関西・大阪の美楽なアート情報サイト
ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)
美術館・博物館デパートの展覧会と個展案内
TOP

個展

画廊

情報

広場
美術館
Museum
美術館
博物館
デパート

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG

工芸

写真

陶芸

立体

書

ノンジャンル

美術館
▲クリックで各々のアート展へジャンプ。

アーティストの感性をストリートから世界に発信。

美術画廊・ギャラリー

貸しギャラリー・アートスペース

美術館1

美術館2

デパート

展覧会-1

展覧会-2

展覧会-3

展示室-1

展示室-2

展示室-3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

展示室-7

展示室-8

展示室-9

展示室-10

「感じる力」展
詳しくは画面をクリック
和田英作展
詳しくは画面をクリック

詳しくは画面をクリック
本画・下絵・素描 
上村松園・松篁・淳之
「感じる力」展
2016年
712日(火)〜925日(日)
松伯美術館
SHOUHAKU ART MUSEUM
奈良市登美ヶ丘2丁目1番4号
TEL.0742-41-6666
休館日:月曜日(但し。7月18日(月・祝)、9月19日(月・祝)は開館、それぞれ翌日の7月19日(火)、9月20日(火)は休館)
主催:松伯美術館、毎日新聞社
◎スポーツをして体を鍛えるように、感じる力も鍛えましょう。日々の忙しい生活の中では、瞬時に理解したり判断することが多く求められ、大変疲れてしまいます。自分が本当はどのように感じ何を求めているのか見失うことさえあります。たまには芸術作品とゆっくりと対話を楽しみましょう。あなたの感じる力に合わせて様々なことを静かに伝えてくれます。感じる力が強くなればより深いメッセージが受け取れるでしょう。
本展では、あまり見る機会のない素描や下絵も多くご覧頂きます。作品や画家に対してより深く親しんで頂ければ幸いです。(ワークシートを配布予定。利用しながらご鑑賞を楽しんで頂けます。)
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
日本近代洋画の巨匠
和田英作展
……………………………
同時開催
小磯良平作品選 II
特集:働く人びと
会期=2016年
813(土)1010(月・祝)
神戸市立小磯記念美術館
神戸市東灘区向洋町中5-7
TEL.078-857-5880
開館時間=10:00〜17:00
(入館の受付は16:30まで)
休館日=毎週月曜日
[ただし9月19日(月・祝)、10月10日(月・祝)は開館]、9月20日
美術館MAP
美術館公式サイト
◎和田英作(1874−1959)は、日本近代洋画において、黒田清輝や藤島武二と並ぶ巨匠のひとりです。和田は明治初期から大正、昭和を通じて、洋画の指導的な役割を果たし、洋画界の重鎮としてその名を残しました。このたび、彼の70年にわたる画業を紹介する回顧展を開催します。

 本展では、和田の初期作品をはじめ、和田が得意とした肖像画、日本の歴史に題材をとった大作から、終生描き続けた富士や薔薇などの油彩画、素描や下絵を含めた約80点を一堂に展示、ひとすじに日本人の油絵を追求した姿を明らかにします。
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント
2016 イタリア・ボローニャ
国際絵本原画展
Bologna Children's Book Fair Illustrators Exhibition
【特別展示】
ボローニャ展50年の歩み
会期=2016年
820日[土]〜925日[日]
西宮市大谷記念美術館
Otani Memorial Art Museum, Nishinomiya City
TEL.0798-33-0164
〒662-0952 西宮市中浜町4-38
開館時間=10:00〜17:00
(入館は16:30まで)
毎週金曜日は19:00まで開館(入館は18:30まで)
休館日= 水曜日
主催:西宮市大谷記念美術館、毎日新聞社、一般社団法人日本国際児童
図書評議会(JBBY)
美術館MAP
美術館公式サイト
◎世界で唯一の子どもの本専門の国際見本市ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェアでは、世界最大級の規模を誇る絵本原画のコンクールが行われており、世界各地から多くのイラストレーターが作品を応募しています。5点1組にしたイラストを用意すれば誰でも応募できる公募展で、絵本の専門家である審査員たちによって、すでに絵本として発表された作品も未発表のものも全て平等に審査されます。記念すべき50回目を迎えた今年は、世界61ヶ国より3,191点の応募があり、日本からの10人(組)を含む18ヶ国77人(組)が入選しました。
 今年もそのすべての入選作を展観するとともに、開催50回を記念して、特別展示「ボローニャ展50年の歩み」を開催します。1967年に始まり、これまで多くのイラストレーターを育ててきたボローニャ展の歴史を、年譜と資料、原画で振り返ります。
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント
「チェコ絵本をめぐる旅」
展覧会公式サイト
江戸の遊び絵づくし
詳しくは画面をクリック

