関西・大阪の美楽なアート情報サイト
ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)
■美術館・博物館・デパートの展覧会と個展案内
TOP

個展

画廊

情報

広場

Museum
美術館
博物館
デパート

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG

工芸

写真

陶芸

立体

書

ノンジャンル

美術館
▲クリックで各々のアート展へジャンプ。

アーティストの感性をストリートから世界に発信。

美術画廊・ギャラリー

貸しギャラリー・アートスペース
ギャラリー谷崎「お薦め作品」

美術館1

美術館2

デパート

展覧会-1

展覧会-2

展示室-1

展示室-2

展示室-3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

展示室-7

展示室-8

展示室-9

特別展「フェルメール展」
展覧会公式サイト
特別展「文房四宝」
展覧会公式サイト
不思議の国のアリス展
詳しくは画面をクリック
特別展
フェルメール展
VERMEER
Making the Difference:
Vermeer and Dutch Art
2019年
216日(土)〜512日(日)
大阪市立美術館(天王寺公園内)
Osaka City Museum of Fine Arts
大阪市天王寺区茶臼山町1-82
開館時間:9:30〜17:00
(入館は16:30まで)
休館日:2月18日(月)、25日(月)、3月4日(月)、11日(月)、18日(月)
※3月19日(火)〜5月12日(日)は、無休で開館します。(3月25日以降の休館日は無し)
※災害などにより臨時で休館となる場合があります。
入館料:一般1,800円 (1,600円)、高校生・大学生1,500円(1,300円)※( )内は20名以上の団体料金
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む) は無料 (要証明)
※大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金が必要。
お問い合せ:TEL.06-4301-7285
(大阪市総合コールセンター なにわコール 年中無休 8:00〜21:00)
大阪市立美術館MAP
美術館公式サイト
主催:大阪市立美術館、産経新聞社、関西テレビ放送、博報堂DYメディアパートナーズ
◎静謐な作風と、特徴的な光の表現で知られ、世界中を魅了する17世紀オランダの画家、フェルメール。本展では、そのフェルメールの作品を、同時代のオランダ絵画とともに紹介します。現存するフェルメール作品は35点ともいわれていますが、本展では日本初公開となる「取り持ち女」など6点が集結。約60万人を集めた2000年の大阪市立美術館での「フェルメールとその時代」展の5点を上回り、西日本では過去最大規模のフェルメール展となります。
 中でも「取り持ち女」は、宗教画から風俗画への転換期に当たる重要な作品で、画面の左端に描かれた男性はフェルメールの自画像であるという説が有力です。「光の画家」の知られざる顔を、お楽しみください。
(公式サイトより転載)
展覧会公式HP→ここから

