関西・大阪の美楽なアート情報サイト
ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)
美術館・博物館デパートの展覧会と個展案内
TOP

個展

画廊

情報

広場
現代アート
Contemporary
art
現代アート
平面・タブロー
造形
展覧会-1

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG

工芸

写真

陶芸

立体

書

ノンジャンル

美術館
▲クリックで各々のアート展へジャンプ。

アーティストの感性をストリートから世界に発信。

美術画廊・ギャラリー

貸しギャラリー・アートスペース

※お知らせ
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から
美術館・博物館に於いて、臨時休館やイベントの中止があります。
◎各々の公式ホームページで確認をお願い致します。
(2020年2月27日 ストリート・アートナビ)


展覧会1

展覧会2

展覧会3

展示室1

展示室2

ヤン・ヴォー ーォヴ・ンヤ
展覧会公式サイト
ひろがる美術館ヒストリー
展覧会公式サイト

展覧会公式サイト
ヤン・ヴォー ーォヴ・ンヤ
(読み:ヤン・ヴォー)
2020年
62日(火)〜1011日(日)
国立国際美術館(大阪・中之島)
THE NATIONAL MUSEUM OF ART. OSAKA
大阪市北区中之島4-2-55
休館日:月曜日、8月11日、9月23日(ただし、8月10日、9月21日は開館)
開館時間:10:00─17:00
(金曜・土曜は20:00まで)
※夜間開館は休止しております。
(入場は閉館の30分前まで)
観覧料:一般1,200円(900円)/大学生700円(500円) ※( )内は20名以上の団体料金
※高校生以下・18歳未満無料(要証明)
※心身に障がいのある方とその付添者1名無料(要証明) ※本料金でコレクション展もご観覧いただけます。
美術館公式サイト
主催国立国際美術館
◎本展覧会は、世界的に活躍するアーティスト、ヤン・ヴォーの全貌を明らかにする、日本の美術館における待望の初個展で、当館のみの開催となります。ヴォーの師、父親、恋人、ミューズであるヴォーの甥等、ヴォーの周囲の大切な人たちによる作品や、ベトナム戦争を押し進めた米国防長官R.マクナマラの遺族との協働による作品など新作、近作を含め約40点余の作品を展示。ヴォーの卓越した選択眼、組み合わせの妙を存分に堪能いただけます。またヴォーにより丹念に考え抜かれた展示空間への作品配置も見所です。
(美術館公式サイトより部分転載)
展覧会公式HP→ここから
西宮市大谷記念美術館の
展覧会とコレクション 2
ひろがる美術館ヒストリー
会期=2020年
718日(土)〜927日(日)
西宮市大谷記念美術館
Otani Memorial Art Museum, Nishinomiya City
TEL.0798-33-0164
〒662-0952 西宮市中浜町4-38
開館時間=10:00〜17:00
(入館は16:30まで)
休館日= 水曜日
主催:西宮市大谷記念美術館
後援:西宮市、西宮市教育委員会
入館料= 一般500円、高大生300円、小中生200)円
※西宮市内在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書)※ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料 ※心身に障害のある方及び介助者1 名は無料(要手帳等呈示)
美術館MAP
美術館公式サイト
◎美術作品を展示して展覧会を開催すること、作品を収集保存することは美術館の大きな役割です。そして、この二つの役割は深く関係し合っています。展覧会を機に作品を購入、または寄贈を受けて作品を収集することもあれば、まとまった作品の寄贈を受けて展覧会を開催することもあります。(中略)
 第2弾となる今回の「ひろがる美術館ヒストリー」では、当館が1997年以降に企画・開催した現代美術作家の個展に焦点を当て、コレクション形成との関わりを検証します。そもそも現代美術の展覧会が企画されるようになったきっかけは、時代につれて、地元作家たちの表現が、従来の形式にとどまらない広がりを見せていたからです。このように始まった現代美術作品の収集は、西宮市大谷記念美術館のコレクションの幅を少しずつ広げていきました。その歩みを、16作家36点の作品を通してご紹介します。
(美術館公式サイトより転載)
展覧会公式HP→ここから
芦屋の時間
大コレクション展
ASHIYA TIME: A LARGE COLLECTION EXHIBITION
2020年
919日(土)〜118日(日)
芦屋市立美術博物館
Ashiya City Museum of Art & History
〒659-0052芦屋市伊勢町12-25
美術博物館MAP
美術博物館公式サイト
TEL:0797-38-5432
休館日:月曜日(ただし9/21は開館、9/23は休館)
開館時間:10:00-17:00
(入館は16:30まで)
観覧料:一般500(400)円、大高生300(240)円、中学生以下無料
※同時開催「芦屋の歴史と文化財」展の観覧料も含む。
※( )内は20名以上の団体料金

