関西・大阪の美楽なアート情報サイト
ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)
■美術館・博物館・デパートの展覧会と個展案内
TOP

個展

画廊

情報

広場
陶芸・焼き物
陶 芸
焼き物
Ceramics
展覧会-1

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG

工芸

写真

陶芸

立体

書

ノンジャンル

美術館
▲クリックで各々のアート展へジャンプ。

このサイトの展覧会バナー広告のご案内
ギャラリー・画廊案内広告/バナー広告のご案内

アーティストの感性をストリートから世界に発信。

美術画廊・ギャラリー

貸しギャラリー・アートスペース
ギャラリー・キャナル長堀のご案内

※お知らせ
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から
美術館・博物館に於いて、臨時休館やイベントの中止があります。
◎各々の公式ホームページで確認をお願い致します。
(2020年2月27日 ストリート・アートナビ)


展覧会-1

展示室-1

展示室-2

展示室-3

展示室-4
- ---



詳しくは画面をクリック
※6/1(月曜)から再開朝鮮陶磁器・名品展
展覧会公式サイト
桃山一のかぶき者とは誰か?
展覧会公式サイト

特別展
天目―中国黒釉の美
2020年
62日(火)〜118日(日)
※会期は変更になりました。
大阪市立東洋陶磁美術館
THE MUSEUM OF ORIENTAL CERAMICS, OSAKA
問い合わせ:
電話:06-6223-0055
美術館公式サイト
美術館マップ
〒530-0005 大阪市北区中之島1-1-26
開館時間:午前10時〜午後4時30分
(入館は午後4時まで)
休館日:月曜日(8月10日、9月21日は開館)、8月11日(火)、9月23日(水)
主催:大阪市立東洋陶磁美術館
共催:NHK大阪放送局、NHKエンタープライズ近畿
◎日本には数多くの中国製の天目(茶碗)が伝世しています。なかでも近年国内外で話題となっている曜変天目と油滴天目は中国宋時代に建窯でつくられた黒釉茶碗の最高峰で、当館には日本伝世の油滴天目で唯一国宝に指定されている作品が所蔵されています。
 本展では、中国陶磁の歴史において、重要な系譜の一つである天目をはじめとする黒釉陶磁にスポットをあて、当館所蔵品に個人所蔵の作品を加えた唐時代から宋・金時代の作品計24点により、中国黒釉の世界とその美に迫ります。
 なお、同時開催の特集展「現代の天目―伝統と創造」では、近現代の作家による天目作品を通して、伝統と創造による天目の多彩な表現をご紹介します。
(美術館公式サイトより転載)
博物館公式HP→ここから
朝鮮陶磁器・名品展
麗しき青磁・鮮やかなる青花
2020年
61日(月)〜818日(火)
※会期変更
公益財団法人 高麗美術館
KORYO MUSEUM OF ART
京都市北区紫竹上岸町15
TEL.075-491-1192
美術館MAP
美術館公式サイト
開館時間:10:30〜16:30
(入館は16:00まで)
※当面の間、上記の開館時間
休館日:毎週水曜日
入館料:一般500円・大高生400円・中学生以下は無料
※20名以上の団体と65歳以上の方は2割引、障害者手帳をお持ちのご本人と付き添いの方1名無料
主催:公益財団法人 高麗美術館
◎高麗青磁と朝鮮白磁の華麗なる共演
朝鮮半島の「やきもの」は、中国と日本の陶磁と密接に関係しながら特別な器物として発展してきました。高麗時代(918-1392)の青磁や朝鮮時代(1392-1910)の白磁はその時代の社会や宗教観を反映しています。朝鮮半島の代表的な陶磁器である青き翡色の高麗青磁と清楚な朝鮮白磁にコバルトを施した青花。どちらも各々の時代に朝鮮独自の高度な技術により発展した姿です。
 高麗時代の様々な装飾技術に彩られた青磁と朝鮮時代の鮮やかな青花白磁とともに、両時代に流れる歴史の系譜を概観します。当館所蔵の青磁と青花の華麗なる共演の数々をご堪能ください。
(美術館公式HPより転載)
展覧会公式HP→ここから
夏季展
−織田左門頼長(道八)
没後四百年記念−
桃山一のかぶき者とは誰か?
慶次か左門か、それとも織部か?
2020年
530〔土〕〜913〔日〕
会場:
古田織部美術館
TEL.075-707-1800
〒603-8054
京都市北区上賀茂桜井町107-2 B1
開館時間:9:30〜17:30
(入館は16:40まで)
休館日:月曜休館(祝翌日休館)
■入館料:
大人500円/大学生・高校生400円/小中学生300円/未就学児 無料/団体(15人以上)100円引
主催:古田織部美術館
後援:京都市、京都新聞
美術館アクセスマップ
美術館公式サイト
◎関ヶ原合戦の後、世が落ち着きつつあった17世紀初頭、「かぶき者」と呼ばれる人たちが出現しました。彼らは異様な風体をし、常軌を逸した行動で知られる存在でした。その「第一」といわれたのが織田信長の甥にあたる織田左門頼長(道八)です(『当代記』)。現在では、漫画の影響で「かぶき者」といえば前田慶次の名を思い浮かべる人が多いでしょうが、歴史に埋もれた第一人者が存在していたのです。  今年は織田左門の没後四百年に当たります。それを記念して、本展では左門にゆかりの茶道具や書状を中心に、彼の父で茶人として名をなした織田有楽の茶道具を展示します。
 一般的には「かぶき者」という範疇でとらえられていない古田織部ですが、彼は慶長4年(1599)毛利秀元を招いた茶会で歪み茶碗を用いました。その時の相客の神屋宗湛は「ヘウケモノ也」と驚きの言葉を発しました。それは織部が好んだ茶碗がかぶいていた証といえるでしょう。本展では数寄(茶の湯)の世界の「かぶき者」ともいえる古田織部好みの茶道具も、併せて展示します。
展覧会公式HP→ここから
湖国・滋賀の陶芸
展覧会公式サイト
※6月19日より再開
生誕130年 河井寛次郎展

