関西・大阪の美楽なアート情報サイト
ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)
■美術館・博物館・デパートの展覧会と個展案内
TOP

個展

画廊

情報

広場

Museum
美術館
博物館
デパート

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG

工芸

写真

陶芸

立体

書

ノンジャンル

美術館
▲クリックで各々のアート展へジャンプ。

アーティストの感性をストリートから世界に発信。

美術画廊・ギャラリー

貸しギャラリー・アートスペース

美術館1

美術館2

デパート

展覧会-1

展覧会-2

展覧会-3

展示室-1

展示室-2

展示室-3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

展示室-7

展示室-8

展示室-9

展示室-10

クラーナハ展
詳しくは画面をクリック
木×仏像(きとぶつぞう)
詳しくは画面をクリック
ハンガリーの名窯 ヘレンド
詳しくは画面をクリック
クラーナハ展 500年後の誘惑
LUCAS CRANACH
THE ELDER
500 Years of the Power of Temptation
2017年
128日(土)〜416日(日)
国立国際美術館(大阪・中之島)
THE NATIONAL MUSEUM OF ART. OSAKA
大阪市北区中之島4-2-55
休館日/月曜日(ただし3 /20(月・祝)は開館し翌日(3 /21)は休館)
開館時間/10:00〜17:00、金曜日は19:00まで (入場は閉館の30分前まで)
美術館公式サイト
主催/ 国立国際美術館、ウィーン美術史美術館、TBS、MBS、朝日新聞社
◎ドイツ・ルネサンスを代表する画家、ルカス・クラーナハ( 父、1472 -1553 年)は、特異なエロティ シズムで女性を描く画家として知られています。日本においてクラーナハといえば、とりわけ歴史の 教科書に載る、マルティン・ルターの肖像画が有名でしょう。しかしこれまで、この画家の展覧会が 日本で開催されたことはありませんでした。
「クラーナハ展─ 500 年後の誘惑」は、そんなクラーナハの全貌を、当時の社会背景にも目を配 りつつ紹介する日本で初めての機会となります。オーストリア、ドイツ、オランダ、ハンガリー、イタリ ア、スペイン、イギリス、アメリカ、台湾、日本と、世界中から集められた作品およそ100 点で構成 される、史上最大規模のクラーナハ展です。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
特別展
木×仏像(きとぶつぞう)
−飛鳥仏から円空へ
日本の木彫仏1000年
2017年(平成29年)
48日(土)〜64日(日)
大阪市立美術館(天王寺公園内)
Osaka City Museum of Fine Arts
大阪市天王寺区茶臼山町1-82
開館時間=午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日/=月曜日(ただし、5月1日は開館)※災害などにより臨時で休館となる場合あり。
お問い合せ=TEL.06-4301-7285
(大阪市総合コールセンター なにわコール 年中無休 8:00〜21:00)
大阪市立美術館公式HP
大阪市立美術館MAP
主催:大阪市立美術館、産経新聞社
◎この春、大阪市立美術館では木を彫って造った仏像、木彫仏をテーマとした特別展を開催いたします。日本では古くから樹木に親しみ、祈りをささげ、そして仏像の用材としてきました。本展では、日本列島に仏教が伝来した飛鳥時代から江戸時代にいたる木彫仏1000年の歴史を、その素材である「木」に注目しながらたどります。
 時に木の種類にこだわり、あるいは由緒ある材を選んで造られた仏像の数々、展覧会を通じてその秘められた理由の一端を探ります。展覧会に初めてお目見えする仏像や、知られざる大阪の仏像を含む約70体の木彫仏が並ぶ会場はまさに壮観。お見逃しなく。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント

特別展
ハンガリーの名窯
ヘレンド
2017年
48日(土)〜730日(日)
大阪市立東洋陶磁美術館
THE MUSEUM OF ORIENTAL CERAMICS, OSAKA
問い合わせ:
電話:06-6223-0055
美術館公式サイト
〒530-0005 大阪市北区中之島1-1-26
開館時間:午前9時30分〜午後5時 
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(5月1日、7月17日は開館)、7月18日(火)
主催:大阪市立東洋陶磁美術館、
読売新聞社、美術館連絡協議会
日本と中国に魅了されたヨーロッパ磁器。ヘレンド窯は、東洋磁器に学んだ独自の様式を生み出して毎回の万国博覧会で受賞をし、高い評価を保ち続けます。時流が大量生産へと向かう19世紀末、手作業にこだわり常に最高のものを目指したヘレンド磁器は、ヨーロッパの多くの王侯貴族に愛され、名実共にハンガリー芸術を代表する存在となり、今日に至っています。
本展では、ブダペスト国立工芸美術館、ヘレンド磁器美術館、ハンガリー国立博物館などが所蔵する約230点の作品により、ヘレンド窯190年の歴史とその魅力をご紹介します。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
新宮 晋の宇宙船
詳しくは画面をクリック
遥かなるルネサンス
詳しくは画面をクリック
特別展 快慶
詳しくは画面をクリック
風と水の彫刻家
新宮 晋の宇宙船
SPACESHIP
Susumu Shingu
2017年
318日(土)−57日(日)
兵庫県立美術館
HYOGO PREFECTURAL MUSEUM OF ART
開館時間:午前10 時〜午後6 時(金・土曜日は午後8時まで)
入場は閉館30 分前まで
休館日:月曜日(3月20日[月・祝]は開館、翌3月21日[火]休館
主催:兵庫県立美術館、神戸新聞社
TEL.078-262-0901
美術館公式サイト
◎本展では、自然に恵まれた地球を「奇跡の星」と考える新宮が、展覧会の空間全体をひとつの「宇宙船」と捉え、新作を中心とする約 18点を出品します。安藤忠雄による建築空間とのコラボレーションが見所のひとつとなるでしょう。さらに、これまで各地で開催されてきたプロジェクトの映像や、子どもたちに人気の絵本、彫刻の模型、自然の力で自立する未来の村「ブリージング・アース」のプランなどを加え、 新宮の世界を総合的に紹介します。風や水の力により複雑で心地よい 動きを見せる作品を通して、地球の力を感じ、自然が持つ魅力に改めて目を向けるきっかけとなれば幸いです。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント

特別展
遥かなるルネサンス
天正遣欧少年使節が
たどったイタリア
2017年
422(土)〜717(月・祝)
神戸市立博物館
KOBE CITY MUSEUM
〒650-0034 
神戸市中央区京町24番地
TEL.078-391-0035
開館時間=午前9時30分〜午後5時30分(土曜日は午後7時まで)入館は閉館の30分前まで
休館日=月曜日(7月17日[月・祝]は開館)
博物館公式HP
博物館アクセスMap
主催=神戸市立博物館、神戸新聞社、MBS、朝日新聞社
16世紀、キリスト教の世界布教にともない宣教師が日本にもやってきます。イエズス会士ヴァリニャーノは、日本における布教をさらに深めるために、日本人信徒をヨーロッパに派遣します。後世に名高い「天正遣欧少年使節」です。使節に選ばれた伊東マンショら4人の少年たちは、1582年に長崎からイタリアに向けて旅立ち、ローマで教皇グレゴリウス13世に謁見、訪問する各地で手厚いもてなしを受けました。
本展では、天正遣欧少年使節が訪れたイタリア各地の都市の芸術を紹介し、彼らの足跡をたどります。ブロンズィーノやティントレットの絵画作品を始め、タピスリー、陶器、ガラスなどの工芸品や書簡資料など、約70件の資料が当時のヨーロッパを追体験させてくれることでしょう。
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント
特別展 快慶
日本人を魅了した仏のかたち
Special Exhibition
The Buddhist Master Sculptor Kaikei: Timeless Beauty from the Kamakura Period
■2017年
48日(土) 〜64日(日)
奈良国立博物館
Nara National Museum
〒630-8213 
奈良市登大路町50(奈良公園内)
お問い合わせ先:
TEL.050-5542-8600
(ハローダイヤル)
博物館公式サイト
開館時間:午前9時30分〜午後5時 ※毎週金・土曜日は午後7時まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日
※ただし5月1日(月)は開館
主催:奈良国立博物館、
読売新聞社、読売テレビ
◎本展は、快慶の代表的な作品を一堂に集めて、わが国の仏教美術史上に残した偉大な足跡をたどる試みです。さらに、快慶作品の成立と密接に関わる絵画や、高僧たちとの交渉を伝える史料をあわせて展示することにより、いまだ多くの謎に包まれた快慶の実像に迫ります。本展を通じて、多彩な快慶作品の魅力を堪能していただくとともに、現代を生きる我々の共感をいまもなお呼び起こし、仏の規範とされつづける快慶芸術の本質について考える機会となれば幸いです。
◎出陳品 88件(うち国宝7件、重要文化財50件)
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント

詳しくは画面をクリック

詳しくは画面をクリック
いつだって猫展
詳しくは画面をクリック
県美プレミアム
収蔵品によるテーマ展
Out of Real
「リアル」からの創造/脱却
2017年
41日(土)−625日(日)
展示替有、
前期:4月1日〜5月14日
後期:5月16日〜6月25日
兵庫県立美術館
HYOGO PREFECTURAL MUSEUM OF ART
開館時間:午前10 時〜午後6 時
(特別展開催中の金・土曜日は午後8時まで)
※入場は閉館30 分前まで
休館日:月曜日
主催:兵庫県立美術館
TEL.078-262-0901
美術館アクセスマップ
美術館公式サイト
◎本展は「リアル」の多様な意味内容を、「繋・関」、「変・語」、「転・現」、「虚・成」、「生・実」、「望・迫」という展覧会ならではの6つの造語を通して考えます。そして、「アウト・オブ」という「基にする・由来する」と「超える・離れる」という二重の意味を「リアル」に掛け合わせることによって、「〈リアル〉を基点としつつ、超越する」という二重の意味こそが美術作品、作家の制作の本質ではないかと改めて問いかけ、美術や人間の創造力の魅力に迫ります。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
開館120周年記念特別展覧会
海北友松 (かいほうゆうしょう)
KAIHO YUSHO
■2017年
411日(火)〜521日(日)
京都国立博物館
平成知新館 
東山七条
Kyoto National Museum
〒605-0931 京都市東山区茶屋町527
博物館HP→ここから
開館時間:午前9時30分〜午後6時
※ただし会期中の毎週金・土曜日は午後8時まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日
主催=京都国立博物館、毎日新聞社、NHK京都放送局、NHKプラネット近畿
◎海北友松(1533〜1615)は狩野永徳や長谷川等伯と並び称される桃山画壇の巨匠です。近江浅井家の家臣の家に生まれた彼は、若年を東福寺で過ごしましたが、主家や兄が信長に滅ぼされるに及び、還俗して狩野派の門を敲き、画の道に進んだと伝えられています。いま遺る作品のほとんどは狩野派から独立して以後の晩年期(60歳以降)のものですが、鋭い筆遣いが駆使された気迫溢れる水墨画や詩情豊かな大和絵金碧画などは、ほかの誰の作とも似ていない、まさに友松ならではのものといえましょう。
最晩年まで絵筆を握り続け、83歳でその生涯を終えた桃山最後の巨匠の世界を、心ゆくまでご堪能ください。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
いつだって猫展
Special Exhibition
"Yes, We love cats any time !"
2017年(平成29年)
429(土・祝)〜611(日)
京都文化博物館
4階・3階展示室
THE MUSEUM OF KYOTO
TEL.075-222-0888
〒604-8183 京都市中京区三条高倉
開室時間:10:00〜18:00
※金曜日は19:30まで開室
(入場は閉室の30分前まで)
休館日:月曜日
(5月1日は臨時開館)
美術館MAP
博物館公式HP
主催:京都府、京都文化博物館、読売テレビ
◎本展覧会では、特に猫をモチーフとした浮世絵や招き猫の世界を中心に、人々を熱狂させた古き良き「猫ブーム」の諸相をご紹介します。猫にまつわる江戸時代人の物語やイメージは楽しいもの、可愛らしいもの、妖しいもの、怖いものなど様々です。その背景には、猫が人々にもたらした生活の恩恵と苦闘、猫とともに歩んだ昔の人々の生き方と歴史が様々に込められています。家庭の愛玩猫に野良猫、書物や浮世絵に表される自由奔放な色々の猫の姿には、思わず笑みがこぼれます。
本展をご覧いただくことで、猫好きの方々はもちろん、そうではない方も、愛らしい江戸猫のとりこになるはずです。
(博物館公式HPより転載)
展覧会公式サイトここから
ベルギー奇想の系譜展
詳しくは画面をクリック
特別展 渡来人いずこより
詳しくは画面をクリック
なにわの町人天文学者・間重富
展覧会公式サイト
特別展
ベルギー奇想の系譜展
Fantastic Art in Belgium
−ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで−
2017年
520日(土)−79日(日)
兵庫県立美術館
HYOGO PREFECTURAL MUSEUM OF ART
開館時間:午前10 時〜午後6 時(金・土曜日は午後8時まで)
入場は閉館30 分前まで
休館日:月曜日
主催:兵庫県立美術館、毎日新聞社、朝日放送、神戸新聞社
TEL.078-262-0901
美術館公式サイト
美術館アクセスマップ
◎本展では、ベルギーに生まれた奇想の表現を、15、16 世紀のフランドル絵画から現代のコンテンポラリー・アートまで国内外のコレクションによって紹介します。ヒエロニムス・ボスやブリューゲルに始まり、ジェームズ・アンソール、ルネ・マグリットらの時代を経て、そして現代のヤン・ファーブルや若手の作家に至る、およそ500 年の「奇想」の系譜をたどります。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
特別展
渡来人いずこより
2017年
426日(水)〜612日(月)
大阪歴史博物館
Osaka Museum of History
大阪市中央区大手前4-1-32
TEL.06-6946-5728
開館時間:午前9時30分〜午後5時(会期中の金曜日は午後8時まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週火曜日
(ただし、5月2日[火]は開館)
大阪歴史博物館公式HP
大阪歴史博物館アクセスマップ
主催:大阪歴史博物館
◎日本列島と朝鮮半島との間の交流は古くからあり、朝鮮半島の文化は日本文化の形成にも多くの影響を与えました。その文化を伝える役目を果たしたのは「渡来人(とらいじん)」と呼ばれる人たちで、その足あとは朝鮮半島系の文物からたどることができます。
 本展では、近畿地方やその周辺地域で出土した朝鮮半島に関係する資料で展示を構成しながら、渡来人の「出身地」にスポットを当てて、考古学の最新成果を生かした展示を通じて、当時の具体的な交流像をビジュアルに描きます。展示では中央を介さないような交流など、近代国家の枠組みでは想像できないような多様な交流の歴史が存在することを伝え、あらた めて両地域の文化への関心を高め、友好を深めることにつなげたいと思います 。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
第112回 特集展示
重要文化財指定記念
なにわの町人天文学者
間重富
HAZAMA SHIGETOMI
2017年(平成29年)
426日(水)〜 619日(月)
大阪歴史博物館
Osaka Museum of History
大阪市中央区大手前4-1-32
TEL.06-6946-5728
会場:8階 特集展示室
(常設展示場内)
開館時間:9:30〜17:00
※入館は閉館の30分前まで)
※会期中の金曜日は午後8時まで開館
(ただし、6月16日を除く)
観覧料常設展示観覧料でご覧いただけます
休館日:火曜日
(ただし5月2日[火]は開館)
主催:大阪歴史博物館
博物館公式HP
博物館アクセスマップ
◎間重富(はざましげとみ)(1756−1816)は、大坂で家業の質屋を営むかたわら、江戸幕府の御用測量をつとめた町人天文学者として知られています。大阪歴史博物館では、間家の後継に当たる羽間平安(はざまへいあん)氏から間重富に関する資料(羽間文庫)の寄贈を受け、コレクションの維持・公開につとめてきました。
本展では、重要文化財指定を受けた資料を中心に、間重富と間家の足跡をたどる品々約30点を公開します。この機会に、なにわの町人学者の活躍を通して、江戸時代の大坂で培われた高度な科学技術・知識に触れていただければ幸いです。
◎展示資料数:約30点
展覧会公式サイト→ここから