特別展
文房四宝
清閑なる時を求めて
Four Treasures of the Study
2019年
46日(土)〜630日(日)
大阪市立東洋陶磁美術館
THE MUSEUM OF ORIENTAL CERAMICS, OSAKA
問い合わせ:
電話:06-6223-0055
美術館公式サイト
〒530-0005 大阪市北区中之島1-1-26
開館時間:午前9時30分〜午後5時  (入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)休館
主催:大阪市立東洋陶磁美術館、
NHKプラネット近畿、毎日新聞社
◎文人とは武人に対する名称であり、皇帝も含めた高級官僚であることを基本とし、知性をもって政治を行う教養と仁徳を兼ね備えた人々を指しました。文人は、書・文学・音楽・芸術のみならず、治山治水にも秀でていなくてはなりませんでした。これら多岐にわたる知識体験を得るため「万巻の書を読み、万里の道を旅する」ことが必要とされました。文房は、唐時代に読書の部屋、書斎を指すようになり、これら文人の修練の場でもあったのです。この文房に備えられた大切な道具として挙げられるのが、筆・墨・硯・紙の「文房四宝」です。そのほかにも文房具には、印材・筆架・筆筒・水滴・玉など様々な道具があり、これらは文房の主人の知性の高さを示し、研ぎ澄まされた美意識によって、選び抜かれたものでした。
 今回は、日本有数の文房具コレクションを中心に、中国の文人を魅了し続けた文房四宝の世界を、中国は明時代から清時代の文房具約150点をもって紹介します。
(公式サイトより転載)
展覧会公式サイトここから
「不思議の国のアリス展」
神戸展
2019年
316日(土)〜526日(日)
兵庫県立美術館
ギャラリー棟3F
HYOGO PREFECTURAL MUSEUM OF ART
開館時間:午前10 時〜午後5 時
※最終入場は、午後4時30分まで
休館日:月曜日(5月7日は休館。ただし、4月29日、5月6日は開館。)
TEL.ハローダイヤル
050-5541-8600
(全日 8:00〜22:00)
美術館公式サイト
美術館アクセスマップ
主催:関西テレビ放送、読売新聞社、東映
共催:兵庫県立美術館
◎イギリスの作家、ルイス・キャロルの名作「不思議の国のアリス」は誕生から約150年を迎え、すでに170もの言語に翻訳され、初版から毎年途切れることなく出版され続けている世界的ベス トセラーとなっています。少女アリスが迷い込む不思議な世界とキャラクターは、今もなお、国や地 域、年齢を問わず多くの人を魅了し続けています。
 本展は「不思議の国のアリス」の原点や、現代に至るまで、様々な分野に影響を与え続けるこの 物語の魅力を、日本初公開を含む貴重な作品と共に紹介致します。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
国宝 一遍聖絵と時宗の名宝
詳しくは画面をクリック
国宝の殿堂 藤田美術館展
展覧会公式サイト
「没後 130年 河鍋暁斎」展
詳しくは画面をクリック
特別展
時宗二祖上人七百年御遠忌記念
国宝 一遍聖絵(ひじりえ)
時宗の名宝
Priest Shinkyo 700th Memorial Special Exhibition
ART OF THE JI SHU
■2019年
413日(土)〜69日(日)
前期:
4月13日(土)〜 5月12日(日)
後期:
5月14日(火)〜 6月9日(日)
※会期中、一部の作品は上記以外にも展示替を行います。
京都国立博物館 東山七条
平成知新館
Kyoto National Museum
〒605-0931 京都市東山区茶屋町527
博物館HP→ここから
開館時間:9:30〜18:00
(金・土曜日は20:00まで)
(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(ただし4月29日と5月6日は開館)、5月7日(火)
観覧料:一般 1,500円(1,300円)、大学生 1,200円(1,000円)、高校生 900円(700円)
※( )内は20名以上の団体料金。
※中学生以下は無料です。
※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料になります。*身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
※大学生・高校生の方は学生証をご提示ください。
主催=京都国立博物館、朝日新聞社、時宗、時宗総本山清浄光寺(遊行寺)
◎踊り念仏で知られる時宗は、宗祖一遍が鎌倉時代に開いた宗派です。この時宗を教団として整備し、大きく発展させたのが二祖の真教でした。
本展は、2019年に真教の700年遠忌を迎えることを記念して開催します。 なかでも日本を代表する絵巻であり、中世の歴史を語るうえでも重要な作品が 全国各地を遍歴した一遍の生涯を描いた国宝《一遍聖絵》です。関西では17年ぶりに全12巻を公開します。