展覧会公式サイト

特別企画
湖国・滋賀の陶芸
−風土と伝統そして交流のなかで−
2020年
718日(土)〜922日(火祝)
滋賀県立 陶芸の森 陶芸館
TEL.0748-83-0909
滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7
陶芸館HP→公式サイト
開館時間=9:30〜17:00
(入館は16:30まで)
休館日=月曜日
入場料=一般:500円(400円)、高大生:380円(300円)、中学生以下無料、※( )内は20名以上の団体料金
主催=滋賀県立陶芸の森、京都新聞
◎古来より風光明媚な景勝地として、多くの人々に親しまれてきた湖国・滋賀。びわ湖を抱くこの地は良質の陶土を育み、豊かなやきもの文化をつくりだしてきました。中世古窯のひとつ信楽焼をはじめ、近世には街道と〈まち〉を中心に、多彩な陶窯が開かれています。今日ではそうした風土や伝統に魅せられ、各地で幅広い作家たちが活動しています。(中略)
 本展では、この地の風土と伝統そして交流のなかで、活動を繰り広げる彼らの作品と<ことば>を紹介。現代の多彩な陶芸を展望しながら湖国・滋賀の魅力に迫ります。
(展覧会公式HPより転載)
もっと詳しく→ここから
生誕130年
河井寛次郎展
−山本爲三郎コレクションより
The 130th Anniversary of the Birth of Kanjiro Kawai:
from Tamesaburo Yamamoto Collection
2020年3月20日(金)
2021年37日(日)
※会期を延長しました。
アサヒビール
大山崎山荘美術館
TEL.075-957-3123(総合案内)
〒618-0071
京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
JR山崎駅または阪急大山崎駅より徒歩10分
開館時間:10:00〜17:00
(最終入館は16:30まで)
休館日:月曜日
(ただし、祝日の場合は翌火曜/9月22日は開館、23日は休館) 年末年始休館[2020年12月28日(月)〜2021年1月4日(月)]
入館料:一般900円、高・大学生500円 ※中学生以下無料、
※障害者手帳をお持ちの方300円
作品点数:約110点
美術館MAP
美術館公式サイト
主催:
アサヒビール大山崎山荘美術館
◎河井寛次郎(1890ミ1966)の生誕130年を記念する展覧会を開催いたします。1920年、京都の五条坂に窯を求めて「鐘渓窯」と命名し、以来、河井は同地を拠点に活躍しました。中国や朝鮮の古作にならった精妙な作品を発表した初期を経て、柳宗悦(1889ミ1961)らと民藝運動を創始し、生活に根ざしたうつわを追求するようになります。戦後は、既存の概念にとらわれない自由な作風に転じていきました。没後半世紀以上が経過する現在もなお、河井の手がけた多彩な作品は私たちを魅了しつづけています。
 民藝運動の支援者であったアサヒビール初代社長山本爲三郎(1893-1966)は、生涯にわたり河井と親交をもちました。本展では、山本家から当館に寄贈され、開館以来、当館所蔵品の軸である山本爲三郎コレクションを中心に、初期から晩年まで、河井寛次郎の貴重な作品約110点を一挙に公開します。
(美術館公式HPより転載)
美術館公式HP→ここから

クリックで詳細
Gallery 4匹の猫
会場案内頁へリンク
■大阪市北区茶屋町5-2
TEL.06-6359-6516
■阪急梅田駅茶屋町口東へ千鳥屋入る徒歩1分
■開廊時間:
11:00〜17:00
(最終日は17:00迄)
■水曜休廊
ギャラリーMAP

クリックで詳細
ギャラリー
■大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル2F
tel.06-6363-0493
■ 11:00〜19:00
(土曜17:00迄)
■日曜日休廊
■大阪メトロ梅田駅より約15分●南森町駅2番出口より約10分●京阪/大阪メトロ淀屋橋駅1番出口より約10分●京阪なにわ橋駅1番出口より約5分
ギャラリーMAP

クリックで詳細
ギャラリー3
■大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル3F
tel.06-6363-0493
■ 11:00〜19:00
(土曜17:00迄)
■日曜日休廊
■大阪メトロ梅田駅より約15分●南森町駅2番出口より約10分●京阪/大阪メトロ淀屋橋駅1番出口より約10分●京阪なにわ橋駅1番出口より約5分
ギャラリーMAP
フィッシュアート 渡辺 隆雄
瑞雲窯 尾崎 瑞雄 作陶展
WATANABE Takao/OZAKI Mizuo Exhibition
■2019年
1122日(金)〜26日(火)
※終了しました。
◎畿内の湖、川、海の魚をリアルに再現したフィッシュアートと 楽しめる普段使いの酒器、花器等の陶芸作品。
もっと詳しくここから
須浜 智子
Tomoko Suhama Exhibition

■2019年
129日(月)〜21日(土)
※終了しました。
もっと詳しく→ここから
重松 あゆみ
Ayumi Shigematsu Ceramic Exhibition

■2019年
129日(月)〜21日(土)
※終了しました。
もっと詳しく→ここから

クリックで詳細
Gallery Kit House
ギャラリーキットハウス
会場案内頁へリンク
■大阪市住吉区長居町東3-13-7
TEL.06-6693-0656
■10:00〜19:00
最終日は17:00迄
■木曜休廊
■大阪メトロ御堂筋線「長居駅」4号出口から徒歩5分。
JR阪和線「長居駅」から徒歩7分
ギャラリーMAP

クリックで詳細
Gallery Kit House
ギャラリーキットハウス
会場案内頁へリンク
■大阪市住吉区長居町東3-13-7
TEL.06-6693-0656
■10:00〜19:00
最終日は17:00迄
■木曜休廊
■大阪メトロ御堂筋線「長居駅」4号出口から徒歩5分。
JR阪和線「長居駅」から徒歩7分
ギャラリーMAP

クリックで詳細
Gallery TAA
会場案内頁とリンク
■大阪市北区天神橋1-6-8
TEL.06-6353-3836
FAX.06-6353-4655
■ 昼12:00〜19:00
(最終日は16:00迄)
※日曜休廊
■地下鉄堺筋線・谷町線「南森町駅」3番出口より徒歩5分/京阪電車本線「天満橋駅」から徒歩約7分、「北浜駅」から徒歩約7分
ギャラリーMAP
西念 秋夫 陶芸展
SAINEN Akio Ceramic Exhibition
■2019年
1220日(金)〜25日(水)
※終了しました。
◎岸和田市にて西念陶器研究所を開設。そして轟窯(とどろきかま)を併設。泉北須恵窯跡の調査を始め、須恵器の復元、泉州土を使っての泉州湊焼で、お抹茶碗など主にお茶道具などを作陶。沖縄、パナリ土器(八重山)の発掘調査、復元などでも有名です。
もっと詳しくここから
Galleryキットハウス
木もれび倶楽部作品展
出品者:6名
■2019年
118日(金)〜13日(水)
※終了しました。
◎毎年あかり作品展にご出展して頂いている皆さんに、本来制作されている作品を発表、販売して頂きます。個性豊かな作品の数々をお楽しみに、お立ち寄りください。
もっと詳しくここから
展覧会シーン
THE WINTER OSAKA
「冬の大阪」
出展者:3名
チーム名:パラソル美術館
JANG IN SEOK
陶芸
チャン・インソク
OH MIN JI 陶芸
オ・ミンジ
KOSANTA イラスト
コサンタ
■2018年
1211日(火)〜17日(月)
※終了しました。
もっと詳しく→ここから

クリックで詳細
Gallery Kit House
ギャラリーキットハウス
会場案内頁へリンク
■大阪市住吉区長居町東3-13-7
TEL.06-6693-0656
■10:00〜18:00
最終日は17:00迄
■木曜休廊
■大阪メトロ御堂筋線「長居駅」4号出口から徒歩5分。
JR阪和線「長居駅」から徒歩7分
ギャラリーMAP

クリックで詳細
Gallery
キャナル長堀

会場案内頁とリンク
■大阪市中央区東心斎橋1-11-14
TEL.06-6251-6198
■Osaka Metro御堂筋線 心斎橋駅、堺筋線・長堀鶴見緑地線 長堀橋駅
■クリスタ長堀南6番出口前
■開廊時間:
11:00〜19:00
(最終日は17:00迄)
ギャラリーMAP

クリックで詳細
ギャラリー白kuro
■大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル1F
tel.06-6363-0493
■ 11:00〜19:00
(土曜16:00迄)
■日曜日休廊
■大阪メトロ梅田駅より約15分●南森町駅2番出口より約10分●京阪/大阪メトロ淀屋橋駅1番出口より約10分●京阪なにわ橋駅1番出口より約5分
ギャラリーMAP
2019年 第30回
手粘良
(てねら)・陶芸展
出品者:9名
■2019年
1115日(金)〜20日(水)
※終了しました。
◎教室を初めて40年、おかげで30回目の教室展を開催する運びとなりました。皆様に感謝の気持ちを添えてご来場を心よりお待ちしております。
もっと詳しくここから
林 正明
HAYASHI Masaaki Exhibition
■2019年
425(木)〜30(火・休日)
※終了しました。
もっと詳しく→ここから
小松 純
NONF. C., 2019
material; earthenware
Komatsu Jun Exhibition
■2019年
129日(月)〜21日(土)
※終了しました。
もっと詳しく→ここから
有田焼・辻 修 窯
詳しくは画面をクリック
飛山窯作品展
詳しくは画面をクリック
有田焼・辻 修
染付のうつわ展
TSUJI Osamu Ceramic Exhibition
■2019年
723日(火)〜28日(日)
※終了しました。
開廊時間:11:00〜19:00
※最終日は17:00迄
Gallery キャナル長堀
ギャラリー案内頁にリンク
大阪市中央区東心斎橋1-11-14
TEL/FAX.06-6251-6198
ギャラリーMAP
入場無料
もっと詳しくここから
飛山窯作品展
出品者:
長井恵子・長井夏子・長井鮎子
2018年
1116日(金)〜21日(木)
※終了しました。
11:00am〜6:00pm
(最終日は5:00pm迄)
Gallery キャナル長堀
ギャラリー案内頁にリンク
大阪市中央区東心斎橋1-11-14
TEL.06-6251-6198
ギャラリーMAP
Osaka Metro御堂筋線 心斎橋駅、堺筋線・長堀鶴見緑地線 長堀橋駅
クリスタ長堀南6番出口前
入場無料
もっと詳しく→ここから

展覧会-1

展示室-1

展示室-2

展示室-3

展示室-4
- -

お好きなジャンルをクリックして下さい。

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG・デザイン

クラフト・工芸

写真・映像

陶芸

立体・彫刻

書・墨象

ノンジャンル
美術館デパート
ストリート・アートナビ●新着情報TOP頁

▲このページの先頭に戻る

■関西・大阪の美楽なアート情報サイト
STREET ARTNAVI/ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ/ARTNAVI)
Webコンテンツ制作・発信/Copyright(c) ストリート・アートナビ
NAKATA DESIGN INC. 1999-2018 All Rights Reserved.
●このホームページへのご意見・ご質問は
E-mail : street@artnavi.net/ HPアドレス:http://artnavi.net
※当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。

●ストリート・アートナビは関西・大阪の美楽なアート情報サイトです。
アート展美術画廊貸しギャラリー案内
貸しギャラリー案内広告の制作と掲載
企画制作・掲載/お問合せ:ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ)
展覧会バナー広告