展覧会公式サイト
チャペックから
チェコ・コミックまで
東欧の絵本大国
「チェコ絵本をめぐる旅」
2016年
72日(土)〜94日(日) 
芦屋市立美術博物館
Ashiya City Museum of Art & History
〒659-0052芦屋市伊勢町12-25
美術博物館MAP
美術博物館公式サイト
TEL:0797-38-5432
休館日:月曜日(ただし、7/18は開館、7/19は休館)
開館時間:10:00〜17:00
(入館は16:30まで)
観覧料:一般700(560)円、大高生500(400)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金、高齢者及び身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳所有の方、ならびにその介護者の方は各当日料金の半額。
主催:芦屋市立美術博物館
◎どこか懐かしさを感じさせる手作り感と、洗練されたデザインで人気を集めるチェコの絵本。20世紀初期から邦訳が出版され、岩波少年文庫のロングセラーとなっている『長い長いお医者さんの話』や、かわいらしい愛犬の写真をアレンジした絵本『ダーシェンカ』などを生み出したチャペック兄弟、そして牧歌的な魅力を持つチェコの国民的絵本作家ヨゼフ・ラダの作品は、こうしたチェコ絵本人気の先駆けとなりました。さらに、人形アニメーションへの関心とともに、イジー・トゥルカンなどの絵本が紹介され、今日まで根強いファンを持っています。
 本展では、絵本原画やリトグラフ、絵コンテ、デッサン、制作過程の資料や絵本など約150点を通して、チャペックなどチェコ絵本の伝統を築いた草創期の巨匠から、近年チェコで注目を集めている最新鋭の作家たちの創作まで、日本とのつながりを含めながら、その幅広く奥深い魅力をご紹介いたします。
展覧会公式HP→ここから
江戸の遊び絵づくし
―おはつです!笑って遊べる浮世絵、ここに参 上。―
2016年
723日(土)〜94日(日)
明石市立文化博物館
明石市上ノ丸2丁目13番1号
TEL.078-918-5400
会期中無休
観覧時間:9:30〜18:30
(入館は閉館30分前まで)
博物館MAP
博物館公式サイト
主催:明石市立文化博物館、
神戸新聞社
◎江戸の庶民に愛された浮世絵。そのなかから、ユーモアたっぷりの楽しい「遊び絵」を集めてご紹介します。クイズを解くように楽しめる「判(はん)じ絵」や、かわいい動物たちが人間の姿をまねた「擬人(ぎじん)画」、たくさんの人や動物が集まって大きな姿を形作る「寄 (よ)せ絵」など、江戸の人々の「笑い」や「粋 (いき)」が感じられる作品が大集合。ただ見るだけではなく、作品を読んで・遊んで・楽しめる仕掛けも満載です。ぜひご家族でお楽しみください。
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント
日本・ベルギー友好150周年
ベルギー
近代美術の精華展
2016年
72日(土)〜825日(金)
姫路市立美術館
姫路城東隣」
〒670-0012 姫路市本町68-25
TEL.079-222-2288
開館時間:午前10時〜午後5時
(入場は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(ただし7月18日は開館)、7月19日(火)
美術館MAP
美術館公式サイト
主催:ベルギー近代美術の精華展実行委員会、姫路市立美術館、神戸新聞社
◎今年は、日本がベルギーと外交関係を樹立してから150周年になります。オランダ、ドイツ、フランスなどヨーロッパの大国と国境を接するベルギーは、「ヨーロッパの十字路」と呼ばれ、古来多様な文化の影響を受けてきました。こうした状況のもと、ベルギーの近代美術はフランスの影響下にありながらも、独自の展開をたどります。
 本展では、クールベに影響を受けたレアリスム、熱狂的にスーラを受容した印象派から、クノップフらを輩出した象徴派、重厚で激しいアンソールに代表される表現主義、そしてこれらの美術の流れを継承しながら、フランスとは異なる展開をみせたデルヴォーとマグリットによるシュルレアリスムまでの流れを、姫路市立美術館のベルギー美術コレクションを中心に、日本国内の美術館の所蔵品による約70点でたどります。
展覧会公式HP→ここから
第43回 朝日陶芸展

