関西・大阪の美楽なアート情報サイト
ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)
■美術館・博物館・デパートの展覧会と個展案内
TOP

個展

画廊

情報

広場

ノンジャンル
Non Catagory
展覧会-1

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG

工芸

写真

陶芸

立体

書

ノンジャンル

美術館
▲クリックで各々のアート展へジャンプ。

■このサイトの展覧会バナー広告のご案内
ギャラリー・画廊案内広告/バナー広告のご案内

アーティストの感性をストリートから世界に発信。

美術画廊・ギャラリー

貸しギャラリー・アートスペース
ギャラリー・キャナル長堀のご案内 Gallery CANAL NAGAHORI

展覧会-1

展覧会-2

展示室-1

展示室-2

展示室-3
- -

--

メガ恐竜展2017
詳しくは画面をクリック
魔法の美術館
詳しくは画面をクリック
源信 地獄・極楽への扉
詳しくは画面をクリック
マンダイプレゼンツ
メガ恐竜展2017
−巨大化の謎にせまる−
関西初上陸!
2017年
725日(火)〜93日(日)
休館日なし
会場:大阪南港ATCホール
(大阪市住之江区南港北2-1-10)
ATCホール公式サイト
開場時間:9:30〜16:30
(最終入場は16:00まで)
入場料:一般1,600円(1,300円)
3歳〜中学生900円(700円)
※( )内は前売り並びに20人以上の団体料金
お問合せ:メガ恐竜展2017事務局
06-6615-5556
公式ホームページは
http://mega2017.jp

主催大阪市立自然史博物館、読売新聞社、テレビ大阪、ATC
◎なぜ恐竜は巨大化できたのでしょう。この展覧会では、恐竜のなかでも最も大きく、史上最大の陸上動物とされる「竜脚類(りゅうきゃくるい)」にスポットを当てました。竜脚類は長い首と尾が特徴の植物食恐竜で、全長が30メートルほどにおよぶものもあります。目玉となるのは、スペインで発見されたヨーロッパ最大のトゥリアサウルスです。関西初公開となる復元骨格(半身)は迫力満点です。他にもディプロドクスやカマラサウルスといった竜脚類をはじめ、アロサウルスやステゴサウルス、ティラノサウルスなどの全身復元骨格に加え、生体復元モデル、恐竜ロボットなど約200点を展示します。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント

魔法の美術館
〜見て、ふれて、遊べる体感型アート〜
会期=2017年
715日(土)〜93日(日)
会場=大阪文化館・天保山
(海遊館となり)
大阪市港区海岸通1丁目5-10
休館日=なし
開館時間=10:00〜17:00
(入館は閉館の30分前まで)
主催=産経新聞社、関西テレビ放送
◎体感型アートの作品を紹介するために、もはや一般化された「コンピューター」や「テクノロジー」という要素で説明する必要はなく、「魔法の美術館」でもあえてその言葉は使っておりません。本展は作品を科学的には説明せず、未来のアート作品として表現しております。仕組みや技術的な内容について尋ねられることもございますが、本展は魔法のようなアートの展覧会ですので、お客さま自身が作品の中で体感していただくことが一番の楽しみ方と考えています。
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント
1000年忌特別展
源信 地獄・極楽への扉
Millennial Memorial Exhibition
Imagining the Afterlife ―
Hells and Paradise Envisioned by the Buddhist Prelate GENSHIN
■2017年
715日(土) 〜93日(日)
奈良国立博物館
Nara National Museum
〒630-8213 
奈良市登大路町50(奈良公園内)
お問い合わせ先:
TEL.050-5542-8600
(ハローダイヤル)
博物館公式サイト
開館時間:午前9時30分〜午後6時 ※毎週金・土曜日と8月6日(日)〜15日(火)は午後7時まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日毎週月曜日、7月18日(火)
※ただし7月17日(月・祝)、8月14日(月)は開館
主催:奈良国立博物館、
朝日新聞社、NHK奈良放送局
◎源信は死後阿弥陀如来の来迎を受けて、極楽浄土へ生まれることを願う、浄土信仰を広めた僧として知られます。
 本展では地獄絵を含む六道絵(ろくどうえ)や阿弥陀来迎図(あみだらいごうず)といった源信の影響下で生まれた名品が一堂に会します。死後の世界へのイマジネーションを体感していただくとともに、真摯に死と向き合った名僧の足跡をご紹介いたします。
◎出展作品:約140点(うち国宝約30点、重要文化財約65点)
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント
大相撲と日本刀
詳しくは画面をクリック

