関西・大阪の美楽なアート情報サイト
ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)
美術館・博物館デパートの展覧会と個展案内
TOP

個展

画廊

情報

広場
現代アート
Contemporary
art
現代アート
平面・タブロー
造形
展覧会-1

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG

工芸

写真

陶芸

立体

書

ノンジャンル

美術館
▲クリックで各々のアート展へジャンプ。

アーティストの感性をストリートから世界に発信。

美術画廊・ギャラリー

貸しギャラリー・アートスペース

展覧会1

展覧会2

展覧会3

展示室1

展示室2

関西の80年代
展覧会公式サイト
遠い場所/近い場所
展覧会公式サイト
野田弘志 真理のリアリズム
展覧会公式サイト
兵庫県立美術館 開館20周年
関西の80年代
今、ふりかえる
関西ニューウェーブ
Kansai Contemporary Art of the 1980s
2022年
618日(土)821日(日)
兵庫県立美術館
展示室:企画展示室
HYOGO PREFECTURAL MUSEUM OF ART
開館時間:10:00〜18:00
※(最終入場 17:30)
休館日:月曜日
(ただし7月18日[月・祝]は開館、 19日[火]休館)
観覧料(税込):一般/1,500円 、
大学生/1,100円、
高校生以下/無料、
70歳以上750円、
障がいのある方 一般350円
障がいのある方 大学生250円
※団体割引の対象は20名以上です。
※一般以外の料金でご利用される方は証明書を当日ご提示ください。
※障がいのある方1名につき、介護の方1名無料です。
※コレクション展は別途観覧料が必要です(本展とあわせて観覧される場合は割引があります)。
※予約制ではありません。
TEL.078-262-0901
美術館公式サイト
美術館アクセスマップ
主催:兵庫県立美術館、
朝日新聞社
◎兵庫県立美術館の開館20周年を記念し「関西の80年代」を開催します。 なぜ、いま80年代なのでしょうか? 当館の前身である兵庫県立近代美術館では、かつて「アート・ナウ」というシリーズ展を開催していました。その年、目覚ましい活躍をみせた作家を紹介し、関西アート・シーンのいまを伝えようとする名物展覧会でした。特に80年代にはまだ20代の作家が続々と参加し、競うように大作を発表する場となります。折しも関西では活きのいい若手が「関西ニューウェーブ」として注目を集めており、前例にとらわれない個性的な表現ゆえに、現代美術は「西高東低」とも言われました。
 時代はバブル景気とポストモダン、何とも華やかで恵まれた状況にも思われますが、いまや国内外で活躍する作家たちも当時はまだ駆け出しです。70年代の禁欲的な傾向とは一転、心躍る色やイメージにあふれた作品群は、ニッポンの片隅で美術作家として何を作りどう生きていくのか、大いに悩みつつそれぞれのリアリティを掘り下げた成果であり、結果的に現代にまで引き継がれる数々の表現語彙を生み出しました。
 現代アートの原点とも言える80年代、関西発の類を見ない作品群は、困難ないまをよりよく生きるヒントを与えてくれるに違いありません。
(展覧会公式サイトより転載)
展覧会公式サイト→ここから
コレクション1
遠い場所/近い場所
Collection 1:
Fareway Places/
Nearby Places