もっと詳しくここから
招待券プレゼント
特別展
国宝の殿堂
藤田美術館展
曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき
2019年
413日(土)〜69日(日)
奈良国立博物館
東新館・西新館
Nara National Museum
〒630-8213 
奈良市登大路町50(奈良公園内)
博物館公式サイト
博物館マップ
開館時間:9:30〜17:00
※毎週金曜日は19:00まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日、5月7日(火)
※ただし4月29日(月・祝)、5月6日(月・振休)は開館
観覧料:一般:1,500円(1,300円)、高校・大学生:1,000円(800円)、小・中学生:500円(300円)※( )内は20名以上の団体料金。
※ 障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。
※この料金で、名品展(なら仏像館・青銅器館)もご覧になれます。
主催:奈良国立博物館、朝日新聞社、NHK奈良放送局、NHKプラネット近畿
◎大阪市の中心部にある藤田美術館は、国宝9件、重要文化財53件を含む世界屈指の日本・東洋美術のコレクションを所蔵する美術館です。明治期に活躍した実業家・藤田傳三郎(ふじたでんざぶろう)(1841〜1912)とその息子平太郎、徳次郎兄弟の二代3人によって収集された美術工芸品を公開するため、昭和29年(1954)に開館しました。
  世界に三碗しか存在しないと言われる国宝「曜変天目茶碗」をはじめ「玄奘三蔵絵」「両部大経感得図」「仏功徳蒔絵経箱」などの仏教美術を中心に、館外初公開を含む多彩なコレクションを紹介します。  膨大な私財を投じて、近代以降散逸の危機にあった文化財を収集し、国宝の殿堂と呼ぶにふさわしいコレクションを築いた藤田傳三郎らの功績にも光を当てていきます。
(博物館公式サイトより転載)
展覧会公式HP→ここから
特別展
没後130河鍋暁斎」
2019年
46日(土)〜519日(日)
前期展示:
4月6日[土]−4月29日[月・祝]
後期展示:
4月30日[火・休]−5月19日[日]
兵庫県立美術館
HYOGO PREFECTURAL MUSEUM OF ART
開館時間:午前10時〜午後6時
(金・土曜日は午後8時まで)
※入場は閉館30分前まで
休館日:月曜日、および 5月7日[火] (ただし 4月29日[月・祝]、5月6日[月・休]は開館)
TEL.078-262-0901
美術館公式サイト
美術館アクセスマップ
主催:兵庫県立美術館、毎日新聞社、朝日放送テレビ、神戸新聞社
◎幕末から明治前年にかけて活躍した河鍋暁斎(1831-1889)は幅広い画業で知られています。歌川国芳に学び、狩野派にも入門して絵画を学んだ暁斎は、当時の様々な人との交流のなかで、多様な作品世界を展開しました。彼らとの親交のなかで暁斎は時代 の状況を敏感に感じ取り、時に体制批判の精神を培い、また一方で日本的な自然・人間観、身体観、死生観といっ たテーマを独自の視線で掘り下げながら、無数の作品群を作り上げました。
 同展は、暁斎が描いた屏風、掛軸、絵馬、引き幕といった多彩な作品群、そして暁斎が手がけた錦絵、挿絵、工芸品、さらには河鍋暁斎記念美術館に所蔵されている下絵や写生、あわせておよそ200点を展示します。鬼才・河鍋暁斎の魅力と才能の全貌に迫るまたとない機会です。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
なにわ人物誌 三好木屑
展覧会公式サイト
子ども/おもちゃの博覧会
展覧会公式サイト
ヨルク・シュマイサー 終わりなき旅
展覧会公式サイト
第123 特集展示
なにわ人物誌 三好木屑
MIYOSHI MOKUSHOU
2019年(平成31年)
320日(水)〜56日(月・振休)
大阪歴史博物館
Osaka Museum of History
大阪市中央区大手前4-1-32
TEL.06-6946-5728
会場:8階 特集展示室
(常設展示場内)
休館日:火曜日
(ただし、4月30日(火)は開館)
開館時間:9:30〜17:00
※入館は閉館30分前まで
観覧料:常設展示観覧料でご覧いただけます。
大人600円(540円)、高校生・大学生400円(360円)
※( )内は20名以上の団体割引料金 ※中学生以下、大阪市内在住の65歳以上(要証明証提示)の方、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料。
主催:大阪歴史博物館
博物館公式HP
◎三好木屑(弥次兵衞(やじべえ)、1874〜1942)は、祖父の代から三代にわたり活動した大阪の指物師(さしものし)で、也二(やじ)、知孫(ちそん)の号でも知られます。二十代の頃には茶道具の収集で知られた豪商・千草屋(ちくさや)へ通い、同家が所有する茶道具の棚を詳細に調査して自身の指物製作に活かしました。また千草屋の当主であった平瀬露香(ひらせろこう)(1839〜1908)の薫陶を受けて、茶道・煎茶・書画・和歌・漢詩・俳句など幅広く芸道の修養を積みました。
本展は、昭和戦前期までの大阪を舞台に活躍した指物師・三好木屑の歩みを振り返る初めての展覧会です。
展示資料数:約50点(予定)
(公式サイトより部分転載)
展覧会公式サイト→ここから
特別展
子ども/おもちゃの博覧会
TOYS EXPO−CHILDREN IN MODERN JAPAN
2019年
321日(木・祝)〜528日(火)
国立民族学博物館 特別展示館
National Museum of Ethnology
大阪府吹田市千里万博公園10番1号
TEL.06-6876-2151(代)
博物館MAP
博物館公式サイト
開館時間:10:00−17:00
(入館は16:30まで) 
休館日:水曜日
(ただし、5月1日(水・祝)は開館)
入館料:一般420円(350円) 高校・大学生250円(200円)  中学生以下無料 ※( )は、20名以上の団体料金、※障がい者手帳をお持ちの方は、付添者1名とともに、無料で観覧できます。※毎週土曜日は、高校生は無料で観覧できます。
みんぱく無料シャトルバス
会期中の土・日・祝に、みんぱく無料シャトルバスを大阪モノレール「万博記念公園駅」とみんぱくの間で運行します。
……………………………
運休日:平日、4月27日(土)〜5月1日(水・祝) ※平日は運行していません。
主催:国立民族学博物館
◎日本の社会は、明治の海外からの技 術や知識の伝来や、国家による軍隊や学校などの制度の施行、昭和の第二次世界大戦の敗戦などによって大きな変化をこうむり、その時々の子どものありようや人びとの子ども観に影響を与 えました。展示では、江戸時代から戦後のさまざまな玩具をつうじ、子どもや子どもをめぐる社会の変遷とその意味を探ります。(博物館公式サイトより転載)