※高齢者(65歳以上)および身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方ならびにその介護の方は各当日料金の半額。
主催:芦屋市立美術博物館
◎今からちょうど30年前、芦屋市立美術博物館ができました。 30年という時間をかけて、地域も超えて、たくさんの作品が集まってくれました。 そして、今、唯一無二のユニークなコレクションを形づくっています。 当館のコレクションを支える作家は、126名にも及びます。
 「芦屋の時間 大コレクション展」では、開館からの歴史で初めて、すべての作家が登場します。 できるだけたくさん、作品を並べます。「お、こんな作品があったのか」というような、初めての出会いもあるでしょう。 また、「いつも見てる」とか「もう見飽きた」と思った作品が、あらふしぎ、いつもと違ったように見えてくるかもしれません。 多くの作品と出会うことで、いつもと違う、作品の表情が見つかると思います。
(美術館公式サイトから一部転載)
展覧会公式HP→ここから
旗谷 吉員 展
詳しくは画面をクリック
旗谷 吉員 展
詳しくは画面をクリック
旗谷 吉員 展
詳しくは画面をクリック
旗谷 吉員
美術史絵画
HATATANI Yoshikazu Exhibition
■2020年
1010日(土)〜25日(日)
12:00〜19:00
休廊:水・木・金
city gallery 2320
住所:兵庫県神戸市長田区二葉町2丁目3-20
TEL:078-611-4959
■Gallery 公式サイト
◎1990年頃から2020年までに制作した西洋名画の模写のようなもの
◎「コラージュ名画模写」は、写真のモンタージュではなくパーツの色面として写真を用いた。遠近でたらめ、描く手間無し、明暗バラバラでも名画らしきものが現れた。デジタル時代になって意地でも手仕事で描くことに回帰。ピカソがキュビスムから古典のアングル風に変化したように、自分もデッサンを古典的(線的)にやり直した。
(展覧会案内資料より抜粋)
もっと詳しくここから
旗谷 吉員
美術史絵画
HATATANI Yoshikazu Exhibition
■2020年
1010日(土)〜25日(日)
12:00〜19:00
休廊:水・木・金
city gallery 2320
住所:兵庫県神戸市長田区二葉町2丁目3-20
TEL:078-611-4959
■Gallery 公式サイト
◎1990年頃から2020年までに制作した西洋名画の模写のようなもの
◎「コラージュ名画模写」は、写真のモンタージュではなくパーツの色面として写真を用いた。遠近でたらめ、描く手間無し、明暗バラバラでも名画らしきものが現れた。デジタル時代になって意地でも手仕事で描くことに回帰。ピカソがキュビスムから古典のアングル風に変化したように、自分もデッサンを古典的(線的)にやり直した。
(展覧会案内資料より抜粋)
もっと詳しくここから
旗谷 吉員
美術史絵画
HATATANI Yoshikazu Exhibition
■2020年
1010日(土)〜25日(日)
12:00〜19:00
休廊:水・木・金
city gallery 2320
住所:兵庫県神戸市長田区二葉町2丁目3-20
TEL:078-611-4959
■Gallery 公式サイト
◎1990年頃から2020年までに制作した西洋名画の模写のようなもの
◎「コラージュ名画模写」は、写真のモンタージュではなくパーツの色面として写真を用いた。遠近でたらめ、描く手間無し、明暗バラバラでも名画らしきものが現れた。デジタル時代になって意地でも手仕事で描くことに回帰。ピカソがキュビスムから古典のアングル風に変化したように、自分もデッサンを古典的(線的)にやり直した。
(展覧会案内資料より抜粋)
もっと詳しくここから
若きアーティストによる アートの祭典
クリックで出展者名

クリックで出展者名
友田 多恵子 作品展
詳しくは画面をクリック

第2回
若きアーティストによる
アートの祭典
出展者:54名
■2020年
112日(日)〜18日(土)
※終了しました。
12:00〜18:30
(最終日は15:00まで)
※1月16日(木)は
コンサートのため17:00まで
ギャラリー
ギャラリー案内頁にリンク
■大阪市北区西天満4-9-2西天満ビル1F
TEL.06-6314-0907
ギャラリーMAP
大阪メトロ、京阪「淀屋橋駅」より徒歩8分。JR大阪駅・各線梅田駅より徒歩10分、新御堂筋から老松通りに入り150m東進、左側のビルの1階、入口はビルの東側です。
◎1月12日(日)15:00〜17:00「ギャラリートーク」
もっと詳しく→ここから

Exhibition Part-19
アーティスティックなくらし
出品作家35名:
絵画・平面・造形・立体・オブジェ・版画 他
■2019年
107日(月)〜12日(土)
※終了しました。
昼12:00〜18:30
(最終日は16:00まで)
Gallery TAA ティーエーエー
会場案内頁へリンク
大阪市北区天神橋1-6-8
TEL.06-6353-3836
大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町駅」JR3番出口より徒歩約5分/JR東西線「大阪天満宮駅」JR3番出口より徒歩約5分
アクセスマップ
◎作家のメッセージを受け取り、日々の呼応が心の糧になるような「アートのあるくらし」を提案しています。
もっと詳しく→ここから

