関西・大阪の美楽なアート情報サイト
ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)
■美術館・博物館・デパートの展覧会と個展案内
TOP

個展

画廊

情報

広場

ノンジャンル
Non Catagory
展覧会-1

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG

工芸

写真

陶芸

立体

書

ノンジャンル

美術館
▲クリックで各々のアート展へジャンプ。

■このサイトの展覧会バナー広告のご案内
ギャラリー・画廊案内広告/バナー広告のご案内

アーティストの感性をストリートから世界に発信。

美術画廊・ギャラリー

貸しギャラリー・アートスペース
ギャラリー・キャナル長堀のご案内 Gallery CANAL NAGAHORI

展覧会-1

展覧会-2

展示室-1

展示室-2

展示室-3
- -

--

ディズニー・アート展
展覧会公式サイト
特集展示 鴻池研究の現在
展覧会公式サイト

展覧会公式サイト
ほら、あのキャラクターが動きだすよ。
ディズニー・アート展
《いのちを吹き込む魔法》
2017年
1014日(土)〜
2018年121日(日)
大阪市立美術館(天王寺公園内)
Osaka City Museum of Fine Arts
大阪市天王寺区茶臼山町1-82
開館時間=9:30〜17:00
(入館は閉館の30分前まで)
休館日/=月曜日(12月25日、1月8日は開館)、 12月28日(木)〜1月2日(火)、1月9日(火)※災害などにより臨時で休館となる場合あり。
お問い合せ=TEL.06-4301-7285
(大阪市総合コールセンター なにわコール 年中無休 8:00〜21:00)
大阪市立美術館公式HP
大阪市立美術館MAP
主催:大阪市立美術館、読売テレビ、読売新聞社
◎ミッキーマウスの誕生から最新作『モアナと伝説の海』まで、ディズニー作品のオリジナル原画とコンセプトアートが日本上陸。約90年にわたるディズニーのイマジネーションとイノベーションの“いのちを吹き込む魔法”が見られるのはここだけ。
 ミッキーマウスの誕生作となった『蒸気船ウィリー』から、『白雪姫』『ピノキオ』『美女と野獣』『アナと雪の女王』、そして最近作『モアナと伝説の海』まで、約90年にわたるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの歴史を紐解く、原画やスケッチ、コンセプト・アートなどの作品約500点が大阪にやってきます!しかもそのほとんどが日本初公開!!
もっと詳しくここから
第1115 特集展示
鴻池研究の現在
2017年1115日(水)〜
2018年18日(月・祝)
大阪歴史博物館
Osaka Museum of History
大阪市中央区大手前4-1-32
TEL.06-6946-5728
会場:8階 特集展示室
(常設展示場内)
開館時間:9:30〜17:00
※入館は閉館30分前まで)
観覧料:常設展示観覧料でご覧いただけます。
大人600円(540円)、高校生・大学生400円(360円)※( )内は20名以上の団体割引料金 ※中学生以下、大阪市内在住の65歳以上(要証明証提示)の方、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料。
休館日:火曜日および12月28日(木)〜1月4日(木)は休館
主催:大阪歴史博物館
博物館公式HP
◎平成7年(1995)1月に発生した阪神・淡路大震災をきっかけとして、大阪を代表する両替商・鴻池善右衞門家に伝来した590件3,300点を超える資料群が大阪市に寄贈されて20年を迎えました。寄贈品はおもに鴻池家本邸で使用されていた器物や衣装、染織品等の文化財で、今後の散逸や劣化、滅失を避けるために決断されたものでした。
 本展では、大阪歴史博物館が精力的に進めてきた鴻池研究の成果を振り返り、今後の課題を探ります。また近年の鴻池家旧蔵染織品の調査成果を初公開し、その歴史的価値と魅力について紹介し、大阪随一の両替商・鴻池家の歴史と文化について再認識していただくきっかけとします。
◎展示資料数:約50点
展覧会公式サイト→ここから
平成29年度秋季特別展
海に生きた人びと
−漁撈・塩づくり・交流の考古学−
平成29年(2017年)
107日(土)〜123日(日)
大阪府立弥生文化博物館
TEL.0725-46-2162
E-mail yayoi@kanku-city.or.jp
公式HPは→ここから
開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで) 
休館日:月曜日(ただし10月9日(月祝)は開館)・10月10日(火)
主催:大阪府立弥生文化博物館
◎日本列島では、海を生活の場とする人びと、「海民」が活躍し、歴史を動かす原動力となりました。展示では弥生時代を中心に、縄文時代から古代までの漁撈(漁業)・塩づくりといった海での活動の技術的な変化や 地域的な多様性と、海が結ぶ地域間の交流を出土資料から明らかにします。考古学から海民文化の鮮明な姿を描き出していきます。
展覧会公式HP→ここから