詳しくは画面をクリック
京博 すいぞくかん
展覧会公式サイト
特別展
大相撲と日本刀
2017年
78日(土)〜828日(月)
大阪歴史博物館
Osaka Museum of History
大阪市中央区大手前4-1-32
TEL.06-6946-5728
開館時間:午前9時30分〜午後5時(会期中の金曜日は午後8時まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週火曜日
(ただし、8月15日[火]は開館)
大阪歴史博物館公式HP
大阪歴史博物館アクセスマップ
主催:大阪歴史博物館、産経新聞社、サンケイスポーツ、一般社団法人 全日本刀匠会事業部
◎本展は、歴代の名横綱が所持した太刀など、大相撲にゆかりのある日本刀にスポットを当てながら、刀匠の技術や刀剣美に加えて、これまで紹介される機会の少なかった、相撲における刀剣の意味や、横綱の歴史に着目し、相撲文化の新たな一面を知っていただくことを目的とする展覧会です。
 あわせて、横綱の化粧廻しや相撲絵など相撲関係資料を紹介するとともに、大阪歴史博物館が収集してきた大阪相撲に関する資料も展示し、公益財団法人日本相撲協会の源流の一つである大阪ゆかりの相撲集団の歴史についても触れる機会といたします。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
日本・ブータン
外交関係樹立30周年記念
ブータン
しあわせに生きるためのヒント
The Bhutan Exhibition
-A Hint to Happiness-
2017年
71日(土)−93日(日)
兵庫県立美術館
ギャラリー棟 3F

HYOGO PREFECTURAL MUSEUM OF ART
開館時間:10:00〜17:00
※入館は閉館の30 分前まで
休館日:月曜日、7月18日(火)は休館[ただし、7月17日(月・祝)は開館]
主催:関西テレビ放送、東映、神戸新聞社
共催:兵庫県立美術館
TEL.078-262-0901
美術館アクセスマップ
美術館公式サイト
◎本展覧会は、全3章の構成でブータンの人々の暮らしの中に根付く伝統文化や思想に迫ります。第1章「ブータン的生活様式」では、地域毎に独自の織物文化が息づくブータンの色鮮やかな民族衣装や装身具など、ブータンの伝統的な生活をご紹介します。第2章「ブータン仏教と信仰」では、7世紀にチベットから伝来し、ブータン全土に定着した仏教に関する宗教美術などをご紹介します。さらに、第3章「愛されるブータン王室」では、日本でも人気の高いブータン王室のロイヤルコレクションより、王家と王室を彩る華やかな衣装や装飾品を特別展示いたします。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
特集展示 京都水族館連携企画
京博
すいぞくかん
どんなおさかないるのかな?
■2017年
725日(火)〜93日(日)
京都国立博物館 東山七条
平成知新館 2F 1~5
Kyoto National Museum
〒605-0931 京都市東山区茶屋町527
博物館HP→ここから
開館時間:午前9時30分〜午後5時
※ただし会期中の毎週金・土曜日は午後9時まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日
観覧料:一般:520円(410円)、大学生:260円(210円)※高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料。※( )内は20名以上の団体 ※障がい者の方とその介護者各一名の方は無料。※キャンパスメンバーズは、学生証をご提示いただくと、無料となります。
主催:京都国立博物館、京都水族館
◎この夏、収蔵品の中に棲む水のいきものが大集合して、「京都国立博物館」に「すいぞくかん」が現れます!
京都水族館と連携した、京博はじめての子ども向け展示です。人間は魚たちと、どんなふうに関わってきたのでしょう。私たちは水の中にどんな世界を想像してきたのでしょう。
おなじみの魚から伝説の水のいきものまで、たくさんの魚たちが、あなたをお待ちしています。夏休み、家族で一緒に水中の世界を楽しんでみませんか?
展覧会公式HP→ここから
開国への潮流
詳しくは画面をクリック
沖縄の旧石器人と 南島文化
展覧会公式サイト
明石藩の幕末維新
展覧会公式サイト