友田 多恵子 作品展
小さきモノたち 光の中へ
TOMODA Taeko Exhibition
■2019年
114日(月)〜119日(土)
※終了しました。
昼12:00〜18:30
Gallery TAA ティーエーエー
会場案内頁へリンク
大阪市北区天神橋1-6-8
TEL.06-6353-3836
大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町駅」JR3番出口より徒歩約5分/JR東西線「大阪天満宮駅」JR3番出口より徒歩約5分
アクセスマップ
◎小作品での初めての展覧会です。平面はサムホール、0号、など、ハンドメイドの紙ならではの 立体造形の数々、ちいさくても、大きな作品やインスタレーションに負けない魂は同じ、小さきモノたちのつぶやきをぜひ、 お聞きください。ご高覧お待ちしています。
もっと詳しく→ここから

弁財天展
詳しくは画面をクリック
真夏の アートフェスティバル
クリックで出展者名
森 久子 個展 〜永遠の瞬間〜
詳しくは画面をクリック

弁財天
出品者:20名
■2019年
914日(土)〜29日(日)
(木・金は休廊)
※終了しました。
Tri Angle Gallery
コンテンポラリーアートギャラリー
ZONE
ギャラリー案内頁にリンク
大阪府箕面市桜井2-10-5
〈阪急桜井市場内〉
12:00〜18:00(最終日は16:00迄)
木・金は休廊
ギャラリーMAP
阪急箕面線桜井 阪急桜井市場内
連絡先:080-3106-3177
◎この10年間、箕面山で数々のアートイベントを開催してきたコンテンポラリーアートギャラリーzoneでは、瀧安寺(箕面寺)のご本尊が弁財天であるのに因み、復興を祈願して、「弁財天」展を企画し作品を募りました。
もっと詳しく→ここから

第11回 真夏の
アートフェスティバル
in ギャラリー菊
−芸術は人生そのもの−
■2018年
722日(日)〜84日(土)
※終了しました。
12:00〜18:30
(最終日は14:00まで)
※7月29日(日)休廊
ギャラリー
ギャラリー案内頁にリンク
■大阪市北区西天満4-9-2西天満ビル1F
TEL.06-6314-0907
ギャラリーMAP
地下鉄、京阪「淀屋橋駅」より徒歩8分。
JR大阪駅・各線梅田駅より徒歩10分、新御堂筋から老松通りに入り150m東進、左側のビルの1階、入口はビルの東側です。
もっと詳しく→ここから

森 久子 個展
〜永遠の瞬間〜
SOLO EXHIBITION HISAKO MORI
■2018年
1221日(金)〜26日(水)
※終了しました。
10:00〜19:00
※最終日は17:00迄
Gallery キットハウス
会場案内頁とリンク
大阪市住吉区長居東3-13-7
〒558-0004
TEL:06-6693-0656
ギャラリーMAP
交通:大阪メトロ御堂筋線「長居駅」下車4番出口を出、あびこ筋を南へ一つ目の信号を東へ駅から徒歩約5分 ●JR阪和線「長居駅」徒歩約7分
◎森 久子 2006年渡伊。イタリア在住。イタリア各地を中心に個展、多数のグループ展やフェスティバルに参加。近年は水彩技法を用いた作品を中心に活動し、インスタレーションまた音楽、詩、踊、織などとのコラボレーションパフォーマンスに活躍の場を広げている。
もっと詳しく→ここから

ストリート・アートナビ/展覧会シーン
展覧会シーン/2005年〜2010年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

ストリート・アートナビ取材/展覧会シーン/アート館ネット
展覧会シーン/1999年〜2005年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

展覧会1

展覧会2

展覧会3

展示室1

展示室2

▼お好きなジャンルをクリックして下さい。

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG・デザイン

クラフト・工芸

写真・映像

陶芸

立体・彫刻

書・墨象

ノンジャンル

美術館デパート
ストリート・アートナビ●新着情報招待券TOP頁

関西・大阪の美楽なアート情報サイト
STREET ARTNAVI/ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ/ARTNAVI)
Webコンテンツ制作・発信/Copyright(c) ストリート・アートナビ
NAKATA DESIGN INC. 1999-2018 All Rights Reserved.
●このホームページへのご意見・ご質問は
E-mail :
street@artnavi.net/ HPアドレス:http://artnavi.net
※当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。

●ストリート・アートナビは関西・大阪の美楽なアート情報サイトです。
アート展美術画廊貸しギャラリー案内貸ギャラリー案内広告
企画制作・掲載/お問合せ:ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ)
展覧会バナー広告