詳しくは画面をクリック
明石藩の近世
展覧会公式サイト

展覧会公式サイト

ボストン美術館の至宝展
東西の名品、珠玉のコレクション
2017年1028日(土)〜
2018年24日(日)
神戸市立博物館
KOBE CITY MUSEUM
〒650-0034 
神戸市中央区京町24番地
TEL.078-391-0035
開館時間=9時30分〜17時30分(土曜日は19時まで開館)入館はそれぞれ閉館の30分前まで
休館日=月曜日、2017年12月29日(金)〜 2018年1月1日(月・祝)、1月9日(火)[ただし、1月8日(月・祝)は開館]
博物館公式HP
博物館アクセスMap
主催=神戸市立博物館、朝日新聞社、朝日放送、BS朝日
世界屈指の美の殿堂、ボストン美術館の主要なコレクションからえりすぐった、珠玉の80点を紹介します。同館のコレクションによる展覧会はこれまでも繰り返し開催されてきましたが、幅広い内容を総合的にご覧いただく展覧会は、日本では約40年ぶりとなります。
1876年に開館したボストン美術館は、国や州の財政的援助を受けずにコレクションの拡充を続け、現在は世界有数となる約50万点の作品を所蔵しています。本展は、この素晴らしいコレクションの形成に寄与したコレクターやスポンサーの活動にも光を当てます。
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント
企画展 発掘された明石の歴史展
明石の近世
−明石城築城時の姿−
2017年
113(金・祝)〜1210(日)
明石市立文化博物館
明石市上ノ丸2丁目13番1号
TEL.078-918-5400
月曜日休館
観覧時間=9:30〜18:30
(入館は18:00まで)
観覧料=大人200円、大高生150円、中学生以下 無料、
◎20名以上の団体は2割引、◎65歳以上の方、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者福祉手帳の提示の方(介護が必要な場合は介護者も)半額 ◎シニアいきいきパスポート提示で無料
●関西文化の日11月11日(土)・12日(日)は観覧料無料
博物館MAP
博物館公式サイト
主催:明石市、
明石市立文化博物館
◎「発掘された明石の歴史展」は、市内の遺跡から出土した資料を中心に取上げ、そこから明らかにされた先人たちのくらしぶりを広く知ってもらう機会の一つとして、開催しているものです。今年度のテーマは「明石の近世-明石城築城時の姿-」とし、江戸時代前半の明石市内およびその周辺のようすを紹介します。この時期は、明石城が築城され、城下町が整備されていった時代で、武士や町人の生活の跡が発掘調査によって明らかにされています。
 明石城下の武家屋敷や町屋等からの出土資料で、江戸時代前半の明石の姿を明らかにしていきます。
展覧会公式サイト→ここから
永井一正 ポスター展
KAZUMASA NAGAI
2017年
1112(日)1224(日)
姫路市立美術館
〒670-0012姫路市本町68-25
TEL.079-222-2288
開館時間:10:00〜17:00
(入場は16:30まで)
休館日:月曜日
観覧料:一般 600(400)円/大学・高校生 400(300)円/中学・小学生 200(100)円 ※( )内は前売・20人以上の団体料金
美術館MAP
美術館公式サイト
主催:姫路市立美術館、
神戸新聞社
企画協力:(株)日本デザインセンター
◎グラフィックデザイナー永井一正は言います。
「宇宙の中から奇跡的に地球ができ、微生物が生まれ、そして生き物たちのひとつとして人間が誕生した。そこには何か宇宙の法則、摂理があり、それを『かたち』にしていくこと―それがデザインの仕事である」と。
 1960年には日本デザインセンター創立に参加、常に時代の最前線で数多くの企業や組織・国家事業のロゴ・シンボルマーク、そしてポスターデザインを世に送り出してきました。
 本展では、類まれなポスター芸術の世界を開拓した、永井一正の初期から最新作までのポスター作品500点余りを一堂に展観し、国境や世代を超えて人々に勇気とインスピレーションを与えるその創造の源泉に迫ります。
(美術館HPより転載)
展覧会公式HP→ここから
岡本神草の時代
展覧会公式サイト
ウィム・クロウエル
詳しくは画面をクリック
福を運ぶ 朝鮮王朝のとりたち
展覧会公式サイト
岡本神草の時代
Okamoto Shinso
■2017年
111日(水)〜 1210日(日)
京都国立近代美術館(岡崎公園内)
The National Museum of Modern Art, Kyoto
TEL.075-761-4111
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町
開館時間:午前9時30分 〜 午後5時
ただし金曜、土曜は午後8時まで開館 (入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日
観覧料:当日/前売り/団体(20名以上)夜間割引(金/土曜 午後5時以降)一般1,000/800/800/800円、大学生500/400/400/400円
