関西・大阪の美楽なアート情報サイト
ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)
■美術館・博物館・デパートの展覧会と個展案内
TOP

個展

画廊

情報

広場

Museum
美術館
博物館
デパート

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG

工芸

写真

陶芸

立体

書

ノンジャンル

美術館
▲クリックで各々のアート展へジャンプ。

アーティストの感性をストリートから世界に発信。

美術画廊・ギャラリー

貸しギャラリー・アートスペース

美術館1

美術館2

デパート

展覧会-1

展覧会-2

展覧会-3

展示室-1

展示室-2

展示室-3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

展示室-7

展示室-8

展示室-9

展示室-10

松方コレクション展
詳しくは画面をクリック
特別展「真田丸」
詳しくは画面をクリック
始皇帝と大兵馬俑
詳しくは画面をクリック

神戸開港150年プレイベント 
松方コレクション展 
―松方幸次郎 夢の軌跡―
2016年
917日(土)〜1127日(日)
神戸市立博物館
KOBE CITY MUSEUM
〒650-0034 
神戸市中央区京町24番地
TEL.078-391-0035
開館時間:9時30分〜17時30分 (土曜日は19時まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(ただし、9/19、10/10は開館)、9/20(火)、10/11(火)
主催:
神戸市立博物館、神戸新聞社、日本経済新聞社、NHK神戸放送局
◎本展は、国立西洋美術館所蔵作品、そして国内外 に散逸した松方コレクションの名品―絵画、彫刻、タペストリー、家具約90点に加え、フランスに留め置かれたロートレック、ピカソ、スーチン、セザンヌ、モローの5点、松方コレクション以外のコロー、エンネル、カロリュス=デュランほか、フラ ンス各地から集めたフランス絵画18点、東京国立博物館所蔵の歌麿、北斎の浮世絵19点、さらに関係資料20点を加えた約160点を展示します。
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント
2016年NHK大河ドラマ 
特別展「真田丸」
2016年(平成28年)
917日(土)〜116日(日)
大阪歴史博物館
Osaka Museum of History
大阪市中央区大手前4-1-32
TEL.06-6946-5728
開館時間:午前9時30分から午後5時まで(会期中の金曜日は午後8時まで)※入館は閉館の30分前まで)
休館日:火曜日 
主催:大阪歴史博物館、NHK大阪放送局、NHKプラネット近畿、読売新聞社
◎2016年NHK大河ドラマ「真田丸」の主人公・真田信繁(のぶしげ)(幸村)。彼はめまぐるしく主君を変える真田家にあって、父の昌幸(まさゆき)・兄の信幸(のぶゆき)のもとで成長していきます。その後、関ヶ原合戦では石田三成に味方し、上田城で徳川秀忠軍の足止めに成功しましたが、結局西軍は敗退。昌幸・信繁父子は高野山・九度山(くどやま)(和歌山県)に幽閉の身となります。
しかし、信繁に転機が訪れます。豊臣家と徳川家の最終決戦「大坂の陣」が起こると、信繁は大坂城に入城。慶長19年(1614)の大坂冬の陣では、大坂城の東南に真田丸と呼ばれる出城を作って徳川方を迎え撃ち、翌年の夏の陣では、 寡兵ながらも果敢に徳川方を攻め、その奮戦ぶりは家康に死を覚悟させるほどだったと後世に伝えられています。
 この展覧会では、大河ドラマと連動し、国宝6点、重要文化財5点および新発見 資料・展示初公開品、さらには大阪会場限定公開品を含む信繁ゆかりの品や歴史資料などの紹介を通じて、信繁の人間像と彼が生きた時代を浮き彫りにしていきます。
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント
特別展
始皇帝と大兵馬俑
THE GREAT TERRACOTTA ARMY OF CHINA'S FIRST EMPEROR
2016年
75日[火]〜102日[日]
国立国際美術館(大阪・中之島)
THE NATIONAL MUSEUM OF ART. OSAKA
大阪市北区中之島4-2-55
休館日/月曜日(ただし、7月18日(月・祝)、9月19日(月・祝)は開館)
開館時間/10:00〜17:00、金曜日は19:00まで (入場は閉館の30分前まで)
美術館公式サイト
主催/国立国際美術館、陜西省文物局、陜西省文物交流中心、NHK大阪放送局、NHKプラネット近畿、朝日新聞社
◎地底の都の栄華、大阪へ。