展覧会公式HP→ここから
特別展
ヨルク・シュマイサー
終わりなき旅
■2019年
413日(土)〜62日(日)
奈良県立美術館
NARA PREFECTURAL MUSEUM OF ART
TEL.0742-23-3968
〒630-8213 奈良市登大路町10-6
美術館MAP
開館時間:9:00〜17:00
(入館は16:30まで)
休館日:月曜日 ※4月29日(月・祝)・5月6日(月)は開館
テレホンサービス:
0742-23-1700
美術館公式HPここから
美術館MAPここから
観覧料:一般/800(600)円、大・高生/600(400)円、中・小生/400(200)円
※( )内は団体料金(20人以上)
※外国人観光客・留学生観覧無料
Admission is free for foreign visitors and international students.
主催:奈良県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
◎ヨルク・シュマイサー(1942-2012)は世界を舞台に活躍した銅版画家です。ドイツに生まれハンブルクに学び、京都に留学、のちにはキャンベラに移り住みオーストラリアの版画教育に尽力しました。「旅する版画家」と称されるように、中東、アジア、そして南極へと世界各地を訪ね、出会った風景や事物を銅版画に刻みました。(中略)
 作品とその人柄で出会った人々を魅了し続けた画家は、2012 年6 月、病のため惜しまれながら70 歳で世を去りました。逝去後、初めて開催される本格的なこの回顧展では生涯のテーマ「変化」を軸に、国内外のコレクションより出品される、初期から晩年までの代表作約180 点でヨルク・シュマイサーの軌跡をたどります。
(公式HPから部分転載)
展覧会公式HP→ここから
新収品お披露目展
展覧会公式サイト
美を競う 肉筆浮世絵の世界
展覧会公式サイト
陶工・河井寛次郎
展覧会公式サイト
第124回 特集展示
新収品お披露目展
2019年
58日(水)〜78日(月)
大阪歴史博物館
Osaka Museum of History
大阪市中央区大手前4-1-32
TEL.06-6946-5728
会場:8階 特集展示室
(常設展示場内)
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)
開館時間:9:30〜17:00
※入館は閉館30分前まで
観覧料:常設展示観覧料でご覧いただけます。
大人600円(540円)、高校生・大学生400円(360円)※( )内は20名以上の団体割引料金 ※中学生以下、大阪市内在住の65歳以上(要証明証提示)の方、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料。
大阪歴史博物館公式HP
大阪歴史博物館アクセスマップ
主催:大阪歴史博物館
◎大阪歴史博物館では開館以来、郷土大阪を中心とする地域の歴史と文化について広く市民に紹介し、理解を深めることを事業運営の基本方針としています。この基本方針に沿った資料の収集は博物館活動の根幹でもあり、当館では毎年、市民の皆様からご寄贈いただいたさまざまな資料を保管し、研究や展示等に活用を図っています。
今回の展示では、近年新たに館蔵品となった数多くのご寄贈品から未公開のものを中心に、約15件をご紹介いたします。
(公式サイトより転載)
◎展示資料数:約15件
展覧会公式サイト→ここから
美を競う
肉筆浮世絵の世界
2019年
427日(土)〜69日(日)
京都文化博物館
4・3階展示室
THE MUSEUM OF KYOTO
TEL.075-222-0888
〒604-8183 京都市中京区三条高倉
開室時間:10:00〜18:00
※金曜日は19:30まで
(入室はそれぞれ30分前まで)
休館日:5月7日(火)・13日(月)・20日(月)・27日(月)、6月3日(月)
入場料金:一般1,300円(1,100円)、大高生1,000円(800円)、中小生500円(300円)、
※未就学児は無料。(要保護者同伴)
※( )内は前売券及び20名以上の団体料金
※上記料金で総合展示とフィルムシアターもご覧いただけます。
美術館MAP
博物館公式HP
主催:京都府、京都文化博物館、産経新聞社、関西テレビ放送
◎鮮やかな色彩で摺られた版画のイメージが強い浮世絵ですが、肉筆画は量産される錦絵の版画と違い、浮世絵師が絹本・紙本に直接描く一点物。
本展では貴重な肉筆画を、美人画を中心に約110点を展示。絵師の手によって華麗な衣装の文様まで精緻に描かれた、濃密で、優美な浮世絵の世界を楽しむことができます。国内でも有数の肉筆浮世絵コレクションを擁する、岐阜県高山市の光ミュージアム所蔵の珠玉の名品は今まで一挙公開される機会がなかったため、本展が初の大規模公開となります。
(博物館公式HPより転載)
展覧会公式サイトここから
京都新聞創刊140年記念
川勝コレクション 鐘溪窯
陶工・河井寛次郎
Potter Kawai Kanjiro: Works from the Kawakatsu Collection
2019年
426日(金)〜62日(日)
京都国立近代美術館(岡崎公園内)
The National Museum of Modern Art, Kyoto
TEL.075-761-4111
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町
開館時間=9:30 〜17:00
◎ただし金曜日、土曜日は20:00まで開館 、※入館は各閉館の30分前まで
休館日=毎週月曜日、5月7日(火)
※ただし4月29日、5月6日(月・祝)は開館
美術館MAP
美術館公式サイト
観覧料:一般:1,300円(1,100円)、大学生:900円(700円)、高校生:500円(300円)※( )内は20名以上の団体料金。※ 中学生以下は無料。
※ 心身に障がいのある方と付添者1名は無料。(入館の際に証明できるものをご提示下さい)。※本料金でコレクション展もご覧いただけます。
主催=京都国立近代美術館、
京都新聞社
特別協力=河井寛次郎記念館
◎京都国立近代美術館は、近代日本を代表する陶工・河井寛次郎作品(川勝コレクション)を所蔵しています。計425点にも上る川勝コレクションは、質、量ともに最も充実したパブリック・コレクションで、初期から最晩年にいたるまでの河井の代表的な陶芸作品を網羅した河井芸術の全貌を物語る「年代作品字引」となっています。
本展では、川勝コレクションの中から河井寛次郎作品の名品約250点を一堂に展示すると共に、当館所蔵の河井と交遊関係のあった濱田庄司、バーナード・リーチ、富本憲吉らの作品を併せて紹介します。
(美術館公式サイトより転載)
もっと詳しくここから

