関西・大阪の美楽なアート情報サイト
ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)
■美術館・博物館・デパートの展覧会と個展案内
TOP

個展

画廊

情報

広場

ノンジャンル
Non Catagory
展覧会-1

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG

工芸

写真

陶芸

立体

書

ノンジャンル

美術館
▲クリックで各々のアート展へジャンプ。

■このサイトの展覧会バナー広告のご案内
ギャラリー・画廊案内広告/バナー広告のご案内

アーティストの感性をストリートから世界に発信。

美術画廊・ギャラリー

貸しギャラリー・アートスペース
ギャラリー・キャナル長堀のご案内 Gallery CANAL NAGAHORI

展覧会-1

展示室-1

展示室-2
-

--

世紀末ウィーンのグラフィック
展覧会公式サイト
特別展 はにわ大行進
詳しくは画面をクリック
四天王寺新春名宝展
詳しくは画面をクリック
京都国立近代美術館所蔵
世紀末ウィーンの
グラフィック
デザインそして生活の刷新にむけて
2019年
112日(土)〜224日(日)
京都国立近代美術館(岡崎公園内)
The National Museum of Modern Art, Kyoto
TEL.075-761-4111
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町
開館時間=午前9時30分 〜 午後5時
◎ただし金曜日、土曜日は午後8時まで開館 、※入館は各閉館の30分前まで
休館日=毎週月曜日、1月15日(火)、2月12日(火)※ただし1月14日、2月11日(月・休)は開館
美術館MAP
美術館公式サイト
観覧料:一般:1,000円(800円)、大学生:500円(400円)※( )内は20名以上の団体料金/ 夜間割引(金/土曜 午後5時以降)
※高校生・18歳未満は無料。
※心身に障がいのある方と付添者1名は無料。 (入館の際に証明できるものをご提示下さい)。※ 本料金でコレクション展もご覧いただけます。
※2月24日(日)は天皇陛下御在位30年を記念して入館無料です。
主催=京都国立近代美術館、
読売新聞社
◎当館は、2015年に世紀末ウィーンのグラフィック作品コレクションを収蔵しました。このコレクションは、アパレル会社の創業者、平明暘氏が蒐集したものです。1897年の分離派結成から1914年の第一次世界大戦勃発までのウィーンでは、グスタフ・クリムトやヨーゼフ・ホフマンらを中心に、新しい時代にふさわしい芸術そしてデザインのあり方が模索され、数多くの素晴らしい成果が生まれました。中でもグラフィックの分野は、印刷技術の発達や雑誌メディアの隆盛を背景に、新しい芸術の動向を人々に伝え、社会に浸透させる重要な役割を担いました。
 本展では、300件にのぼる膨大なコレクションの全貌を紹介するとともに、同じく平明氏旧蔵のリヒャルト・ルクシュによる石膏彫像と貴重なアドルフ・ロースの家具一式をも加え、世紀末ウィーンの息吹と魅力をお伝えします。
(美術館公式サイトより転載)
もっと詳しくここから
特別展
はにわ大行進
―長原古墳群と長原遺跡―
2019年
126日(土)〜317日(日)
大阪歴史博物館
6階 特別展示室
Osaka Museum of History
大阪市中央区大手前4-1-32
TEL.06-6946-5728
開館時間:午前9時30分〜午後5時
※毎週金曜日は午後8時まで
(※入館は閉館の30分前まで)
休館日:毎週火曜日
大阪歴史博物館公式HP
大阪歴史博物館アクセスマップ
主催:大阪歴史博物館
◎大阪市平野区の南部には、旧石器時代から始まる大複合遺跡である長原遺跡が広がっています。発掘調査は昭和49年(1974年)から始まり、古墳時代には200基を超す規模の長原古墳群や、多彩なモノ作りを行った集落(居住域)のようすが明らかになってきました。本展ではそのような墓葬・生活・生産に注目し、大阪の古墳時代を展観します。(中略)
 百舌鳥・古市古墳群などの大古墳群と同時期に営まれた長原遺跡を通じて、古墳時代の先進地であった大阪の姿をご覧いただきます。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント

平成31年
四天王寺 新春名宝展
Special New Year Exhibition, Treasures of Shitennoji Temple
扇面法華経冊子平安
2019年
11日(火・祝)〜23日(日)
四天王寺宝物館
THE TREASURE HOUSE OF SHITENNOJI TEMPLE
〒543-0051 大阪市天王寺区四天王寺1丁目-11-8 四天王寺内
会場地図
お問い合わせ:
総本山 四天王寺 勧学部 文化財係
TEL.06-6771-0066
FAX.06-6773-4921
8時30分〜16時(※但し、1月21日は8時〜16時30分)
(入館は閉館20分前まで)
休館日:会期中無休
拝観料:大人500円、高校・大学生300円、中学生以下無料
総本山四天王寺公式HP
◎寛弘4年(1007)、「四天王寺縁起」の出現を契機として、四天王寺は聖徳太子信仰・浄土信仰の霊場として確固たる地位を確立し、天皇や貴族をはじめ、高貴な人々が参詣に訪れました。国宝 扇面法華経冊子は、こうした王朝貴族と四天王寺との関わりのなかで奉納されたものと考えられています。本展では、扇面法華経冊子を全会期にわたって公開し(途中展示替えあり)、国宝 懸守(かけまもり)など四天王寺に伝来する平安時代の宝物とともに、その魅力をご紹介いたします。
 また、同時開催として特集陳列「聖徳太子信仰の美術」と題し、寺宝として伝わる太子信仰に関わる宝物を公開いたします。
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント
弥生時代の高地性集落とは
展覧会公式サイト
第122回 特集展示
展覧会公式サイト
組版造形 白井敬尚
詳しくは画面をクリック
平成30年度冬季企画展
弥生時代の高地性集落とは
−大阪における特徴と性質−
2019年
119日(土)〜331日(日)
大阪府立弥生文化博物館
Museum of Yayoi Culture
大阪府和泉市池上町4丁目8-27
TEL.0725-46-2162
博物館MAP
博物館公式サイト
開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで) 
休館日:毎週月曜日
入館料:一般430円 65歳以上・高大生330円 ※中学生以下、障がい者手帳をお持ちのかたとその介助者1名は無料 ※20名以上の団体は団体割引料金
主催:大阪府立弥生文化博物館
◎高台にムラを移した大阪の弥生人たち。その理由は…。

高地性集落は弥生社会をものがたる特殊な遺跡として、これまで注目されてきました。コメ作りに便利な低地を離れ、高台に成立したムラには軍事的な機能が推測され「倭国乱」といった戦乱と結び付ける意見が有力です。
 ただし、年代や出土遺物の分析が進み、また弥生時代の戦いの内容も検討され、「高地性集落」という用語や意味づけの見直しが必要とされています。
本展では大阪府の高地性集落の実態を探り、その性質を考えるとともに、背景として重要な弥生時代の戦いや武器についても取り上げます。
(展覧会案内物より転載)
展覧会公式HP→ここから
第122回 特集展示
森の宮遺跡と
河内地方の縄文土器
2019年(平成31年)
123日(水)〜318日(月)
大阪歴史博物館
Osaka Museum of History
大阪市中央区大手前4-1-32
TEL.06-6946-5728
会場:8階 特集展示室
(常設展示場内)
休館日:火曜日
開館時間:9:30〜17:00
※入館は閉館30分前まで
会期中の金曜日は午後8時まで開館(ただし1月25日を除く
観覧料:常設展示観覧料でご覧いただけます。
大人600円(540円)、高校生・大学生400円(360円)※( )内は20名以上の団体割引料金 ※中学生以下、大阪市内在住の65歳以上(要証明証提示)の方、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料。
主催:大阪歴史博物館
博物館公式HP
◎大阪市中央区に所在する森の宮遺跡は西日本でも最大級の貝塚がある遺跡で、縄文時代中期から古墳時代まで途切れることなく人々の生活が営まれていました。
森の宮遺跡で暮らす人々は、遺跡の西側にある上町台地で獣を狩猟し、東側の河内湾と呼ばれる海で魚介を採集して暮らしていたことがわかっています。同じ頃、河内湾沿岸にはほかにも多くの集落が営まれ、そこに住む人々も集落間で交流を行い、河内湾を生業の場として利用していました。
今回の展示では森の宮遺跡をはじめとする大阪市内の縄文時代遺跡から出土した土器と、大阪歴史博物館が所蔵する河内湾沿岸の縄文時代遺跡出土の土器を展示し、共通する文様から河内湾沿岸で生活していた人々の交流を浮かび上がらせます。
(公式サイトより転載)
◎展示資料数:17遺跡 73件
展覧会公式サイト→ここから
京都dddギャラリー
第219回 企画展
組版造形 白井敬尚
Yoshihisa Shirai
■2019年
112日(土)〜316日(土)
開館時間=11:00〜19:00
(※土曜日と3月10日(日)は18:00まで)
休館日= 日曜・祝日
※特別開館3月10日(日)
入場無料
会場=京都dddギャラリー
ギャラリー公式頁にリンク
〒616-8533
京都市右京区太秦上刑部町10
TEL.075-871-1480
◎ タイポグラフィというデザイン要素の中でも、「紙面に文字組版を配置・構成した空間を含む造形」である「組版造形」。ブックデザインやエディトリアルデザインを中心に活動を続ける白井敬尚による展覧会タイトルでもあります。本展は、美しい装丁の数々をお見せするのと同時に、基本的には墨文字1色の見開きページがずらりと並ぶ、ちょっと異色の展覧会となります。
 本展では白井による実際の仕事とともに、制作にあたって参照された資料なども併せて紹介します。1冊の本を作るのにどれほど目を見開く必要があるのかがうかがい知れると同時に、過去の知識や造形がいかに引用・参照され、形を変えて継承されていくのか、表層だけではない実に奥深い組版造形の世界を、じっくりと堪能できる時間となるに違いありません。
(公式HPより抜粋)
もっと詳しく→ここから
驚異の超絶技巧!
展覧会公式サイト
織部の子・孫と門人たち
展覧会公式サイト
くらしのうつりかわり展
展覧会公式サイト
驚異の超絶技巧!
明治工芸から現代アートへ
Amazing Craftsmanship! From Meiji Kogei to Contemporary Art
2019年
126日(土)414日(日)
あべのハルカス美術館
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F
美術館HP公式サイト
開館時間=火〜金/10:00〜20:00、月土日祝/10:00〜18:00
※入館は閉館30分前まで

