関西・大阪の美楽なアート情報サイト
ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)
美術館・博物館・デパートの展覧会と個展案内
TOP

個展

画廊

情報

広場
写真・映像
ジャンル
写真・映像
Photographs
展覧会-1

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG

工芸

写真

陶芸

立体

書

ノンジャンル

美術館
▲クリックで各々のアート展へジャンプ。

このサイトの展覧会バナー広告のご案内
ギャラリー・画廊案内広告/バナー広告のご案内

アーティストの感性をストリートから世界に発信。

美術画廊・ギャラリー

貸しギャラリー・アートスペース

展覧会-1

展覧会-2

展示室-1

展示室-2

-

-

-


石内都展
展覧会公式サイト
鷹野隆大 毎日写真1999-2021
展覧会公式サイト
写真展「MJ」
展覧会公式サイト
石内 都 展
ISHIUCHI MIYAKO
見える見えない、写真のゆくえ
Seen and Unseen - Tracing Photography
会期=2021年
43日(土)〜725日(日)
西宮市大谷記念美術館
Otani Memorial Art Museum, Nishinomiya City
TEL.0798-33-0164
〒662-0952 西宮市中浜町4-38
開館時間=10:00〜17:00
(入館は16:30まで)
休館日= 水曜日
(5月5日は開館、5月6日(木)は休館)
主催:西宮市大谷記念美術館
後援:西宮市、西宮市教育委員会
入館料=一般1,000(800)円、高大生600(400)円、小中生400(200)円
※( )内は前売料金(税込価格)
※西宮市内在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書呈示)※ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料 ※心身に障害のある方及び介助者1 名は無料(要手帳等呈示)
美術館MAP
美術館公式サイト
◎日本を代表する写真家、石内都の個展を開催します。(中略)
 1977年、石内は自身が幼少期から青春時代までを過ごした横須賀の街を撮った<絶唱、横須賀ストーリー> を初個展で発表しました。1979年に<APARTMENT>で木村伊兵衛賞を受賞すると一躍世間の注目を集めます。以後、石内は赤線跡の建物、身体にのこる傷跡、母親の下着や口紅といった遺品などを撮ることで、目には見えない「時間」を写真に写し込む試みを続けてきました。独自の世界観を築いてきた石内の写真は、やがて国内外で高く評価されるようになり、2005年にヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表作家として選出されました。2014年には写真の世界で偉大な業績を残した者に授与されるハッセルブラッド国際写真賞を受賞します。(中略)
 本展では初期作の<連夜の街>(ヴィンテージプリント)をはじめ、代表的なシリーズの原爆による被爆者の遺品を写した<ひろしま>、フリーダ・カーロの遺品を被写体とした<Frida by Ishiuchi><Frida Love and Pain>を展示します。それに加え、これまで発表機会の少なかった薔薇やサボテンを撮ったシリーズ、国内では初公開の<Moving Away>、そして新作<The Drowned>を展示することで、石内の写真の新たな一面をご紹介します。
(美術館公式サイトより転載)
展覧会公式HP→ここから
鷹野隆大
毎日写真1999-2021
2021年
629(火)〜923(木・祝)
国立国際美術館(大阪・中之島)
THE NATIONAL MUSEUM OF ART. OSAKA
大阪市北区中之島4-2-55
休館日:月曜日
(ただし、8月9日(月・休)、9月20日(月・祝)は開館し、8月10日(火)は休館)
開館時間:9:00─17:00
(金曜・土曜は21:00まで)
(入場は閉館の30分前まで)
観覧料:一般1,200円(1,000円) 大学生700円(600円)
※( )内は20名以上の団体および夜間割引料金(金曜・土曜の17:00―21:00)