2022年
625日(土)〜87日(日)
(会期を変更しました)
国立国際美術館(大阪・中之島)
B2階展示室
THE NATIONAL MUSEUM OF ART. OSAKA
大阪市北区中之島4-2-55
休館日:月曜日
(ただし、7月18日(月・祝)は開館し、7月19日(火)は休館)
開館時間:10:00─17:00
(金曜・土曜は20:00まで)
(入場は閉館の30分前まで)
観覧料:一般 430円(220円)/大学生 130円(70円)
※( )内は20名以上の団体料金
※高校生以下・18歳未満・65歳以上無料(要証明)
※心身に障がいのある方とその付添者1名無料(要証明)
◎夜間割引料金;(対象時間:金曜日・土曜日の17:00 ─ 20:00)一般250円 大学生70円
◎無料観覧日:6月25日(土)、7月2日(土)、8月6日(土)
美術館公式サイト
主催国立国際美術館
◎コレクション1は「遠い場所/近い場所」と題し、コロナ禍による行動や移動の制限によって、近視眼的になりがちな私たちの視野を豊かに広げてくれるような、多彩な作品をご紹介します。東欧からロシアに関連する作家、また新収蔵を中心とした沖縄出身の作家の作品をそれぞれ小特集としてご覧頂きます。
出品作家:竹川宣彰、ミロスワフ・バウカ、イリヤ・カバコフ、クリスチャン・ボルタンスキー、ボリス・ミハイロフ、ユゼフ・シャイナ、アーグネシュ・セープファルヴィ/チャバ・ネメシュ、石川竜一、山城知佳子、ミヤギフトシ、エミリー・カーメ・ウングワレー、松本陽子、坂本夏子、イサム・ノグチ、青木野枝、戸谷成雄、北辻良央、カリン・ザンダー、マーク・マンダース、須田悦弘、アレクサンダー・コールダー、ジョアン・ミロ、ヘンリー・ムア、高松次郎
(美術館公式サイトより転載)
展覧会公式HP→ここから
野田弘志
真理のリアリズム
Noda Hiroshi:
Absolute Realism
2022年
72日(土)〜94日(日)
※会期中、一部作品に展示替えあり。
前期展示:7月2日(土)−8月7日(日)
後期展示:8月9日(火)−9月4日(日)
姫路市立美術館
〒670-0012姫路市本町68-25
TEL.079-222-2288
開館時間:10:00〜17:00
(入場は16:30まで)
休館日:月曜日 (但し7月18日は開館)、7月19日(火)
観覧料:
一般 1,200円(1,000円)、
大学・高校生 600円(400円)、
中学・小学生 200円(100円)
※( )内は20人以上の団体料金
※同展入場券で常設展示室もご覧いただけます。
美術館MAP
美術館公式サイト
主催:姫路市立美術館、朝日新聞社
◎本展は、野田の最初期から近作まで各年代と作風を網羅すべく代表作を選りすぐり、初公開となる作品も含め、内容・規模ともにこれまでにない回顧展を試みるものです。自身のスタイルを模索している途上であった学生時代の作品、広告会社時代のイラストやデザイン、画壇に鮮烈なデビューを果たした頃の黒を背景とした細密な静物画(黒の時代)から、野田の名が一般に広く知られる契機となった新聞連載小説の挿絵原画、骨あるいは生ける一人の人間を描き独自の死生感を示した大作(TOKIJIKU/THEシリーズ)、そして近年手掛ける等身大の人物肖像画(聖なるもの/崇高なるものシリーズ)などを一堂に展観することで野田弘志の画業の全容を俯瞰し、その真価を検証します。
(美術館公式サイトより転載)
展覧会公式HP→ここから
第14回 真夏の アートフェスティバル in ギャラリー菊
クリックで出展者名

