関西・大阪の美楽なアート情報サイト
ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)
■美術館・博物館・デパートの展覧会と個展案内
TOP

個展

画廊

情報

広場

ノンジャンル
Non Catagory
展覧会-1

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG

工芸

写真

陶芸

立体

書

ノンジャンル

美術館
▲クリックで各々のアート展へジャンプ。

■このサイトの展覧会バナー広告のご案内
ギャラリー・画廊案内広告/バナー広告のご案内

アーティストの感性をストリートから世界に発信。

美術画廊・ギャラリー

貸しギャラリー・アートスペース
ギャラリー・キャナル長堀のご案内 Gallery CANAL NAGAHORI

展覧会-1

展覧会-2

展示室-1

展示室-2

展示室-3
- -

--


詳しくは画面をクリック
世界に誇る大阪の遺産
詳しくは画面をクリック

展覧会公式サイト
開館120周年記念特別展覧会
国宝
National Treasures: Masterpieces of Japan
■2017年
103日(火)〜1126日(日)
京都国立博物館
平成知新館 
東山七条
Kyoto National Museum
〒605-0931 京都市東山区茶屋町527
博物館HP→ここから
開館時間:午前9時30分〜午後6時
(金・土曜日は午後8時まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日 ※ただし10月9日(月・祝)は開館、10月10日(火)は休館
主催=京都国立博物館、毎日新聞社、NHK京都放送局、NHKプラネット近畿
◎2017年は、日本の法令上「国宝」の語が初めて使用された「古社寺保存法」制定より120年にあたります。当館開館と軌を一にするこの節目の年に、昭和51年(1976)に「日本国宝展」を開催して以来、実に41年ぶりとなる「国宝展」を開催します。
 古より我々日本人は、外来文化を柔軟に取り入れつつ、独自の美意識によって世界にも類を見ない固有の文化を育んできました。歴史的、芸術的、学術的に特に優れ、稀少である国宝は、何よりも雄弁に我々の歴史や文化を物語る、類い希なる国の宝といえましょう。
 本展覧会では、絵画・書跡・彫刻・工芸・考古の各分野から、歴史と美を兼ね備えた国宝約200件を大きく4期に分けて展示し、わが国の悠久の歴史と美の精華を顕彰いたします。 
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
特別企画展
世界に誇る大阪の遺産
−文楽と朝鮮通信使−
2017年
930日(土)〜1126日(日)
大阪歴史博物館
Osaka Museum of History
大阪市中央区大手前4-1-32
TEL.06-6946-5728
開館時間:午前9時30分〜午後5時
※入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週火曜日
大阪歴史博物館公式HP
大阪歴史博物館アクセスマップ
主催:大阪歴史博物館
共催:駐大阪大韓民国総領事館 韓国文化院(朝鮮通信使)
◎大阪にゆかりの深い文化財は、世界的にみても魅力的で歴史的に意義深いものが少なくありません。そのなかから文楽、朝鮮通信使という二つの文化遺産について、館蔵品を通じて紹介します。
 人形浄瑠璃文楽は、大阪で育まれ、大阪の人々が支えてきた伝統芸能で、太夫
(たゆう)三味線・人形が一体となる総合芸術といわれており、平成20年(2008)にはユネスコ無形文化遺産に登録されました。
 朝鮮通信使は、「朝鮮通信使に関する記録」として次のユネスコ記憶遺産登録に向け現在申請中です。江戸時代に朝鮮から日本を12回訪れ、両国の善隣友好のシンボルといえる朝鮮通信使は大阪にも多くの足跡を残しました。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
平成29年度秋季特別展
海に生きた人びと
−漁撈・塩づくり・交流の考古学−
平成29年(2017年)
107日(土)〜123日(日)
大阪府立弥生文化博物館
TEL.0725-46-2162
E-mail yayoi@kanku-city.or.jp
公式HPは→ここから
開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで) 
休館日:月曜日(ただし10月9日(月祝)は開館)・10月10日(火)
主催:大阪府立弥生文化博物館
◎日本列島では、海を生活の場とする人びと、「海民」が活躍し、歴史を動かす原動力となりました。展示では弥生時代を中心に、縄文時代から古代までの漁撈(漁業)・塩づくりといった海での活動の技術的な変化や 地域的な多様性と、海が結ぶ地域間の交流を出土資料から明らかにします。考古学から海民文化の鮮明な姿を描き出していきます。
展覧会公式HP→ここから
さいとう・たかを ゴルゴ13
展覧会公式サイト
明石藩の幕末維新
展覧会公式サイト
ディズニー・アート展
展覧会公式サイト