※高校生以下・18歳未満無料(要証明)・心身に障がいのある方とその付添者1名無料(要証明)
美術館公式サイト
主催国立国際美術館
、朝日新聞社
◎女か男か、ホモセクシャルかヘテロセクシャルか、といった人間の性にまつわる二項対立のはざまにある、曖昧なものの可視化を試みた写真集『IN MY ROOM』(2005年刊行)によって木村伊兵衛写真賞を受賞した鷹野隆大(1963-)は、ジェンダーやセクシャリティをテーマとする写真家として、一般に認知されています。
 他方、1998年から毎日欠かさず写真を撮ることを自分に課して、様々な実験的撮影を試み、制度化された眼差しや、写真という媒体の特性とその限界について、考察を重ねてきました。鷹野はそのプロジェクトを「毎日写真」と名付けて、実践し続けています。
 美術館における初の大規模な個展となる本展は、鷹野の芸術活動の根幹を成すその「毎日写真」を主軸としながら、ジェンダー・セクシャリティ系の出世作や、日本特有の無秩序な街並みの写真「カスババ」、定点観測的な「東京タワー」、東日本大震災が契機となり近年注力する影の作品など、約130点を時系列に展示します。 世代屈指の写真家・鷹野隆大の思索の変遷を顧みて、その実像に迫ります。
(美術館公式サイトより転載)
展覧会公式HP→ここから
写真展「MJ」
〜ステージ・オブ・マイケル・ジャクソン〜
■2021年
710日(土)〜95日(日)
[会期中無休]
美術館「えき」KYOTO
[京都駅ビル内・ジェイアール京都伊勢丹7階隣接]
美術館公式ホームページ
TEL.075-352-1111(大代表)
開館時間=10:00〜19:30
※入館締切:閉館30分前
※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
入館料(税込)=一般900円(700円) 高・大学生700円(500円) 小・中学生500円(300円)
※( )内は前売料金。「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまは、当日料金より各200円割引。
主催=美術館「えき」KYOTO、
京都新聞
協力=富士フイルム株式会社
◎「史上最も成功したエンターテイナー」として語り継がれている、世界的に人気を誇るアーティスト、マイケル・ジャクソン(1958−2009)。
 亡くなった今もなお多くのファンを魅了し続けるマイケル・ジャクソンは、アメリカ合衆国インディアナ州の大家族のもとに誕生し、1969年、5人組兄弟グループ「ジャクソン5」の最年少リード・シンガーとしてデビューするやいなや、大ヒットを連発し、たちまちスーパースターの座につきました。ソロ・アーティストとして1982年に発表したアルバム《スリラー》は全米チャート37週連続1位という偉業を達成。ダンスパフォーマンスや演出家としての才能も発揮し、世界中のファンを熱狂させました。
 本展では、ソウルの名門レーベル「モータウン」からデビューしたジャクソン5、ジャクソンズ時代、そしてソロでの活躍、生涯でたった3度だけのソロ・ワールド・ツアーのパフォーマンス等、100点を超える写真を展覧します。彼の音楽と共に、展覧会をお楽しみください。監修:西寺郷太
(美術館公式HPより転載)
展覧会公式HP→ここから
亀井 良・亀井紀彦 親子展
詳しくは画面をクリック
パトリス・ボワトー写真展
詳しくは画面をクリック
ART ∞
詳しくは画面をクリック
景色と花
亀井 良
(油彩画とカシュー)
亀井紀彦
(創作写真)
親子展
KAMEI Ryo/KAMEI Norihiko
Exhibition
■2016年(平成28年)
1117日(木)〜22日(火)
※終了しました。
茶屋町画廊
大阪市北区茶屋町8-11
NU茶屋町プラス1F

TEL.
06-6374-0356
AM11:00〜PM7:00
(最終日 PM4:00)
入場無料
ギャラリーMAP
阪急「茶屋町口」より徒歩約3分
「受け継がれる…花遊びの世界」
父・亀井 良の今展のモチーフはフランス南東部の地中海沿岸(コート ダジュール)にある柿色の落ち着いた瓦屋根の村々の風景。 そしてその旅先の印象的な情景を色と線と面でシンプルに構成し表現した作品。 息子・亀井紀彦は、通常の花を分解して新たな見たことのない花を作り写真作品として見せます。二人の新たな試みを是非ご覧ください。
もっと詳しくここから