展覧会公式サイト

14 真夏の
アートフェスティバル
in ギャラリー菊
−芸術は人生そのもの−
■2022年
A日程:
7
5日(火)〜15日(金)
※7月10日(日)、11日(月)休廊
B日程:
7
19日(火)〜29日(金)
※7月24日(日)、25日(月)休廊
両日程とも開場時間
12:00〜18:00まで)
(最終日は16:00まで)
参加作家:A日程:86名
B日程:85名 計171名
ギャラリー
ギャラリー案内頁にリンク
■大阪市北区西天満4-9-2西天満ビル1F
TEL.06-6314-0907
ギャラリーMAP
大阪メトロ、京阪「淀屋橋駅」より徒歩8分。JR大阪駅・各線梅田駅より徒歩10分、新御堂筋から老松通りに入り150m東進、左側のビルの1階、入口はビルの東側です。
◎コロナ感染拡大は終息に向かいつつありますが、今一度気を引き締めてコロナ感染予防対策をして 第14回「真夏のアートフェスティバル」を開催致します。芸術は生きていくうえで必要不可欠であります。今こそアートの力が必要だと信じ、輝ける未来のために 「アートの祭典」を開催致します。
ぜひ、ご高覧ください。
もっと詳しく→ここから

太田三郎
「人と災いとのありよう」
OTA Saburo:
People beside a disaster
2022年
75(火)〜 911(日)
BBプラザ美術館
BB Plaza MUSEUM of Art
神戸市灘区岩屋中町4丁目2番7号
BBプラザ2F
美術館マップ
休館日:月曜日
開館時間:10:00〜17:00
(入館は16:30まで)
入館料:一般400(320)円
/大学生以下無料
※65歳以上の方、障がいのある方とその付添いの方1名は半額。
※( )内は20名以上の団体料金
※ 7/7(木)は開館記念日のため入館無料
TEL.078-802-9286
美術館公式HP→ここから
主催:BBプラザ美術館、
株式会社シマブンコーポレーション
◎日常的な営為に視点を置き、岡山県津山市で独創的な制作活動をつづけている美術家・太田三郎(1950- )。山形県に生まれ、国立鶴岡工業高等専門学校を卒業後に上京し、やがてグラフィックデザインの仕事に携わります。また、仕事の傍ら肖像画や版画制作を始めます。身近な「版画的なもの」を探す中で、電車の切符やレシートといった素材を広義の版画と考え、1984年に切手を素材とした作品を発表しました。
 本展では、コロナ禍の「マスク」をモチーフとした切手型作品や、先の戦争において失われた生命や記憶に思いを寄せた《POST WAR》シリーズなど、「人と災い」をテーマにした作品を紹介します。精緻で静謐な太田の作品は、一見多くを語りません。しかし、災厄における人間の存在へと迫ることで、その奥にある、これから生きてゆく全ての人々へのメッセージや問い掛け、太田の眼差しに触れることができるでしょう。本展は展覧会という形をとった、私たちへの宛名の無い手紙でもあるのです。
(公式サイトより転載)
展覧会公式HP→ここから
旗谷 吉員 展
詳しくは画面をクリック
アーティスティックなくらし
クリックで出展者名
友田 多恵子 作品展
詳しくは画面をクリック
旗谷 吉員
美術史絵画
HATATANI Yoshikazu Exhibition
■2020年
1010日(土)〜25日(日)
※終了しました。
12:00〜19:00
休廊:水・木・金
city gallery 2320
住所:兵庫県神戸市長田区二葉町2丁目3-20
TEL:078-611-4959
■Gallery 公式サイト
◎1990年頃から2020年までに制作した西洋名画の模写のようなもの
◎「コラージュ名画模写」は、写真のモンタージュではなくパーツの色面として写真を用いた。遠近でたらめ、描く手間無し、明暗バラバラでも名画らしきものが現れた。デジタル時代になって意地でも手仕事で描くことに回帰。ピカソがキュビスムから古典のアングル風に変化したように、自分もデッサンを古典的(線的)にやり直した。
(展覧会案内資料より抜粋)
もっと詳しくここから

Exhibition Part-21
アーティスティックなくらし
出品作家36名:
絵画・平面・造形・立体・オブジェ・版画 他
■2021年
118日(月)〜13日(土)
※終了しました。
昼12:00〜18:30
(最終日は16:00まで)
Gallery TAA ティーエーエー
会場案内頁へリンク
大阪市北区天神橋1-6-8
TEL.06-6353-3836
大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町駅」JR3番出口より徒歩約5分/JR東西線「大阪天満宮駅」JR3番出口より徒歩約5分
アクセスマップ
◎作家のメッセージを受け取り、日々の呼応が心の糧になるような「アートのあるくらし」を提案しています。
もっと詳しく→ここから

友田 多恵子 作品展
小さきモノたち 光の中へ
TOMODA Taeko Exhibition
■2019年
114日(月)〜119日(土)
※終了しました。
昼12:00〜18:30
Gallery TAA ティーエーエー
会場案内頁へリンク
大阪市北区天神橋1-6-8
TEL.06-6353-3836
大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町駅」JR3番出口より徒歩約5分/JR東西線「大阪天満宮駅」JR3番出口より徒歩約5分
アクセスマップ
◎小作品での初めての展覧会です。平面はサムホール、0号、など、ハンドメイドの紙ならではの 立体造形の数々、ちいさくても、大きな作品やインスタレーションに負けない魂は同じ、小さきモノたちのつぶやきをぜひ、 お聞きください。ご高覧お待ちしています。
もっと詳しく→ここから