展覧会公式サイト

展覧会公式サイト

展覧会公式サイト
未知の表現を求めて
吉原治良の挑戦
Jiro Yoshihara
Leader of GUTAI−Seeking for the New
2016年
917日(土)〜1127日(日) 
芦屋市立美術博物館
Ashiya City Museum of Art & History
〒659-0052芦屋市伊勢町12-25
美術博物館MAP
美術博物館公式サイト
TEL:0797-38-5432
休館日:月曜日[ただし、9月19日・10月10日(祝)は開館、9月20日・10月11日(火)は休館]
開館時間:10:00〜17:00
(入館は閉館の30分前まで)
観覧料:一般800(640)円、大高生500(400)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金、高齢者(65歳以上)及び身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳所有の方、ならびにその介護の方1名は各当日料金の半額。
主催:芦屋市立美術博物館、大阪新美術館建設準備室
◎20世紀の前衛美術を代表する画家・吉原治良(1905-1972)の生涯を、第一級の吉原コレクションを誇る芦屋市立美術博物館と大阪新美術館建設準備室の所蔵作品から厳選した約90点でたどります。
 本展では、具象から抽象へと展開しながら、生涯にわたり最先端の表現を追求し続けた吉原治良の、さまざまな挑戦に焦点を当てます。絵画制作と向き合う内省的な時間と並行して、国内外の多様な人々と交流し、刺激を得て、新たな活動を展開していく様子を明らかにすることで、吉原治良の全貌に迫りたいと考えます。
展覧会公式HP→ここから
開館20周年記念
未来も新しく
また過去も新しい
−工芸の名品より

The Museum's Collection of Crafts
The Future is New,
The Past is New.
2016年
611日(土)〜94日(日)
アサヒビール
大山崎山荘美術館
TEL.075-957-3123(総合案内)
〒618-0071
京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
JR山崎駅または阪急大山崎駅より徒歩10分
開館時間:10:00〜17:00
(最終入館は16:30)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
入館料:一般900円(800円)、高大生500円(400円)、中学生以下無料、障害者手帳をお持ちの方300円
※( )内:20名以上の団体
美術館MAP
美術館公式サイト
主催:
アサヒビール大山崎山荘美術館
◎開館20周年を記念する本展では、「未来も新しくまた過去も新しい」をテーマに、山本爲三郎が新しい美をもとめて蒐集した各地の古陶磁の名品を中心に展示するほか、彼が未来を見据えて支援した同世代の作家たちによる名品を紹介し、山本の美意識と、芸術文化支援活動の業績に迫ります。
美術館公式HP→ここから
夏季企画展
辰野登恵子の軌跡
−イメージの知覚化−
TATSUNO TOEKO
2016年
75日(火)〜919日(月・祝)
前期:7月5日
(火)〜8月7日(日)
後期:8月9日
(火)〜9月19日(月・祝
BBプラザ美術館
BB Plaze MUSEUM OF ART 2F
休館日:月曜日
 (祝日の場合は翌平日)
開館時間:午前10時〜午後6時
(入館は午後5時30分まで)
入場料:一般 400円/大学生以下無料/65歳以上の方 半額。
※7/7(木)は開館記念日のため、入館無料。
※前期展示をご覧いただいた方は、チケット半券のご提示で後期展示をご覧いただけます。
TEL.078-802-9286
美術館公式サイト
主催:BBプラザ美術館、
株式会社シマブンコーボレション
◎出品作品:油彩、水彩、ドローイング、版画などを前・後期に分けて約60点展示。また、オブジェ(1993年制作 高さ150×幅 90×奥行 90cm)も出品予定。
展覧会公式HP→ここから
第43回 朝日陶芸展