神戸開港150年記念特別展
開国への潮流
開港前夜の兵庫と神戸
2017年
85日(土)〜924日(日)
神戸市立博物館
KOBE CITY MUSEUM
〒650-0034 
神戸市中央区京町24番地
TEL.078-391-0035
開館時間=10時〜17時
(※入館は閉館の30分前まで)
休館日=毎週月曜日(ただし9月18日は開館)、9月19日(火)
博物館公式HP
博物館アクセスMap
主催=神戸市立博物館、神戸新聞社、NHK神戸放送局
18世紀半ばから19世紀半ばまでの1世紀は、軍事力を伴いつつ「開国」を迫る欧米諸国と対峙しながら、日本が新たな国際関係に歩みを進める模索の時代でもありました。神戸開港は、その集大成の一つといえるでしょう。
 本展では、当時の国際環境や政治・外交に照らしながら、約100件の資料を通じて、開国、そして神戸開港にいたる歴史的潮流をたどります。
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント
平成29年度夏季特別展
大阪府立弥生文化博物館×
沖縄県立博物館・美術館
沖縄の旧石器人と
南島文化
平成29年(2017年)
71(土)918(月・祝)
大阪府立弥生文化博物館
TEL.0725-46-2162
E-mail yayoi@kanku-city.or.jp
公式HPは→ここから
開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで) 
休館日:月曜日(ただし7月17日、9月18日は開館し、翌火曜日休館)
主催:大阪府立弥生文化博物館、
沖縄県立博物館・美術館
共催:読売新聞社
◎本展では沖縄県立博物館・美術館の全面協力を受け、近年新発見が続く琉球列島の旧石器時代を中心に、沖縄の特色ある人類史をテーマとする。展示では人類の起源と進化のあらましからスタートし、 洞穴遺跡から出土した旧石器時代人骨や貝器を中心に、縄文・弥生時代と同時期の貝塚文化や、グスク、王国に至る南島文化を紹介する。加えて、沖縄とは異なる変遷を遂げた大阪の旧石器時代の石器と比較を行い、 日本列島の文化と環境の多様性を浮き彫りにする。
展覧会公式HP→ここから
企画展
明石藩の世界」
−明石藩の幕末維新−
2017年
916日(土)〜1022日(日)
明石市立文化博物館
明石市上ノ丸2丁目13番1号
TEL.078-918-5400
月曜日休館(祝日は開館)
観覧時間=9:30〜18:30
(入館は18:00まで)
観覧料=大人200円、大学・高校生150円、中学生以下 無料、
◎20名以上の団体は2割引、◎65歳以上の方、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者福祉手帳の提示の方(介護が必要な場合は介護者も)半額 ◎シニアいきいきパスポート提示で無料
博物館MAP
博物館公式サイト
主催:明石市、明石市立文化博物館、神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター
◎明石藩主松平家および家老黒田家旧蔵の資料を中心に明石藩の姿を描く企画展「明石藩の世界」も、5回目を迎えることとなりました。今回は、明治維新150年を来年に控えたいま、改めて幕末維新の動乱の中に明石藩を位置付ける企画展を開催します。
 平成24年に寄贈された明石藩士黒田家資料は、京・大坂に近く海防の前線に位置した明石藩の幕末維新像を大きく塗り替える可能性を秘めています。
 異国船来航・長州戦争・戊辰戦争そして廃藩置県を経て武士が「失業」する時代へ。めまぐるしく移り変わる動乱の時代を、従順に無難に切り抜けたかに見える明石藩。その内実と藩士や地域社会の奮闘ぶりを、最新の研究成果をふまえてご紹介します。
展覧会公式サイト→ここから
福を運ぶ 朝鮮王朝のとりたち
展覧会公式サイト