連載50周年記念特別展
さいとう・たかを
ゴルゴ13
用件を聞こうか……
会期=2017年
106日(金)〜1127日(月)
会場=大阪文化館・天保山
(海遊館となり)
大阪市港区海岸通1丁目5-10
会期中無休
開館時間=
平日12:00〜20:00、
土・日・祝日10:00〜18:00
(入場は閉館の30分前まで)
観覧料=一般1,500円(1,300円)、大学・高校生1,300円(1,100円)中学・小学生500円(300円)
※小学生未満は無料※カッコ内は20名以上の団体と前売り(10/5まで販売)
主催=読売新聞社、関西テレビ放送
◎孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つ劇画「ゴルゴ13」。本名、国籍、生年月日などすべて不祥ながら、任務遂行の姿勢、名言、信条などは、大勢のファンの心をとらえて離しません。「ビッグコミック」(小学館)での連載開始は1968年11月。総発行部数は2億部を突破、コミック界における連載最長記録を更新し続けています。
連載50年を記念した本展では、初公開となる貴重な原画の数々や、門外不出だったさいとう・プロダクション内“武器庫”のモデルガンを展示するほか、アーマライト体感コーナーやプロダクション再現コーナーも設置、さらに分業によるゴルゴ制作の裏側にも迫ります。ゴルゴの魅力を余すところなく詰め込んだ半世紀の軌跡。会場でお待ちしています。
展覧会公式サイト→ここから
企画展
明石藩の世界」
−明石藩の幕末維新−
2017年
916日(土)〜1022日(日)
明石市立文化博物館
明石市上ノ丸2丁目13番1号
TEL.078-918-5400
月曜日休館(祝日は開館)
観覧時間=9:30〜18:30
(入館は18:00まで)
観覧料=大人200円、大学・高校生150円、中学生以下 無料、
◎20名以上の団体は2割引、◎65歳以上の方、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者福祉手帳の提示の方(介護が必要な場合は介護者も)半額 ◎シニアいきいきパスポート提示で無料
博物館MAP
博物館公式サイト
主催:明石市、明石市立文化博物館、神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター
◎明石藩主松平家および家老黒田家旧蔵の資料を中心に明石藩の姿を描く企画展「明石藩の世界」も、5回目を迎えることとなりました。今回は、明治維新150年を来年に控えたいま、改めて幕末維新の動乱の中に明石藩を位置付ける企画展を開催します。
 平成24年に寄贈された明石藩士黒田家資料は、京・大坂に近く海防の前線に位置した明石藩の幕末維新像を大きく塗り替える可能性を秘めています。
 異国船来航・長州戦争・戊辰戦争そして廃藩置県を経て武士が「失業」する時代へ。めまぐるしく移り変わる動乱の時代を、従順に無難に切り抜けたかに見える明石藩。その内実と藩士や地域社会の奮闘ぶりを、最新の研究成果をふまえてご紹介します。
展覧会公式サイト→ここから
ほら、あのキャラクターが動きだすよ。
ディズニー・アート展
《いのちを吹き込む魔法》
2017年
1014日(土)〜
2018年121日(日)
大阪市立美術館(天王寺公園内)
Osaka City Museum of Fine Arts
大阪市天王寺区茶臼山町1-82
開館時間=9:30〜17:00
(入館は閉館の30分前まで)
休館日/=月曜日(12月25日、1月8日は開館)、 12月28日(木)〜1月2日(火)、1月9日(火)※災害などにより臨時で休館となる場合あり。
お問い合せ=TEL.06-4301-7285
(大阪市総合コールセンター なにわコール 年中無休 8:00〜21:00)
大阪市立美術館公式HP
大阪市立美術館MAP
主催:大阪市立美術館、読売テレビ、読売新聞社
◎ミッキーマウスの誕生から最新作『モアナと伝説の海』まで、ディズニー作品のオリジナル原画とコンセプトアートが日本上陸。約90年にわたるディズニーのイマジネーションとイノベーションの“いのちを吹き込む魔法”が見られるのはここだけ。
 ミッキーマウスの誕生作となった『蒸気船ウィリー』から、『白雪姫』『ピノキオ』『美女と野獣』『アナと雪の女王』、そして最近作『モアナと伝説の海』まで、約90年にわたるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの歴史を紐解く、原画やスケッチ、コンセプト・アートなどの作品約500点が大阪にやってきます!しかもそのほとんどが日本初公開!!
もっと詳しくここから
第69回 正倉院展
展覧会公式サイト
第51回 いけばな大阪展
詳しくは画面をクリック