本展は、最新の発掘成果を採り入れながら、始皇帝と秦王朝にまつわる貴重な文物を一堂に集めて紹介するものです。20世紀の考古学で最大の発見と謳われる兵馬俑のなかでも選りすぐりのものを揃えて、絶対権力者にふさわしい圧巻の造形美を示すとともに、始皇帝が地下を含む陵墓一帯に空前の規模で築き上げた「永遠なる世界」の実像に迫ります。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
若冲の京都 KYOTOの若冲
詳しくは画面をクリック
ダリ版画展
詳しくは画面をクリック
生誕130年 藤田嗣治展
詳しくは画面をクリック
生誕300年 
若冲の京都
KYOTOの若冲
2016年
10
4日(火)〜124日(日)
Kyoto Municipal Museum of Art
京都市左京区岡崎円勝寺町124(岡崎公園内)
■TEL.
06-4950-7555(展覧会事務局)
開館時間:9時〜17時、
但し10月8日(土)と9日(日)は19時まで開館(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日、 但し10月10日(月・祝)は開館
京都市美術館MAP
京都市美術館公式サイト
主催:京都市美術館(京都市)、MBS、京都新聞
◎伊藤若冲は京都錦小路の青物問屋の長男として、300年前の正徳6(1716)年に生まれました。家業のかたわら狩野派、尾形光琳や中国の元代、明代の画法を学び、江戸期では初老といわれた40歳で家業を弟に譲り、絵画の制作に専念しました。そして寛政12(1800)年に没するまで、写生的、装飾的な花鳥画と斬新なタッチの水墨画によって異色の画風を作り上げました。
本展は、伊藤若冲の生誕300年を機に、若冲の画業を通して、その独自の世界観、優れた作品の数々が18世紀の京都だからこそ生まれたことを再確認する、京都と伊藤若冲の関わりをひもとく展覧会です。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
ダリ版画展
ーもうひとつの顔ー
2016年(平成28年)
79日(土)〜94日(日)
京都文化博物館
THE MUSEUM OF KYOTO
TEL.075-222-0888
〒604-8183 京都市中京区三条高倉
開室時間:10:00〜18:00
※金曜日は19:30まで開室
(入場はそれぞれ30分前まで)
休館日:月曜日
(祝日の場合は開館、翌日休館)
美術館MAP
博物館公式HP
主催:京都府、京都文化博物館、MBS、京都新聞
◎ シュルレアリスムを代表する天才画家ダリ(1904〜1989)。ダリは奇矯な言動でスキャンダラスな話題を振り撒き、誇大妄想的顕示欲こそが創造力の根源として信じて疑わず、トレードマークとも言える独特の口髭も含め、さまざまなパフォーマンスを芸術の名において実践しました。その才能は油彩、版画等の絵画制作にとどまることなく彫刻、オブジェ、舞台芸術、宝石デザイン、広告デザイン、映画、文筆と幅広い活躍をみせました。
 特に版画への造詣は深く、1500点以上もの作品を残しています。「柔らかい時計」「変形した肉体」「ダブルイメージ」等のダリ独特のイメージも版画という固有のジャンルで開花したと言えます。
 本展は、ダリの初期から円熟期、そして晩年までの200点以上の版画作品を通して、従来の版画そのものの価値観をくつがえした画期的な作風で、20世紀最大の奇才といわれるダリの真髄を検証する展覧会です。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
生誕130年記念
藤田嗣治展
東と西を結ぶ絵画
2016年
716日(土)−922日(木・祝)
兵庫県立美術館
HYOGO PREFECTURAL MUSEUM OF ART
休館日:月曜日 (7月18日[月・祝]は開館、翌7月19日(火)は休館、9月19日[月・祝]は開館、翌9月20日[火]は休館)
開館時間:午前10 時〜午後6 時(金・土曜日は午後8時まで)
入場は閉館の30 分前まで