イベント公式サイト
平野甲賀と晶文社展
詳しくは画面をクリック
を運ぶ
朝鮮王朝のとりたち
Birds Bringing. Good Fortune in Joseon Dynasty
2017年
727日(木)〜125日(火)
高麗美術館
KORYO MUSEUM OF ART
京都市北区紫竹上岸町15
〒603-8108
TEL.075-491-1192
開館時間:午前10時〜午後5時
(入館は午後4時30分まで)
休館日:水曜日(高麗美術館は月曜開館、水曜定休)
観覧料:一般:500円、大高生:400円、中学生以下無料 ※20名以上の団体と65歳以上の方は2割引/障害者手帳ご提示の場合、ご本人様と付添1名まで無料。
高麗美術館MAP
美術館公式サイト
主催:高麗美術館
◎朝鮮王朝時代にはさまざまな種類の鳥が描かれています。絵画や屏風、硯(すずり)、陶磁器には色鮮やかな美しい鳥、静寂の中にたたずむ鳥、そして人々の災いのたねを持ち去る強い鳥も登場します。
 国境もない太古の昔から空を自由に飛び交い、人間の身近にいた鳥は吉祥の意味を持ち、家庭の平和や愛情の象徴として広く愛されてきました。
 朝鮮王朝時代の人々の平和を希求する心情と、美意識にあふれた世界をどうぞご覧ください。
美術館公式HP→ここから
THE 迷宮の館〜第4章
大阪最恐ホラーハウス
■2017年
729日(土)〜827日(日)
[会期中無休]
開催時間=11:00−19:00
(最終入場は閉館30分前)
入場料金=一般(中学生以上): ≪当日≫1,000円≪前売り≫900円/こども(小学生以下)≪当日≫ 500円≪前売り≫500円
チケット=発売中
会場=京セラドーム大阪/9階スカイホール
〒550-0023
大阪府大阪市西区千代崎3-中2-1
主催=THE 迷宮の館実行委員会
一般お問合わせ=THE 迷宮の館実行委員会事務局 0570-666-113(10:00〜18:00)
ストーリー
その不気味な館の奥には、古いベルがあるという。 暗い通路を進んで、そのベルを鳴らして戻ってくる。ただそれだけの肝試しだった・・・。

だんだんと深まっていく闇。やがてそれは進むものたちを静かに包み込んでいく。真の闇の中を手さぐりで進むと、やがてほのかな灯りに浮かぶベルが・・・。しかし、そのベルを鳴らすものを、闇の中で何かが狙っている! 悲鳴も凍りつくほどの恐怖にあなたは耐えられるか?