綿貫桂子展「こより表現画」
展示風景と詳しいご案内
第4回 若きアーティストによる アートの祭典
クリックで出展者名
アートフェスティバル
クリックで出展者名
こより表現画
こころのうわずみ
綿貫 桂子
WATANUKI Keiko Exhibition
会期:2022年
315日(火)〜424日(日)
※終了しました。
会場:イズミヤ平野店 2階
住所:〒547-0046
大阪市平野区宮町1丁目6番2-101号
アクセス:JR大和路線 平野駅南出口下車 南東へ徒歩約3分
会期中無休
(ただし店の都合により変更がある場合があります。)
開催時間:10:00〜19:00
(※4月24日(最終日)は16時まで)
入場無料
イズミヤ平野店公式サイト
◎不用の紙がみをよったりちぎったり下絵を描かずに天地に生かされている自分のこころもようを表現してきました。
ストリート・アートナビ取材の
展示風景と詳しいご案内
ここから

第4回
若きアーティストによる
アートの祭典
出品者:50名
■2022年
111日(火)〜21日(金)
※終了しました。
12:00〜18:00
(最終日は16:00まで)
※1月16日(日)・
1月20日(木)は休廊
ギャラリー
ギャラリー案内頁にリンク
■大阪市北区西天満4-9-2西天満ビル1F
TEL.06-6314-0907
ギャラリーMAP
大阪メトロ、京阪「淀屋橋駅」より徒歩8分。JR大阪駅・各線梅田駅より徒歩10分、新御堂筋から老松通りに入り150m東進、左側のビルの1階、入口はビルの東側です。
◎この度、若きアーティストによる「アートの祭典」を開催致します。この祭典は、若きアーティストが集い、交流を深め、相互啓発することを目的としております。 アーティストのユニークな発想、燃える情熱、あくなき執念でアートの未来を切り拓いて頂くことを願っております。
ギャラリー菊  菊 本 久 枝
もっと詳しく→ここから

第13回 真夏の
アートフェスティバル
in ギャラリー菊
−芸術は人生そのもの−
■2021年
A日程:
7
6日(火)〜16日(金)
※終了しました。
B日程:
7
20日(火)〜30日(金)
※25日(日)休廊
■両日程とも開場時間
12:00〜18:00
ギャラリー
ギャラリー案内頁にリンク
■大阪市北区西天満4-9-2西天満ビル1F
TEL.06-6314-0907
ギャラリーMAP
大阪メトロ、京阪「淀屋橋駅」より徒歩8分。JR大阪駅・各線梅田駅より徒歩10分、新御堂筋から老松通りに入り150m東進、左側のビルの1階、入口はビルの東側です。
もっと詳しく→ここから

ストリート・アートナビ/展覧会シーン
展覧会シーン/2005年〜2010年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

ストリート・アートナビ取材/展覧会シーン/アート館ネット
展覧会シーン/1999年〜2005年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

展覧会1

展覧会2

展覧会3

展示室1

展示室2

▼お好きなジャンルをクリックして下さい。

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG・デザイン

クラフト・工芸

写真・映像

陶芸

立体・彫刻

書・墨象

ノンジャンル

美術館デパート
ストリート・アートナビ●新着情報TOP頁

関西・大阪の美楽なアート情報サイト
STREET ARTNAVI/ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ/ARTNAVI)
Webコンテンツ制作・発信/Copyright(c) ストリート・アートナビ
NAKATA DESIGN INC. 1999-2021 All Rights Reserved.
●このホームページへのご意見・ご質問は
E-mail :
street@artnavi.net/ HPアドレス:http://artnavi.net
※当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。

●ストリート・アートナビは関西・大阪の美楽なアート情報サイトです。
アート展美術画廊貸しギャラリー案内
企画制作・掲載/お問合せ:ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ)