診断テスト]を参照下さい。)

腱鞘炎・ジストニアの治療

腱鞘炎の治療で大事なことは、腱そのものの炎症部分を癒すことはもちろんですが、腱の延長上である筋肉の弱みが元々あったためだということに着目する必要があります。腱の炎症が取れたとしても、原因としての弱まった(疲労した)筋肉がある限り、また再発します。この弱くなった筋肉は固くなりやや短縮しています。鍼や灸あるいは暖める治療を施すことによって、この弱まった筋肉は徐々に酸素を得て健常な筋肉に戻っていきます。長い時間をかけて非活動的になった筋肉は簡単には柔らかくなりませんが、根気よく治療を続けることで必ずより良い状態へ戻っていきますので諦めないで下さい。

また、「ジストニア症候群」に関しては、@コンサート、レコーディング、コンクールや発表会など、かなりの集中を強いた後から悪くなってなっていること、A更にその後休んで弾かなくしたとしても、症状がほとんど良くならず変わっていないこと等から類推して、やはり「何らかの治療する」ということが必要だろうと考えられます。休んで放っておいても良くなっていないということは、症状が固まってしまっていると考えられます。弱くなっているから鍛えよう!という考え方は、ある程度筋肉に余力が残っている場合には有効ですが、このような状態の場合は鍛えれば鍛えるだけ指の状況は悪化していきます。

現在、このジストニア様症状に対する治療としては、鍼(ハリ)治療が治癒の可能性を持っています。手術が絶対だと考えている方も多いかと思いますが、最終手段とは言えないのです。

私の治療は、まず指の障害を起こすベースとなっている体のバランスを腹の凝りや痛みという指標をもって整えていきます。 その後、「局所を治療する時も腕や手の患側だけでなく健側とを触診で比較し、それぞれに見合った刺激をし、数週間の間、過去の状態と比較してどのように変化をしたかを見ていくという方法」 という治療でありまして、特定のツボを使ってとか 神経や血管を狙ってという治療法ではありません。現にそこに、異常を持った患者さんという対象者が無い限り、 どこに施術すればよいかは言えないのです。なぜならば、皆、微妙に症状が違うからです。


当院を推薦して下さっているサイト

karen bossaさんのサイト(2008年10月8日)から

akaneさんのサイト(2011年3月10日)から

おんじさんのツイッター(2017年3月14日)から


音楽雑誌に取り上げられた記事および編曲譜など

●「現代ギター誌」'84・5月号臨時増刊「レッツ・プレイ・ポピュラーギター」編曲譜 sold out

●「現代ギター誌」'85・8月号特集「スケール上達法」より記事「完璧なスケールへの基礎」 sold out

「現代ギター誌」'93・8月号特集「スケールテクニックを極める」より記事「腱鞘炎を知る」 sold out

●「現代ギター誌」'96・8月号特集記事「腱鞘炎予防クリニック」自己診断テスト sold out

●「現代ギター誌」'99・7月号「シンドラーのリスト」編曲譜(ジョン・ウィリアムス演奏のコピー編曲譜) sold out

●「現代ギター誌」'99・9月号 坂本龍一「エナジーフロウ」編曲譜

「現代ギター誌」'08・5月号 濱田滋郎対談にてゲスト出演

「アコースティック・ギター・マガジン誌」2012年4月27日リットーミュージック社刊行vol.52 特集記事「カラダメンテ講座」 sold out

加茂フミヨシ氏との対談「匠との語らい」全4回 2012年11月9日リットーミュージック社

●「現代ギター誌」'15・3月号
 エリック・サティ「ジュ・トゥ・ヴ〜君が欲しい」編曲譜


治療・相談メール


index