関西・大阪の美楽なアート情報サイト
ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)
美術館・博物館・デパートの展覧会と個展案内
TOP

個展

画廊

情報

広場
美術館
Museum
デパート
美術館
博物館

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG

工芸

写真

陶芸

立体

書

ノンジャンル

美術館
▲クリックで各々のアート展へジャンプ。

アーティストの感性をストリートから世界に発信。

美術画廊・ギャラリー

貸しギャラリー・アートスペース
池田満寿夫没後20年を含む4人の銅版画展

美術館1

美術館2

デパート

展覧会-1

展覧会-2

展示室-1

展示室-2

展示室-3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

展示室-7

展示室-8

展示室-9

京の至宝 黒田辰秋展
詳しくは画面をクリック
第51回 いけばな大阪展
詳しくは画面をクリック
北斎 −富士を超えて−
詳しくは画面をクリック
美術館「えき」KYOTO
開館20周年記念 
京の至宝 黒田辰秋展
■2017年
92日(土)〜109日(日)
[会期中無休]
美術館「えき」KYOTO
[京都駅ビル内・ジェイアール京都伊勢丹7階隣接]
美術館公式ホームページ
TEL.075-352-1111(大代表)
開館時間=10:00〜20:00
(入館締切:閉館30分前)
主催=美術館「えき」KYOTO、
京都新聞
◎京都・祇園に生まれ、1970年に木工芸における初の重要無形文化財保持者(人間国宝)となった、木漆工芸家・黒田辰秋(1904-1982)。
漆や螺鈿で仕上げた茶器などの小品から、椅子や飾棚など力強い大作まで幅広く木漆の仕事を展開し、きわめて独創的で、造形力に富んだ傑作を数多く残しました。国内はもとより、ドイツで個展が開催されるなど、国内外の注目を集めながらも、京都においては本展が初めての回顧展となります。
美術館「えき」KYOTO開館20周年となる本記念展では、20代で影響を受けた河井寛次郎や柳宗悦との出会い、京都の注文主との交流を辿りながら、晩年に至るまでの黒田辰秋の歩みを約90点の作品とともに紹介いたします。
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント
大阪府花道家協会
第51回 いけばな大阪展
2017年
1012日(木)→17日(火)
前期:10月12日(木)→14日(土)後期:10月15日(日)→17日(火)
大丸心斎橋店
北館14階イベントホール
大阪市中央区心斎橋筋1-7-1
TEL.06-6271-1231
入場時間午前10時→午後7時30分(午後8時閉場)
※10月14日(土)は午後2時30分まで(午後 3時閉場)※10月17日(火)は午後3時30分まで(午後4時閉場)
主催:大阪府花道家協会
後援=大阪府・大阪市・大阪府教育委員会・大阪市教育委員会・(公財)関西・大阪21世紀協会・産経新聞社
◎大阪府花道家協会は、「花道を通じ社会文化の昂揚発展に寄与し、会員相互の資質向上と福祉厚生を計る」ことを目的に発足されました。会員は、大阪府在住の諸流派家元及び流代表者並びにその推薦する花道家で構成され、現在57流派が在籍している団体です。