主催:兵庫県立美術館、産経新聞社、神戸新聞社、 NHK神戸放送局局
TEL.078-262-0901
美術館公式サイト
◎お河童頭に丸眼鏡で有名な藤田嗣治(1886-1968)の生涯と画業をたどる展覧会です。
 27歳で初めてフランスに渡って以来、81年の生涯の半分近くを、フランスを中心とする異国で送った藤田の芸術は、まさに東と西の文化の上に誕生したものです。しかし、藤田自身は、二つの文化に引き裂かれる苦しみを味わいます。エコール・ド・パリの寵児として大成功を収めた後も繰り返される毀誉褒貶。戦中に描いた戦争画を巡る責任論。その結果としての、1949年の離日、フランス帰化、そしてカトリック入信という生涯は、芸術と人生の間にある、ぬきさしならぬ関係を、私たちに示唆します。
 本展は、画家の没後長らく遺族のものに保管され、フランス、ランス市に寄贈された800余点の中から選ばれた作品と、国内外の主要美術館および個人所蔵家からご拝借した作品約120点を展示し、藤田の芸術の新たな解釈と理解を目指します。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
バーナード・リーチ展
展覧会公式サイト
キリシタン墓とその前史
展覧会公式サイト
朝鮮時代の水滴
詳しくは画面をクリック
生誕130年
バーナード・リーチ展
日本民藝館所蔵
日本を愛し、
日本人に愛された英国人
2016
79日(土)〜925日(日)
滋賀県立近代美術館
THE MUSEUM OF MODERN ART, SHIGA
TEL.077-543-2111
滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1
美術館公式サイト
開館時間=9:00〜17:00
 (入場は16:30まで)
休館日=毎週月曜日 ※ただし、7月18日(月・祝)、9月19日(月・祝)は開館(翌火曜日は休館)
主催:滋賀県立近代美術館、NHK 大津放送局、NHK プラネット近畿、日本民芸館、京都新聞
◎幼少期からいくつかの異なる文化を持つ国や地域で過ごしたバーナード・リーチ(1887〜1979年)。その体験は、リーチのその後の人生に大きな影響を与え、やがて東洋と西洋の文化の融合−東と西の結婚−という理想へと発展していきました。
ロンドンの美術学校で学んだリーチは小泉八雲(やくも)の著作を愛読し、1909年に憧れの日本に再来日します。そこでリーチが開いたエッチング(銅版画)教室に生徒として参加したのは、同年代の日本の若者たち。やがて柳宗悦(やなぎむねよし)(1889〜1961年)ら雑誌『白樺』の同人をはじめ、ともに陶芸の道を歩むことになる富本憲吉や濱田庄司らと交友します。とくに、日本民藝館を創設する柳宗悦とは、芸術や宗教など精神世界を語り合う友として生涯を通じて交流を深めました。
この展覧会は、リーチの生誕130年を記念し、日本最大のリーチ作品コレクションを誇る日本民藝館の所蔵品を中心に、日本人に愛された英国人陶芸家バーナード・リーチの芸術活動をご紹介するものです。
展覧会公式HP→ここから
平成28年度 秋企画展
摂河泉シリーズ第3弾:摂津
キリシタン墓とその前史
−摂津の人びとが生きた証−
平成28年(2016年)
924日(土)〜1225日(日)
大阪府立弥生文化博物館
TEL.0725-46-2162
E-mail yayoi@kanku-city.or.jp
公式HPは→ここから
開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで) 
休館日:月曜日(祝休日は開館し、翌日休館)
主催:大阪府立弥生文化博物館
◎大阪を考古学的に読み解く摂河泉シリーズ第3弾!最終回のテーマは摂津。
大阪北部の摂津地域では、旧石器時代から中近世まで、多岐にわたる人びとの生活の痕跡が発掘されています。特に注目されるのは、キリシタン関係の遺構・遺物で、彼らの歴史を知るうえで重要な位置を占めています。
本展では、近年の発掘・研究成果を踏まえ、人びとが生きた証である「墓」を中心に摂津の歴史に迫ります。
展覧会公式HP→ここから