展覧会公式サイト

展覧会公式サイト
忍たま乱太郎ミュージアム
展覧会公式サイト
”夢の世界”のデザイナー
Shinzi Katoh
シンジカトウ・ワールド
空想の住人たちと愛される雑貨たち
2016年
820日(土)〜1228日(水)
神戸ファッション美術館
KOBE FASHION MUSEUM
神戸市東灘区向洋町中2-9-1
美術館マップ
休館日:月曜日、8月16日(火)〜19日(金)、9月20日(火)、10月11日(火)(9月19日(月・祝)、10月10日(月・祝)は開館)
開館時間:10:00〜18:00
(入館は17:30まで)
TEL.078-858-0050
美術館公式HP→ここから
主催:神戸ファッション美術館、神戸新文社
◎シンジカトウは、40年を超えるキャリアの中で、様々なキャラクターを生み出しながら、個性あふれるデザインを世に送り出し続けている、現代の日本を代表するデザイナーです。
文房具、バッグ、靴、食器類、タオル、ぬいぐるみなど、シンジカトウの魅力的なデザインの品々は、ライフスタイルに夢や彩りを与えるもので、日本だけではなく、世界中で愛され続けています。
本展では、「夢の世界を表現し続けたい」と語る、シンジカトウの原画、下絵や雑貨などの作品約200点をご紹介し、暮らしに夢と潤いをプラスした、新たなライフ&ファッションを提案します。
展覧会公式HP→ここから
森山大道写真展
「仮想都市〜増殖する断片」
DAIDO MORIYAMA
Photo Exhibition
"Shangri-La"
2016年
827日(土)〜925日(日)
兵庫県立美術館
HYOGO PREFECTURAL MUSEUM OF ART
休館日:月曜日 [9月19日(月・祝)は開館、翌20日(火)は休館]
開館時間:10:00〜18:00
※入館は閉館の30 分前まで
TEL.078-262-0901
美術館公式サイト
主催:株式会社神戸新聞総合印刷、株式会社廣済堂
共催:兵庫県立美術館
公式サイトここから
絵本原画と忍者の世界
忍たま乱太郎ミュージアム
■2016年
79日(土) 〜8月28日(日)
尼崎市総合文化センター
5階・4階美術ホール
〒660-0881
尼崎市昭和通2丁目7-16
TEL.06-6487-0806(文化課)
開館時間:午前10時〜午後5時
(入館は午後4時30分まで)
休館日:8月16日(火)
センター公式HP→ここから
主催:(公財)尼崎市総合文化センタ・尼崎市・尼崎市教育委員会・NHK神戸放送局・NHKプラネット近畿
◎尼崎市市制100周年を記念して、NHK−Eテレで放送中の人気アニメ「忍たま乱太郎」がやってきます!!展覧会では尼子騒兵衛(あまこそうべい)さんの描く代表作アニメ「忍たま乱太郎」の原画を中心に、貴重な忍者道具コレクションを展示します。
 また、特別企画として、忍者が活躍する戦国時代に焦点をあて、尼崎市教育委員会が収蔵する歴史資料により、尼崎の豊かな歴史の一端をご紹介します。
忍たまと忍者の世界へ、ぜひお越しください。
展覧会公式HP→ここから
第43回 朝日陶芸展
朝鮮王朝 白磁の世界
展覧会公式サイト
第43回 朝日陶芸展 第43回 朝日陶芸展
朝鮮王朝
白磁の世界
2016年
81日(月)〜1123日(水・祝)
高麗美術館
KORYO MUSEUM OF ART
京都市北区紫竹上岸町15
〒603-8108
TEL.075-491-1192
開館時間:午前10時〜午後5時
(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日[休日の場合は翌火曜に振替え。但し、8月1日(月)、9月19日(月・祝)、20日(火)、10月10日(月・祝)は開館。10月11日(火)は休館]
高麗美術館MAP
美術館公式サイト
入館料:一般500円、大高生400円、中学生以下無料
※20人以上の団体と65歳以上の方は2割引き 障害者手帳をお持ちのご本人と付き添いの方1人無料
◎朝鮮王朝時代(1392〜1910年)は、朝鮮半島の“白磁の時代”といえます。白磁は時代を経て、王様から両班(貴族階級)、そして民衆に愛されました。そこにはフォルムも種類も用途も異なる、多様な白の世界が広がっています。白磁のイメージを超える、高麗美術館の白磁の世界を、どうぞお楽しみ下さい。
美術館公式HP→ここから
第43回 朝日陶芸展 第43回 朝日陶芸展
第43回 朝日陶芸展
第43回 朝日陶芸展
第43回 朝日陶芸展
第43回 朝日陶芸展