パトリス・ボワトー写真展
−ルドーを待ちながら−
EN ATTENDANT LUDO
PATRICE BOITEAU SOLO PHOTO EXHIBITION
■2019年
76日(土)・7日(日)
※終了しました。
土曜 12:00〜19:00
 日曜 12:00〜17:00
ギャラリーびー玉
Gallery BI-DAMS
ギャラリー案内頁にリンク
大阪市北区紅梅町2-6
昭和ビル206号
大阪メトロ谷町線・堺筋線「南森町駅」3番出口より徒歩約2分、JR東西線「大阪天満宮駅(地下)」から大阪メトロ各線3番出口へ。
公式サイト
ギャラリーMAP
TEL:06-6881-2818
もっと詳しくここから
全国からアーティスト集合
ART
参加アーティスト:41名
■2017年
320日(月祝)〜26日(日)
※終了しました。
開廊時間:13:00〜18:00
※最終日は12:00〜15:00迄
Gallery キャナル長堀
ギャラリー案内頁にリンク
大阪市中央区東心斎橋1-11-14
TEL/FAX.06-6251-6198
ギャラリーMAP
入場無料
◎絵画/イラスト/写真/陶芸/木彫 他
もっと詳しくここから

クリックで詳細
アートスペース
わなか

Art Space WANAKA
案内頁にリンク
■大阪市中央区千日前2-4-13
tel.06-6646-3158(開催時のみ)
■AM11:00〜PM7:00
最終日はPM5:00まで)
■近鉄・地下鉄(堺筋線/千日前線)日本橋駅下車5番出口徒歩2分
ギャラリーMAP

クリックで詳細
アートスペース
わなか

Art Space WANAKA
案内頁にリンク
■大阪市中央区千日前2-4-13
tel.06-6646-3158(開催時のみ)
■AM11:00〜PM7:00
最終日はPM5:00まで)
■近鉄・地下鉄(堺筋線/千日前線)日本橋駅下車5番出口徒歩2分
ギャラリーMAP

クリックで詳細
アートスペース
わなか

Art Space WANAKA
案内頁にリンク
■大阪市中央区千日前2-4-13
tel.06-6646-3158(開催時のみ)
■AM11:00〜PM7:00
最終日はPM5:00まで)
■近鉄・地下鉄(堺筋線/千日前線)日本橋駅下車5番出口徒歩2分
ギャラリーMAP
第5回
写結人
(しゃゆうと)写真展
出品者:10名
■2019年
82日(金)〜7日(水)
※終了しました。
もっと詳しくここから
アート集団 MIXED
第4回 Mixed 展
〜私のライフワーク〜
出品者:6名
■2019年
823日(金)〜27日(火)
※終了しました。
◎写真・絵・カルトナージュ etc
◎ハンドメイド雑貨などの販売もいたします。掘り出し物が見つかるかも…
もっと詳しくここから
第34回 楽遊写展
出品者:10名
■2019年
95日(木)〜12日(木)
※終了しました。
◎オープニングスピーチ
9月5日(木)18:00
『古墳よもやま話』山田 幸弘 氏
もっと詳しくここから

詳しくは
画面をクリック
Gallery
キャナル長堀

会場案内頁とリンク
大阪市中央区東心斎橋1-11-14
TEL.06-6251-6198
■大阪メトロ御堂筋線 心斎橋駅、堺筋線・長堀鶴見緑地線 長堀橋駅
■クリスタ長堀南6番出口前
■開廊時間:
11:00〜19:00
最終日は17:00迄
ギャラリーMAP

