関西・大阪の美楽なアート情報サイト
ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)
美術館・博物館・デパートの展覧会と個展案内
TOP

個展

画廊

情報

広場
美術館
Museum
デパート
美術館
博物館

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG

工芸

写真

陶芸

立体

書

ノンジャンル

美術館
▲クリックで各々のアート展へジャンプ。

アーティストの感性をストリートから世界に発信。

美術画廊・ギャラリー

貸しギャラリー・アートスペース

美術館1

美術館2

デパート

展覧会-1

展覧会-2

展示室-1

展示室-2

展示室-3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

展示室-7

展示室-8

展示室-9

ガラスの仮面展
詳しくは画面をクリック
ウィム・クロウエル
詳しくは画面をクリック
ジブリの立体建造物展
展覧会公式サイト
連載40周年記念
ガラスの仮面展
■2017年
121日(金)〜1225日(月)
[会期中無休]
美術館「えき」KYOTO
[京都駅ビル内・ジェイアール京都伊勢丹7階隣接]
美術館公式ホームページ
TEL.075-352-1111(大代表)
開館時間=10:00〜20:00
(入館締切:閉館30分前
※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。)
主催=美術館「えき」KYOTO、
朝日新聞社
幻の名作「紅天女」の主役をめぐり、激しい争いを繰り広げる天才少女・北島マヤと、宿命のライバル・姫川亜弓。マヤを陰から支える「紫のバラのひと」大都芸能社長・速水真澄や、伝説の大女優でありマヤの師である月影千草。登場するキャラクターも作品の大きな魅力となり、単行本49巻までの累計発行部数は5,000万部を超えるベストセラーとなりました
本展では、1976年に連載を開始した当初の貴重な漫画原画を含む約300点を一堂に展観し、名シーンを振り返ります
息を呑むほどの過激な特訓、少女漫画特有のきらめきや乙女が抱く恋心、こまやかに表現されるキャラクターの心理描写、そして、熱く演じられる劇中劇の数々をどうぞお楽しみください。
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント
京都dddギャラリー
第215回企画展
wim crouwel
ウィム・クロウエル
グリッドに魅せられて
■2017年1214日(木)〜
2018年317日(土)
開館時間=11:00〜19:00
(土曜日、3月4日(日)は18:00まで)
休館日= 日曜・祝日、12月28日(木)〜1月4日(木) ただし3月4日(日)は特別開館
入場無料
会場=京都dddギャラリー
ギャラリー公式頁にリンク
〒616-8533
京都市右京区太秦上刑部町10
TEL.075-871-1480
◎本展はオランダのグラフィックデザイナー、ウィム・クロウエルの業績の全容を伝える日本初の展覧会です。クロウエル(1928年-)は、1952年に展覧会を手掛けるデザイナーとして出発しましたが、アムステルダム市立美術館のグラフィックデザイナー(1963-1984年)としての仕事が最も著名と言えるでしょう。
クロウエルは教育、執筆、そして講演活動も精力的に行いながら、グラフィックデザイナーとして、グリッドを活用した合理的かつシステマティックなデザインを推進していきました。デザイナーとは、広告よりむしろ客観的な姿勢を持ってインフォメーションデザインに取り組むべき、と主張する彼の見解は、新たなパラダイムの形成を後押しし、生き生きとしたデザインの風潮を生み出すことにも貢献しました。
(公式HPより抜粋)
もっと詳しく→ここから
ジブリの立体建造物展
部分を見れば、全体が見える。
2017年122日(土)〜
2018年25日(日)
あべのハルカス美術館
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F
美術館HP公式サイト
開館時間:10:00〜20:00
(入館は閉館の30分前まで)
休館日=12月4日(月)、11日(月)、1月1日(月・祝)
主催=あべのハルカス美術館、
読売テレビ、読売新聞社、キョードー関西
◎スタジオジブリは1985年の設立以来、多くのアニメーション作品を発表してきました。作品中にはキャラクターのドラマが起こる舞台として、たくさんの「建造物」が登場します。本展覧会では出発点となった「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで、 各作品に登場する建造物の背景画や美術ボード、美術設定といった制作資料約450点を惜しみなく公開予定。また、代表的な建造物を立体で表現します。その設計の源に触れられる本展覧会に、ご期待下さい。
そして、この度、オフィシャルサポーターに、2008年より2017年3月まで「おかあさんといっしょ」のうたのおにいさんを務めた?横山だいすけ?さんが就任しました。
展覧会公式サイトここから
描かれた“きもの美人”
詳しくは画面をクリック
京都市美術館所蔵品展
描かれた“きもの美人”
Kimono Beauties
Masterpieces from the Kyoto Municipal Museum of Art
■2018年
12日(火)〜121日(日)
[会期中無休]
美術館「えき」KYOTO
[京都駅ビル内・ジェイアール京都伊勢丹7階隣接]
美術館公式ホームページ
TEL.075-352-1111(大代表)
開館時間=10:00〜20:00
入館締切:閉館30分前
※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
主催=美術館「えき」KYOTO、
京都市、京都新聞
◎京都市美術館は1933(昭和8)年に設立された公立美術館です。開館以来、近現代美術作品の鑑賞と発表のための、西日本最大の舞台のひとつとして、戦後日本文化のなかで大きな役割を果たしてきました。

 
本展覧会では、2019年度内のリニューアルオープンに向け、現在本館が閉館中である京都市美術館所蔵の数ある珠玉の作品の中から日本画を中心に、美しく艶やかに描かれた“きもの美人”約40点を紹介します。上村松園《人生の花》、菊池契月《散策》、堂本印象《婦女》、秋野不矩《紅裳》など、近代の画家たちが描いたさまざまな女性像をお楽しみください。
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント

展覧会シーン/ストリート・アートナビ取材
展覧会シーン/2005年〜2011年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

ストリート・アートナビ取材/展覧会シーン/アート館ネット
展覧会シーン/1999年〜2005年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

美術館1

美術館2

デパート

展覧会-1

展覧会-2

展示室-1

展示室-2

展示室-3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

展示室-7

展示室-8

展示室-9

お好きなジャンルをクリックして下さい。

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG・デザイン

クラフト・工芸

写真・映像

陶芸

立体・彫刻

書・墨象

ノンジャンル

美術館デパート
ストリート・アートナビ●新着情報招待券ユーザー感想メールTOP頁

STREET ARTNAVI/ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ/ARTNAVI)
Webコンテンツ制作・発信/Copyright(c) ストリート・アートナビ
NAKATA DESIGN INC. 2017 All Rights Reserved.
●このホームページへのご意見・ご質問は
E-mail : street@artnavi.net/ HPアドレス:http://artnavi.net
※当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。
・このサイト内にある画像等の著作権・肖像権等すべての権利は、
それぞれの権利所有者に帰属します。

●ストリート・アートナビは関西・大阪の美楽なアート情報サイトです。
アート展美術画廊貸しギャラリー案内展覧会案内バナー広告
貸しギャラリー案内広告の制作と掲載
企画制作・掲載/お問合せ:ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ)
展覧会バナー広告