企画展
朝鮮時代の水滴
文人の世界に遊ぶ
2016年
813日(土)〜1127日(日)
大阪市立東洋陶磁美術館
THE MUSEUM OF ORIENTAL CERAMICS, OSAKA
問い合わせ:
電話:06-6223-0055
美術館公式サイト
〒530-0005 大阪市北区中之島1-1-26
開館時間:午前9時30分〜午後5時 
(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(8/15、9/19、10/10は開館)、9/20(火)、10/11(火) 
主催:大阪市立東洋陶磁美館
◎硯に水を注ぐ水滴は、筆、墨、硯、紙の文房四宝とともに文人の書斎を飾るものです。あくまでも実用品でありながら、文人たちの机のかたすみにひっそりと息づき、心を癒す愛玩品でもありました。

 本展では、館蔵品のなかから厳選した水滴126点に、筆筒、紙筒、硯などの文房具や燭台、煙管などの身辺の道具13点を加え、愛らしく美しい文房具の姿とともに、当時の文人たちの精神世界を紹介します。また、絵画や木工品約10点によって、近代以降、朝鮮陶磁への評価の高まりのなかで日本人が水滴に注いだ眼差しにも、あわせて光をあてます。当館では1988年に水滴展を開催して以来、じつに約30年ぶりに水滴の優品がそろう貴重な機会となります。その精華をぜひご堪能ください。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント

展覧会シーン/取材:ストリート・アートナビ
展覧会シーン/2005年〜2010年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

美術館1

美術館2

デパート

展覧会-1

展覧会-2

展覧会-3

展示室-1

展示室-2

展示室-3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

展示室-7

展示室-8

展示室-9

展示室-10

NEXT

お好きなジャンルをクリックして下さい。

絵画

現代美術

版画

イラスト

CGアート

クラフト・工芸

写真・映像

陶芸

立体・彫刻

書・墨象

ノンジャンル

美術館デパート
ストリート・アートナビ●新着情報招待券ユーザー感想メールTOP頁

※近畿の美術館・博物館リンクとストリート・アートナビの展覧会情報
大阪市立美術館 大阪市立近代美術館
(仮称)心斎橋展示室
国立国際美術館 大阪 大阪府立
弥生文化博物館
大阪府立
近つ飛鳥博物館
大阪歴史博物館 国立民族学博物館 大阪市立
東洋陶磁美術館
大阪市立
自然史博物館
堺市博物館 大阪文化館・天保山
(海遊館となり)
-
- - - -
京都市美術館 京都国立近代美術館 京都国立博物館 京都文化博物館
細見美術館 みやこめっせ - -
- - - -
兵庫県立美術館 兵庫陶芸美術館 神戸市立博物館 姫路市立美術館
明石市立文化博物館 神戸市立
小磯記念美術館
神戸ゆかりの美術館 神戸ファッション
美術館
西宮市
大谷記念美術館
伊丹市立美術館 芦屋市立美術博物館 -
MIHO MUSEUM
(ミホ・ミュージアム)
滋賀県立近代美術館 滋賀県立陶芸の森 -
奈良国立博物館 奈良県立美術館 奈良県立万葉文化館 入江泰吉記念
奈良市写真美術館
松伯美術館 - - -
和歌山県立近代美術館 徳島県立近代美術館 高知県立美術館 三重県立美術館
島根県立美術館 - - -

STREET ARTNAVI/ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ/ARTNAVI)
Webコンテンツ制作・発信/Copyright(c) ストリート・アートナビ
NAKATA DESIGN INC. 2016 All Rights Reserved.
〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-23 第七松屋ビル308
TEL : 06-6944-4055 FAX : 06-6944-4058
●このホームページへのご意見・ご質問は
E-mail : street@artnavi.net/ HPアドレス:http://artnavi.net
※当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。

●ストリート・アートナビは関西・大阪の美楽なアート情報サイトです。
アート展美術画廊貸しギャラリー案内展覧会案内バナー広告
貸しギャラリー案内広告の制作と掲載
企画制作・掲載/お問合せ:ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ)
展覧会バナー広告