クリックで詳細
アトリエ苺小屋
ICHIGOYA

■神戸市中央区山手通2-13-10
聯合ビル503号室
■TEL.078-958-6465
■各線三宮駅より徒歩約8分、元町駅より徒歩約5分
■11:00〜19:00
(最終日は17:00PM迄)
●金曜日は休み
会場MAP
公式サイト

クリックで詳細
Gallery Kit House
ギャラリーキットハウス
会場案内頁とリンク
■大阪市住吉区長居町東3-13-7
TEL.06-6693-0656
■10:00〜19:00
最終日は17:00迄
■木曜休廊
■大阪メトロ御堂筋線「長居駅」4号出口から徒歩5分。
JR阪和線「長居駅」から徒歩7分
ギャラリーMAP
『上司と部下』写真展
飛形 久志 & 寺西 希実子
TOBIGATA Hisashi &
TERANISHI Kimiko
■2018年
421日(土)〜26日(木)
※終了しました。
◎大学のキャンパスで出会った二人、これは奇跡か運のつき!?「今」を心おきなく生き「明日」に向かって突進する。「デキナイ上司」と「デキル部下」二人の「私」探しのファーストストーリーが今、は・じ・ま・る。
もっと詳しくここから
谷中 亜紀
−気になるもの−
TANINAKA Aki Exhibition
■2020年
112日(日)〜22日(水)
※終了しました。
もっと詳しく→ここから
管野千代子 写真展
「福島県 飯舘村のくらし」
KANNO Chiyoko Photo Exhibition
■2018年
525日(金)〜30日(水)
※終了しました。
もっと詳しく→ここから

詳しくは
画面をクリック
Gallery
キャナル長堀

会場案内頁とリンク
大阪市中央区東心斎橋1-11-14
TEL.06-6251-6198
■大阪メトロ御堂筋線 心斎橋駅、堺筋線・長堀鶴見緑地線 長堀橋駅
■クリスタ長堀南6番出口前
■開廊時間:
13:00〜19:00
ギャラリーMAP

クリックで詳細
ギャラリー
会場案内頁とリンク
大阪市北区西天満4-9-2西天満ビル1F
■TEL.06-6314-0907
■昼12:00〜17:00
■JR大阪駅・各線梅田駅より徒歩約10分、大阪メトロ、京阪「淀屋橋駅」より徒歩約8分。
ギャラリーMAP
世界一周写真展
Travel Around The World
■2019年
119日(土)〜10日(日)
※終了しました。
もっと詳しくここから
第5回 四季の花 写真展
梅本 弘
■2018年
521日(月)〜25日(金)
※終了しました。
◎花や植物の写真を撮るようになって10数年が経ちました。2年ぶり5回目の個展を開催させていただきます。
もっと詳しく→ここから

展覧会シーン/STREET ARTNAVI
展覧会シーン/2005年〜2010年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

ストリート・アートナビ取材/展覧会シーン/アート館ネット
展覧会シーン/1999年〜2005年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

展覧会-1

展覧会-2

展示室-1

展示室-2

-

-

-

▼アート展案内/下のお好きなジャンルをクリックして下さい。

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG・デザイン

クラフト・工芸

写真・映像

陶芸

立体・彫刻

書・墨彩

ノンジャンル

美術館デパート
ストリート・アートナビ新着情報 招待券 TOP頁

このページの先頭に戻る

-

■関西・大阪の総合アート情報サイト
STREET ARTNAVE/ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ/ARTNAVI)
Webコンテンツ制作・発信/Copyright(c) ストリート・アートナビ
NAKATA DESIGN INC. 1999-2020 All Rights Reserved.
●このホームページへのご意見・ご質問は
E-mail : street@artnavi.net/ HPアドレス:http://artnavi.net
※当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。

●ストリート・アートナビは関西・大阪の美楽なアート情報サイトです。
アート展美術画廊貸しギャラリー案内展覧会案内バナー広告
貸しギャラリー案内広告の制作と掲載

企画制作・掲載/お問合せ:ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)
展覧会バナー広告