展覧会シーン/取材:ストリート・アートナビ
展覧会シーン/2005年〜2010年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

ストリート・アートナビ取材/展覧会シーン/アート館ネット
展覧会シーン/1999年〜2005年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

美術館1

美術館2

デパート

展覧会-1

展覧会-2

展覧会-3

展示室-1

展示室-2

展示室-3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

展示室-7

展示室-8

展示室-9

展示室-10

お好きなジャンルをクリックして下さい。

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG・デザイン

クラフト・工芸

写真・映像

陶芸

立体・彫刻

書・墨象

ノンジャンル

美術館デパート
ストリート・アートナビ●新着情報招待券ユーザー感想メールTOP頁

※関西の美術館・博物館リンクとストリート・アートナビの展覧会情報
大阪市立美術館 大阪市立近代美術館
(仮称)心斎橋展示室
国立国際美術館 大阪 大阪府立
弥生文化博物館
大阪府立
近つ飛鳥博物館
大阪歴史博物館 国立民族学博物館 大阪市立
東洋陶磁美術館
大阪市立
自然史博物館
堺市博物館 大阪文化館・天保山
(海遊館となり)
-
- - - -
京都市美術館 京都国立近代美術館 京都国立博物館 京都文化博物館
細見美術館 みやこめっせ - -
- - - -
兵庫県立美術館 兵庫陶芸美術館 神戸市立博物館 姫路市立美術館
明石市立文化博物館 神戸市立
小磯記念美術館
神戸ゆかりの美術館 神戸ファッション
美術館
西宮市
大谷記念美術館
伊丹市立美術館 芦屋市立美術博物館 -
MIHO MUSEUM
(ミホ・ミュージアム)
滋賀県立近代美術館 滋賀県立陶芸の森 -
奈良国立博物館 奈良県立美術館 奈良県立万葉文化館 入江泰吉記念
奈良市写真美術館
松伯美術館 - - -
和歌山県立近代美術館 徳島県立近代美術館 高知県立美術館 三重県立美術館
島根県立美術館 - - -

STREET ARTNAVI/ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ/ARTNAVI)
Webコンテンツ制作・発信/Copyright(c) ストリート・アートナビ
NAKATA DESIGN INC. 2016 All Rights Reserved.
〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-23 第七松屋ビル308
TEL : 06-6944-4055 FAX : 06-6944-4058
●このホームページへのご意見・ご質問は
E-mail : street@artnavi.net/ HPアドレス:http://artnavi.net
※当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。
・このサイト内にある画像等の著作権・肖像権等すべての権利は、
それぞれの権利所有者に帰属します。

●ストリート・アートナビは関西・大阪の美楽なアート情報サイトです。
アート展美術画廊貸しギャラリー案内展覧会案内バナー広告
貸しギャラリー案内広告の制作と掲載
企画制作・掲載/お問合せ:ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ)
展覧会バナー広告