美術館MAP
主催=京都国立近代美術館
◎京都市立絵画専門学校の卒業制作を、厳選で知られている第1回国画創作協会展に入選させ、新興美人画作家として注目された岡本神草(1894-1933)。昭和に入ってからは、かつてのように官能性を前面に押し出すのではなく、そこはかとなく漂わせるような作風に移り、38歳の若さで亡くなりました。画家にとって初の大規模回顧展となる本展は、数少ない本画を可能な限り集め、素描、下図、資料類100点ほどを加えて画業を紹介するとともに、甲斐庄楠音など同時代に競い合った作家達の作品も展示し、神草芸術の全貌だけでなく、時代性と特異性を知ることのできる展覧会です。 (公式HPより転載)
展覧会公式HP→ここから
京都dddギャラリー
第215回企画展
wim crouwel
ウィム・クロウエル
グリッドに魅せられて
■2017年1214日(木)〜
2018年317日(土)
開館時間=11:00〜19:00
(土曜日、3月4日(日)は18:00まで)
休館日= 日曜・祝日、12月28日(木)〜1月4日(木) ただし3月4日(日)は特別開館
入場無料
会場=京都dddギャラリー
ギャラリー公式頁にリンク
〒616-8533
京都市右京区太秦上刑部町10
TEL.075-871-1480
◎本展はオランダのグラフィックデザイナー、ウィム・クロウエルの業績の全容を伝える日本初の展覧会です。クロウエル(1928年-)は、1952年に展覧会を手掛けるデザイナーとして出発しましたが、アムステルダム市立美術館のグラフィックデザイナー(1963-1984年)としての仕事が最も著名と言えるでしょう。
クロウエルは教育、執筆、そして講演活動も精力的に行いながら、グラフィックデザイナーとして、グリッドを活用した合理的かつシステマティックなデザインを推進していきました。デザイナーとは、広告よりむしろ客観的な姿勢を持ってインフォメーションデザインに取り組むべき、と主張する彼の見解は、新たなパラダイムの形成を後押しし、生き生きとしたデザインの風潮を生み出すことにも貢献しました。
(公式HPより抜粋)
もっと詳しく→ここから
を運ぶ
朝鮮王朝のとりたち
Birds Bringing. Good Fortune in Joseon Dynasty
2017年
727日(木)〜125日(火)
高麗美術館
KORYO MUSEUM OF ART
京都市北区紫竹上岸町15
〒603-8108
TEL.075-491-1192
開館時間:午前10時〜午後5時
(入館は午後4時30分まで)
休館日:水曜日(高麗美術館は月曜開館、水曜定休)
観覧料:一般:500円、大高生:400円、中学生以下無料 ※20名以上の団体と65歳以上の方は2割引/障害者手帳ご提示の場合、ご本人様と付添1名まで無料。
高麗美術館MAP
美術館公式サイト
主催:高麗美術館
◎朝鮮王朝時代にはさまざまな種類の鳥が描かれています。絵画や屏風、硯(すずり)、陶磁器には色鮮やかな美しい鳥、静寂の中にたたずむ鳥、そして人々の災いのたねを持ち去る強い鳥も登場します。
 国境もない太古の昔から空を自由に飛び交い、人間の身近にいた鳥は吉祥の意味を持ち、家庭の平和や愛情の象徴として広く愛されてきました。
 朝鮮王朝時代の人々の平和を希求する心情と、美意識にあふれた世界をどうぞご覧ください。
美術館公式HP→ここから
小杉武久 音楽のピクニック
展覧会公式サイト
第10回 あかり作品展
詳しくは画面をクリック
小杉武久
音楽のピクニック
KOSUGI Takehisa
Ongaku no Pikunikku
2017年129日(土)〜
2018年212日(月・祝)
芦屋市立美術博物館
Ashiya City Museum of Art & History
〒659-0052芦屋市伊勢町12-25
美術博物館MAP
美術博物館公式サイト
TEL:0797-38-5432
休館日:月曜日
(ただし1/8・2/12は開館、1/9は休館)、年末年始(12/28-1/4)
開館時間:10:00-17:00
(入館は16:30まで)
観覧料:一般840円(640円)、大高生500円(400円)、中学生以下無料※( )内は20名以上の団体料金
※高齢者(65歳以上)および身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方ならびにその介護の方は各当日料金の半額。
※同時開催「昔のくらし」展の観覧料も含む
※観覧無料の日:2017年12月24日(日)、2018年1月8日(月・祝)
主催:芦屋市立美術博物館
◎本展では50年代から現在までの300点を超える貴重なアーカイブ資料(記録写真/チラシ/ポスター/プログラムなど)の展示と、これまでに発表されてきたオーディオ・ビジュアル作品の大規模な展示によって、小杉の活動を俯瞰的に捉えることを目指しています。それは決して難解なものではなく、世界的に高い評価を受けてきた小杉の音楽による「ピクニック」とでも形容すべき、きわめて軽やかな「音」による芸術であるといえるでしょう。
 