展覧会シーン/取材:ストリート・アートナビ
展覧会シーン/2005年〜2010年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

美術館1

美術館2

デパート

展覧会-1

展覧会-2

展示室-1

展示室-2

展示室-3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

展示室-7

展示室-8

展示室-9

NEXT

お好きなジャンルをクリックして下さい。

絵画

現代美術

版画

イラスト

CGアート

クラフト・工芸

写真・映像

陶芸

立体・彫刻

書・墨象

ノンジャンル

美術館デパート
ストリート・アートナビ●新着情報招待券ユーザー感想メールTOP頁

※近畿の美術館・博物館リンクとストリート・アートナビの展覧会情報
大阪市立美術館 大阪市立近代美術館
(仮称)心斎橋展示室
国立国際美術館 大阪 大阪府立
弥生文化博物館
大阪府立
近つ飛鳥博物館
大阪歴史博物館 国立民族学博物館 大阪市立
東洋陶磁美術館
大阪市立
自然史博物館
堺市博物館 大阪文化館・天保山
(海遊館となり)
-
- - - -
京都市美術館 京都国立近代美術館 京都国立博物館 京都文化博物館
細見美術館 みやこめっせ 美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹) -
- - - -
兵庫県立美術館 兵庫陶芸美術館 神戸市立博物館 姫路市立美術館
明石市立文化博物館 神戸市立
小磯記念美術館
神戸ゆかりの美術館 神戸ファッション
美術館
西宮市
大谷記念美術館
伊丹市立美術館 芦屋市立美術博物館 -
MIHO MUSEUM
(ミホ・ミュージアム)
滋賀県立近代美術館 滋賀県立陶芸の森 -
奈良国立博物館 奈良県立美術館 奈良県立万葉文化館 入江泰吉記念
奈良市写真美術館
松伯美術館 - - -
和歌山県立近代美術館 徳島県立近代美術館 高知県立美術館 三重県立美術館
島根県立美術館 - - -

STREET ARTNAVI/ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ/ARTNAVI)
Webコンテンツ制作・発信/Copyright(c) ストリート・アートナビ
NAKATA DESIGN INC. 2018 All Rights Reserved.
●このホームページへのご意見・ご質問は
E-mail : street@artnavi.net/ HPアドレス:http://artnavi.net
※当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。

●ストリート・アートナビは関西・大阪の美楽なアート情報サイトです。
アート展美術画廊貸しギャラリー案内展覧会案内バナー広告
貸しギャラリー案内広告の制作と掲載
企画制作・掲載/お問合せ:ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ)
展覧会バナー広告