休館日=2019年1月28日(月)、2月18日(月)、3月4日(月)、18日(月)
料金=当 日: 一般 1,300円(1,100円)、大学・高校生 900円(700円)、中学・小学生 500円(300円)※( )内は団体料金
主催=あべのハルカス美術館、毎日新聞社、MBS
本物と見まがう野菜や果物、自在に動く動物や昆虫、精緻な装飾や細かなパーツで表現された器やオブジェ…。近年注目の高まる明治工芸と、そのDNAを受け継ぐ現代の作家たちによる超絶技巧の競演をご覧いただきます。人間の手が生み出す奇跡のような技術に加え、洗練された造形センスと機知に富んだ、驚異の美の世界をお楽しみください。(公式サイトより転載)
展覧会公式HP→ここから
平成31年 春季展
織部の子・孫と門人たち
2019年
119日〔土〕〜521日〔火〕
会場:
古田織部美術館
TEL.075-707-1800
〒603-8054
京都市北区上賀茂桜井町107-2 B1
開館時間:9:30〜17:30
(入館は17:10まで)
休館日:会期中無休
入館料:大人500円/大学生・高校生400円 中学生以下300円/未就学児無料/団体(15人以上)100円引
主催:古田織部美術館
美術館アクセスマップ
美術館公式サイト
◎当館が3年前に初めて公開した豊後『古田家譜』。この文書に基づいて周辺史料を紐解いた結果、古田織部の子と孫の実像がわかってきました。今回の展示では、その調査・研究の成果を紹介するとともに多彩な顔ぶれをもつ織部の門人たちにもスポットを当てていきます。肖像画や手紙、茶道具などの展示作品を通して、古田織部が確立した茶の湯「織部流」がどのように後世へ伝わっていったかを感じ取っていただける展示になっております。
展覧会公式HP→ここから
企画展
くらしのうつりかわり展
これ何でできているの?
−素材と技−
2019年
210日(日)〜324日(日)
明石市立文化博物館
Akashi City Museum of Culture
明石市上ノ丸2丁目13番1号
TEL.078-918-5400
開館時間=9:30〜18:30
(入館は18:00まで)
会期中無休
観覧料=大人 200円、大学・高校生 150円、中学生以下無料(※20名以上の団体は2割引)
※65歳以上の方、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の提示の方(介護が必要な場合は介護者も)は半額 ※シニアいきいきパスポート提示で無料。
博物館MAP
博物館公式サイト
主催:明石市立文化博物館
◎今年のくらしのうつりかわり展は「これ何でできているの?―素材と技―」と題して、身近な生活道具の“素材”をテーマにとりあげます。
 かつて生活道具は、植物や動物・土・石など、その多くは山や田畑といった自然の中で採れる素材を使って、職人が作ったり自分で作ったりしました。道具には丈夫で使い勝手を良くするための知恵と工夫がこめられています。
 昭和30(1955)年以降、高度経済成長期になると、機械による大量生産が始まり、大量生産・大量消費社会へと変わっていきました。同時にプラスチックなどの化学素材が普及していきます。
 本展では、自然素材を加工した道具と、化学素材を用いて大量生産された道具を比較することで、高度経済成長期を経てうつりかわる昭和時代の生活風景を振り返ります。
(博物館公式サイトより転載)
美術館公式HP→ここから

展覧会シーン/2005年〜2010年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

展覧会-1

展示室-1

展示室-2
-

▼お好きなジャンルをクリックして下さい。

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG・デザイン

クラフト・工芸

写真・映像

陶芸

立体・彫刻

書・墨象

ノンジャンル
美術館デパート
ストリート・アートナビ●新着情報


▲このページの先頭に戻る

STREET ARTNAVI/ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ/ARTNAVI)
Webコンテンツ制作・発信/Copyright(c) ストリート・アートナビ
NAKATA DESIGN INC. 2018 All Rights Reserved.
●このホームページへのご意見・ご質問は
E-mail :
street@artnavi.net/ HPアドレス:http://artnavi.net
※当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。

●ストリート・アートナビは関西・大阪の美楽なアート情報サイトです。
アート展美術画廊貸しギャラリー案内貸ギャラリー案内広告
企画制作・掲載/お問合せ:ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ)
展覧会バナー広告