展覧会公式サイト

展覧会公式サイト
戦後ドイツの映画ポスター
POSTWAR GERMAN POSTERS FOR FILMS
■2017年
419日(水)〜 611日(日)
京都国立近代美術館
(岡崎公園内)
The National Museum of Modern Art, Kyoto
TEL.075-761-4111
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町
開館時間:午前9時30分 〜 午後5時
(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日
美術館MAP
美術館公式サイト
主催=京都国立近代美術館、東京国立近代美術館フィルムセンター
◎第二次世界大戦の終結後、政治的対立により東西二つに分断されたドイツは、1990年に統一されるまでの間、冷戦の最前線にあって映画界も別々の道を歩むことになりました。西ドイツでは映画製作が息を吹き返すとともにアメリカや西欧の他の国々の映画が盛んに輸入され、東ドイツでは国営会社DEFAによって独自の社会主義的な映画文化が生まれました。
 本展では、1950年代後半から1990年までに制作された85点(西ドイツ45点+東ドイツ40点)の映画ポスターを通じて、"鉄のカーテン"の両側で花開いた二つのグラフィズムを紹介します。
(公式HPより転載)
展覧会公式HP→ここから
書の源流企画展
榊莫山(さかきばくざん)紫舟(ししゅう)のシンフォニー(交響)
■2017年
415日(土)〜723日(日)
奈良県立美術館
NARA PREFECTURAL MUSEUM OF ART
TEL.0742-23-3968
〒630-8213 奈良市登大路町10-6
美術館MAP
美術館公式サイト
開館時間:9:00−17:00
(入館は16:30まで)
休館日:月曜日
※5月1日(月曜日)は開館
※奈良の音楽祭「ムジークフェストなら2017」(6月10日−25日) 期間中の月曜日(6月12日・19日)は開館
※7月17日(月・祝)開館、7月18日(火曜日)休館
観覧料:当日 一般:400円(300円)、大高生:250円(200円)、中小生:150円(100円)
※( )内は20名以上の団体
※次の方は無料でご観覧いただけます。
・65歳以上の方
・身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助の方1名
・外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイドの方
・教職員に引率された奈良県内の小・中・高校及びこれに準ずる学校の児童・生徒
・毎週土曜日は、奈良県内・県外を問わず小・中・高校及びこれに準ずる学校の児童・生徒
主催:奈良県立美術館、
産経新聞社
◎大和の仏像や自然との深い交流を創作へ結びつけた榊莫山(1926-2010)と、奈良の伝統工芸から学んだ美意識を 基に世界で活躍する紫舟。奈良とゆかりが深い書家二人の独創的な芸術世界を紹介します。
美術館公式HPここから

展覧会シーン/取材:ストリート・アートナビ
展覧会シーン/2005年〜2010年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

美術館1

美術館2

デパート

展覧会-1

展覧会-2

展覧会-3

展示室-1

展示室-2

展示室-3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

展示室-7

展示室-8

展示室-9

展示室-10

NEXT

お好きなジャンルをクリックして下さい。

絵画

現代美術

版画

イラスト

CGアート

クラフト・工芸

写真・映像

陶芸

立体・彫刻

書・墨象

ノンジャンル

美術館デパート
ストリート・アートナビ●新着情報招待券ユーザー感想メールTOP頁

※近畿の美術館・博物館リンクとストリート・アートナビの展覧会情報
大阪市立美術館 大阪市立近代美術館
(仮称)心斎橋展示室
国立国際美術館 大阪 大阪府立
弥生文化博物館
大阪府立
近つ飛鳥博物館
大阪歴史博物館 国立民族学博物館 大阪市立
東洋陶磁美術館
大阪市立
自然史博物館
堺市博物館 大阪文化館・天保山
(海遊館となり)
-
- - - -
京都市美術館 京都国立近代美術館 京都国立博物館 京都文化博物館
細見美術館 みやこめっせ - -
- - - -
兵庫県立美術館 兵庫陶芸美術館 神戸市立博物館 姫路市立美術館
明石市立文化博物館 神戸市立
小磯記念美術館
神戸ゆかりの美術館 神戸ファッション
美術館
西宮市
大谷記念美術館
伊丹市立美術館 芦屋市立美術博物館 -
MIHO MUSEUM
(ミホ・ミュージアム)
滋賀県立近代美術館 滋賀県立陶芸の森 -
奈良国立博物館 奈良県立美術館 奈良県立万葉文化館 入江泰吉記念
奈良市写真美術館
松伯美術館 - - -
和歌山県立近代美術館 徳島県立近代美術館 高知県立美術館 三重県立美術館
島根県立美術館 - - -

STREET ARTNAVI/ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ/ARTNAVI)
Webコンテンツ制作・発信/Copyright(c) ストリート・アートナビ
NAKATA DESIGN INC. 2016 All Rights Reserved.
●このホームページへのご意見・ご質問は
E-mail : street@artnavi.net/ HPアドレス:http://artnavi.net
※当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。

●ストリート・アートナビは関西・大阪の美楽なアート情報サイトです。
アート展美術画廊貸しギャラリー案内展覧会案内バナー広告
貸しギャラリー案内広告の制作と掲載
企画制作・掲載/お問合せ:ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ)
展覧会バナー広告