 同協会が主催する「いけばな大阪展」は、発足以来、広く親しまれてきた伝統ある花展です。日本の心の文化である「いけばな」の伝統を継承しながらも現代空間にマッチする新鮮な「いけばな」の創造を目指し、「錦秋」をテーマに各流派出瓶者が各々の手法で表現、その美と技を競い、会場いっぱいに華麗な秋を演出します。
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント
大英博物館
国際共同プロジェクト
北斎
−富士を超えて−
HOKUSAI
2017年
106日(金)1119日(日)
前期:10月6日(金)〜10月29日(日)
後期:11月1日(水)〜11月19日(日)
あべのハルカス美術館
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F
美術館HP公式サイト
開館時間
火〜金=10:00〜20:00
祝=10:00〜18:00
※いずれも入館は閉館30分前まで
休館日=10月10日(火)、16日(月)、23日(月)、30日(月)、31日(火)
主催=あべのハルカス美術館、
NHK大阪放送局、NHKプラネット近畿、朝日新聞社
◎北斎は70年に及ぶ画業の中で、さまざまな画法を学び、森羅万象を描き出しました。風景や動植物のような目に見える世界だけでなく、晩年には龍や鳳凰、聖人などを題材にして、日常を超えた想像の世界を肉筆画で表現しています。画家の筆遣いがそのまま画面に残る肉筆画には、北斎の卓越した技術や色彩の美しさ、溢れ出す才能の全てが色濃く表れています。
 本展では、北斎の晩年30年に焦点を当て、肉筆画を中心に世界中から約200点の作品が集結。北斎が「富士」の高みを超えて、自らが希求した「神の領域」に到達すべく描き続けた軌跡に迫ります。
もっと詳しくここから
ミュシャ展
詳しくは画面をクリック
.communication
詳しくは画面をクリック
美術館「えき」KYOTO
ミュシャ展
〜運命の女たち〜
Alfons Mucha's Women
■2017年
1014日(土)〜1126日(日)
[会期中無休]
美術館「えき」KYOTO
[京都駅ビル内・ジェイアール京都伊勢丹7階隣接]
美術館公式ホームページ
TEL.075-352-1111(大代表)
開館時間=10:00〜20:00
(入館締切:閉館30分前)
主催=美術館「えき」KYOTO、
MBS、京都新聞
アルフォンス・ミュシャ(フランス語:ミュシャ/チェコ語:ムハ 1860−1939))は、1860年7月24日、現在のチェコ共和国モラヴィア地方の小さな町イヴァンチッツェに生まれました
本展は、ミュシャの初恋、あるいは人生の転機となったサラ・ベルナールとの出会いを始め、その生涯を彩った運命の女性たちに焦点をあてミュシャ芸術を紹介します。ミュシャの生まれ故郷であるイヴァンチッツェ近郊に居住する医師ズデニュク・チマル博士の祖父母から3代に亘るコレクションに限り、リトグラフのポスター、装飾パネル、さらには水彩画、素描画など、約150点を展覧いたします。
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント
京都dddギャラリー・
成安造形大学連携展
.communication
■2017年
1113日(月)〜28日(火)
開館時間=11:00〜19:00
(土曜日は18:00まで)
休館日= 日曜・祝日
入場無料
会場=京都dddギャラリー
ギャラリー公式頁にリンク
〒616-8533
京都市右京区太秦上刑部町10
TEL.075-871-1480
◎「.communication(ドットコミュニケーション)」展は、コミュニケーションとデザインを学ぶ私たちの視点を「.(ドット)」で接続し、作品を通して、もの、ひと、ことの多様なズレを見出す試みです。
本展覧会では、京都dddギャラリーと成安造形大学が連携。学生たちが共有するビビットなテーマ「コミュニケーションのズレ」について、学生、卒業生、教員がフラットな関係で取り組み、様々な視点から作品を制作し発表します。
「ポスト真実」の問題が叫ばれる昨今、コミュニケーションと情報伝達のあり方について、デザインや表現を通して軽やかに捉え直す試みに、ぜひご期待ください。
もっと詳しく→ここから

展覧会シーン/ストリート・アートナビ取材
展覧会シーン/2005年〜2011年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

ストリート・アートナビ取材/展覧会シーン/アート館ネット
展覧会シーン/1999年〜2005年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

美術館1

美術館2

デパート

展覧会-1

展覧会-2

展示室-1

展示室-2

展示室-3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

展示室-7

展示室-8

展示室-9

お好きなジャンルをクリックして下さい。

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG・デザイン

クラフト・工芸

写真・映像

陶芸

立体・彫刻

書・墨象

ノンジャンル

美術館デパート
ストリート・アートナビ●新着情報招待券ユーザー感想メールTOP頁

STREET ARTNAVI/ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ/ARTNAVI)
Webコンテンツ制作・発信/Copyright(c) ストリート・アートナビ
NAKATA DESIGN INC. 2017 All Rights Reserved.
●このホームページへのご意見・ご質問は
E-mail : street@artnavi.net/ HPアドレス:http://artnavi.net
※当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。
・このサイト内にある画像等の著作権・肖像権等すべての権利は、
それぞれの権利所有者に帰属します。

●ストリート・アートナビは関西・大阪の美楽なアート情報サイトです。
アート展美術画廊貸しギャラリー案内展覧会案内バナー広告
貸しギャラリー案内広告の制作と掲載
企画制作・掲載/お問合せ:ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ)
展覧会バナー広告