詳しくは画面をクリック
特別展
第69回 正倉院展
2017年(平成29年)
1028日(土) 〜1113日(月)
奈良国立博物館 東・西新館
Nara National Museum
〒630-8213 
奈良市登大路町50(奈良公園内)
お問い合わせ先:
TEL.050-5542-8600
(NTTハローダイヤル)
博物館公式サイト
開館時間:午前9時〜午後6時
※金曜日、土曜日、日曜日、祝日(10月28日・29日、11月3日・4日・5日・10日・11日・12日)は午後8時まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日:会期中無休
主催:奈良国立博物館
◎本年の正倉院展には、北倉10件、中倉25件、南倉20件、聖語蔵3件の、合わせて58件の宝物が出陳されます。そのうち初出陳を含むものは10件です。正倉院宝物の全貌が概観される内容となっておりますが、仏・菩薩への献物(けんもつ)と考えられる品々を含めた仏具類の充実や、佩飾品(はいしょくひん)や帯などの腰回りを飾った品々が多く出陳される点が特色となっております。また、宮内庁正倉院事務所による最新の整理、調査の成果を反映した宝物が数多く出陳されることも特筆されます。

 天平の息吹を今に伝える正倉院宝物。千年の時を経て、なお燦然と輝く至宝の 数々を、錦秋の奈良でじっくりとご堪能ください。
展覧会公式HPここから
大阪府花道家協会
第51回 いけばな大阪展
2017年
1012日(木)→17日(火)
前期:10月12日(木)→14日(土)後期:10月15日(日)→17日(火)
大丸心斎橋店
北館14階イベントホール
大阪市中央区心斎橋筋1-7-1
TEL.06-6271-1231
入場時間午前10時→午後7時30分(午後8時閉場)
※10月14日(土)は午後2時30分まで(午後 3時閉場)※10月17日(火)は午後3時30分まで(午後4時閉場)
主催:大阪府花道家協会
後援=大阪府・大阪市・大阪府教育委員会・大阪市教育委員会・(公財)関西・大阪21世紀協会・産経新聞社
◎大阪府花道家協会は、「花道を通じ社会文化の昂揚発展に寄与し、会員相互の資質向上と福祉厚生を計る」ことを目的に発足されました。会員は、大阪府在住の諸流派家元及び流代表者並びにその推薦する花道家で構成され、現在57流派が在籍している団体です。

 同協会が主催する「いけばな大阪展」は、発足以来、広く親しまれてきた伝統ある花展です。日本の心の文化である「いけばな」の伝統を継承しながらも現代空間にマッチする新鮮な「いけばな」の創造を目指し、「錦秋」をテーマに各流派出瓶者が各々の手法で表現、その美と技を競い、会場いっぱいに華麗な秋を演出します。
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント

ボストン美術館の至宝展
東西の名品、珠玉のコレクション
2017年1028日(土)〜
2018年24日(日)
神戸市立博物館
KOBE CITY MUSEUM
〒650-0034 
神戸市中央区京町24番地
TEL.078-391-0035
開館時間=9時30分〜17時30分(土曜日は19時まで開館)入館はそれぞれ閉館の30分前まで
休館日=月曜日、2017年12月29日(金)〜 2018年1月1日(月・祝)、1月9日(火)[ただし、1月8日(月・祝)は開館]
博物館公式HP
博物館アクセスMap
主催=神戸市立博物館、朝日新聞社、朝日放送、BS朝日
世界屈指の美の殿堂、ボストン美術館の主要なコレクションからえりすぐった、珠玉の80点を紹介します。同館のコレクションによる展覧会はこれまでも繰り返し開催されてきましたが、幅広い内容を総合的にご覧いただく展覧会は、日本では約40年ぶりとなります。
1876年に開館したボストン美術館は、国や州の財政的援助を受けずにコレクションの拡充を続け、現在は世界有数となる約50万点の作品を所蔵しています。本展は、この素晴らしいコレクションの形成に寄与したコレクターやスポンサーの活動にも光を当てます。
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント
平野甲賀と晶文社展
詳しくは画面をクリック
福を運ぶ 朝鮮王朝のとりたち
展覧会公式サイト
京都dddギャラリー
第214回 企画展
平野甲賀と晶文社展
HIRANO Kouga & SHOBUNSYA Exhibition
■2017年
94日(月)〜1024日(火)
開館時間=11:00〜19:00
(土曜・10月1日(日)は18:00まで)
休館日= 日曜・祝日
※10月1日(日)は、特別開館
入場無料
会場=京都dddギャラリー
ギャラリー公式頁にリンク
〒616-8533
京都市右京区太秦上刑部町10
TEL.075-871-1480
◎平野甲賀は1964年から1992年にわたりおよそ30年間、晶文社の本の装丁を一手に担ってきました。ひとりのデザイナーが一社の装丁をすべて手掛けるのは稀なことで、当時のカウンター・カルチャーの旗手でもあった晶文社のスタイルを作り上げ、出版界に旋風を巻き起こしてきました。
本展では平野甲賀が半世紀かけて7000冊以上手がけた装丁作品の中から晶文社の装丁本を中心に約600冊展示します。
また今春大変好評を博した台湾台中市での展覧作品の描き文字と、もうひとつの活動である舞台やコンサートのちらしやポスターを手直しし、作品上のメモまで書きつけ和紙に刷り出した作品およそ80点もご覧いただけます。
ギャラリーが古書店であるかのように、お客様に装丁本を手に取ってもらえますので、本と出版と時代と装丁家の密月な関係に思いを馳せてみませんか。
もっと詳しく→ここから
を運ぶ
朝鮮王朝のとりたち
Birds Bringing. Good Fortune in Joseon Dynasty
2017年
727日(木)〜125日(火)
高麗美術館
KORYO MUSEUM OF ART
京都市北区紫竹上岸町15
〒603-8108
TEL.075-491-1192
開館時間:午前10時〜午後5時
(入館は午後4時30分まで)
休館日:水曜日(高麗美術館は月曜開館、水曜定休)
観覧料:一般:500円、大高生:400円、中学生以下無料 ※20名以上の団体と65歳以上の方は2割引/障害者手帳ご提示の場合、ご本人様と付添1名まで無料。
高麗美術館MAP
美術館公式サイト
主催:高麗美術館
◎朝鮮王朝時代にはさまざまな種類の鳥が描かれています。絵画や屏風、硯(すずり)、陶磁器には色鮮やかな美しい鳥、静寂の中にたたずむ鳥、そして人々の災いのたねを持ち去る強い鳥も登場します。
 国境もない太古の昔から空を自由に飛び交い、人間の身近にいた鳥は吉祥の意味を持ち、家庭の平和や愛情の象徴として広く愛されてきました。
 朝鮮王朝時代の人々の平和を希求する心情と、美意識にあふれた世界をどうぞご覧ください。
美術館公式HP→ここから

展覧会シーン/2005年〜2010年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

展覧会-1

展覧会-2

展示室-1

展示室-2

展示室-3
- -

▼お好きなジャンルをクリックして下さい。

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG・デザイン

クラフト・工芸

写真・映像

陶芸

立体・彫刻

書・墨象

ノンジャンル
美術館デパート
ストリート・アートナビ●新着情報


▲このページの先頭に戻る

STREET ARTNAVI/ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ/ARTNAVI)
Webコンテンツ制作・発信/Copyright(c) ストリート・アートナビ
NAKATA DESIGN INC. 2017 All Rights Reserved.
●このホームページへのご意見・ご質問は
E-mail :
street@artnavi.net/ HPアドレス:http://artnavi.net
※当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。

●ストリート・アートナビは関西・大阪の美楽なアート情報サイトです。
アート展美術画廊貸しギャラリー案内貸ギャラリー案内広告
企画制作・掲載/お問合せ:ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ)
展覧会バナー広告