京セラドームが贈る、未体験の本格ホラーアトラクション。
『THE 迷宮の館〜第4章〜大阪最恐ホラーハウス』
公式サイト→ここから
京都dddギャラリー
第214回 企画展
平野甲賀と晶文社展
HIRANO Kouga & SHOBUNSYA Exhibition
■2017年
94日(月)〜1024日(火)
開館時間=11:00〜19:00
(土曜・10月1日(日)は18:00まで)
休館日= 日曜・祝日
※10月1日(日)は、特別開館
入場無料
会場=京都dddギャラリー
ギャラリー公式頁にリンク
〒616-8533
京都市右京区太秦上刑部町10
TEL.075-871-1480
◎平野甲賀は1964年から1992年にわたりおよそ30年間、晶文社の本の装丁を一手に担ってきました。ひとりのデザイナーが一社の装丁をすべて手掛けるのは稀なことで、当時のカウンター・カルチャーの旗手でもあった晶文社のスタイルを作り上げ、出版界に旋風を巻き起こしてきました。
本展では平野甲賀が半世紀かけて7000冊以上手がけた装丁作品の中から晶文社の装丁本を中心に約600冊展示します。
また今春大変好評を博した台湾台中市での展覧作品の描き文字と、もうひとつの活動である舞台やコンサートのちらしやポスターを手直しし、作品上のメモまで書きつけ和紙に刷り出した作品およそ80点もご覧いただけます。
ギャラリーが古書店であるかのように、お客様に装丁本を手に取ってもらえますので、本と出版と時代と装丁家の密月な関係に思いを馳せてみませんか。
もっと詳しく→ここから
TDC 2017(巡回展)
詳しくは画面をクリック
いけばな新進作家展
詳しくは画面をクリック
京都dddギャラリー
第213回 企画展
TDC 2017(巡回展)
■2017年
74日(火)〜822日(火)
開館時間=11:00〜19:00
(土曜・7月23日(日)は18:00まで)
休館日= 日曜・祝日
※7月23日(日)は、特別開館
入場無料
会場=京都dddギャラリー
ギャラリー公式頁にリンク
〒616-8533
京都市右京区太秦上刑部町10
TEL.075-871-1480
◎東京タイプディレクターズクラブが主催する国際アニュアルコンペティション「東京TDC賞2017」の成果をご覧いただく本展では、グランプリをはじめ受賞10作品やノミネート作品など、タイポグラフィを軸にしたグラフィックデザインの優秀作品150点あまりを展覧いたします。受賞者には、TDC賞の作品のセレクションに共感する世界のデザイナーの強者が肩を並べ、TDCの設立30周年を祝うような豪華なラインナップとなりました。
もっと詳しく→ここから
いけばな新進作家展 2017
2017年
831日(木)→95日(火)
【前期】8月31日(木)→9月2日(土)
【後期】9月3日(日)→9月5日(火)
●会期中無休
大丸心斎橋店
北館14階 イベントホール
大阪市中央区心斎橋筋1-7-1
TEL.06-6271-1231
入場時間午前10時→午後7時30分(午後8時閉場)
※9月2日(土)は午後3時30分まで(午後 4時閉場)、9月5日(火)は午後4時30分まで(午後5時閉場)
主催:産経新聞社
◎21世紀のいけばな界を担う若手作家が、流派の枠を超えて集ういけばな総合展。テーマは「水景」で、既存の型に捉われない創造的ないけばなへの期待が込められている。
今年は約20流派100名を超える作家たちが、日ごろの鍛練の成果をいけばな作品に込め、美と技を競い合います。
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント

展覧会シーン/2005年〜2010年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

展覧会-1

展覧会-2

展示室-1

展示室-2

展示室-3
- -

▼お好きなジャンルをクリックして下さい。

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG・デザイン

クラフト・工芸

写真・映像

陶芸

立体・彫刻

書・墨象

ノンジャンル
美術館デパート
ストリート・アートナビ●新着情報


▲このページの先頭に戻る

STREET ARTNAVI/ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ/ARTNAVI)
Webコンテンツ制作・発信/Copyright(c) ストリート・アートナビ
NAKATA DESIGN INC. 2017 All Rights Reserved.
●このホームページへのご意見・ご質問は
E-mail :
street@artnavi.net/ HPアドレス:http://artnavi.net
※当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。

●ストリート・アートナビは関西・大阪の美楽なアート情報サイトです。
アート展美術画廊貸しギャラリー案内貸ギャラリー案内広告
企画制作・掲載/お問合せ:ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ)
展覧会バナー広告