(案内文から転載)
展覧会公式HP→ここから
Galleryキットハウス 公募展
第10回
あかり作品
大阪会場:
■2017年
122日(土)〜13日(水)
Gallery キットハウス
会場案内頁へリンク
大阪市住吉区長居東3-13-7
TEL/FAX:06-6693-0656
10:00〜20:00
(最終日は17:00まで)
★12/10(日)16:00〜
・審査結果発表 & 交流パーティ
ギャラリーMAP
交通:地下鉄御堂筋線「長居駅」下車4番出口を出、あびこ筋を南に5分。JR阪和線「長居駅下車」徒歩7分
・・・・・・・・・・・・・・・・
京都会場:
■2017年
1215日(金)〜17日(日)
嵯峨・木のこゝろ『風』
会場案内頁へリンク
京都市右京区嵯峨駅釈迦堂門前瀬戸川町4-7
TEL:075-881-6868
13:00〜18:00
(最終日は17:00まで)
ギャラリーMAP
交通:JR嵯峨嵐山駅下車徒歩約7分・京福嵐山駅下車徒歩約9分
もっと詳しくここから

展覧会シーン/2005年〜2010年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

展覧会-1

展覧会-2

展示室-1

展示室-2

展示室-3
- -

▼お好きなジャンルをクリックして下さい。

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG・デザイン

クラフト・工芸

写真・映像

陶芸

立体・彫刻

書・墨象

ノンジャンル
美術館デパート
ストリート・アートナビ●新着情報


▲このページの先頭に戻る

STREET ARTNAVI/ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ/ARTNAVI)
Webコンテンツ制作・発信/Copyright(c) ストリート・アートナビ
NAKATA DESIGN INC. 2017 All Rights Reserved.
●このホームページへのご意見・ご質問は
E-mail :
street@artnavi.net/ HPアドレス:http://artnavi.net
※当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。

●ストリート・アートナビは関西・大阪の美楽なアート情報サイトです。
アート展美術画廊貸しギャラリー案内貸ギャラリー案内広告
企画制作・掲載/お問合せ:ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ)
展覧会バナー広告