関西・大阪の美楽なアート情報サイト
ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)
■美術館・博物館・デパートの展覧会と個展案内
TOP

個展

画廊

情報

広場

Museum
美術館
博物館
デパート

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG

工芸

写真

陶芸

立体

書

ノンジャンル

美術館
▲クリックで各々のアート展へジャンプ。

アーティストの感性をストリートから世界に発信。

美術画廊・ギャラリー

貸しギャラリー・アートスペース
池田満寿夫没後20年を含む4人の銅版画展

美術館1

美術館2

デパート

展覧会-1

展覧会-2

展示室-1

展示室-2

展示室-3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

展示室-7

展示室-8

展示室-9

世界に誇る大阪の遺産
詳しくは画面をクリック
福岡道雄展
展覧会公式サイト
ディズニー・アート展
展覧会公式サイト
特別企画展
世界に誇る大阪の遺産
−文楽と朝鮮通信使−
2017年
930日(土)〜1126日(日)
大阪歴史博物館
Osaka Museum of History
大阪市中央区大手前4-1-32
TEL.06-6946-5728
開館時間:午前9時30分〜午後5時
※入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週火曜日
大阪歴史博物館公式HP
大阪歴史博物館アクセスマップ
主催:大阪歴史博物館
共催:駐大阪大韓民国総領事館 韓国文化院(朝鮮通信使)
◎大阪にゆかりの深い文化財は、世界的にみても魅力的で歴史的に意義深いものが少なくありません。そのなかから文楽、朝鮮通信使という二つの文化遺産について、館蔵品を通じて紹介します。
 人形浄瑠璃文楽は、大阪で育まれ、大阪の人々が支えてきた伝統芸能で、太夫
(たゆう)三味線・人形が一体となる総合芸術といわれており、平成20年(2008)にはユネスコ無形文化遺産に登録されました。
 朝鮮通信使は、「朝鮮通信使に関する記録」として次のユネスコ記憶遺産登録に向け現在申請中です。江戸時代に朝鮮から日本を12回訪れ、両国の善隣友好のシンボルといえる朝鮮通信使は大阪にも多くの足跡を残しました。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
福岡道雄
つくらない彫刻家展覧会
Michio Fukuoka:
A Sculptor Who No Longer Sculpts
2017年
1028日(土)〜1224日(日)
国立国際美術館(大阪・中之島)
THE NATIONAL MUSEUM OF ART. OSAKA
大阪市北区中之島4-2-55
休館日:月曜日
開館時間:10:00〜17:00、金曜・土曜日は20:00まで (入場は閉館の30分前まで)
美術館公式サイト
主催国立国際美術館
◎大阪在住の彫刻家、福岡道雄(1936年生まれ)。時代の流れを横目に、「つくること」のあるべき在り方を静かに問いつづけてきた人物です。彫刻家を志した1950年代から、「つくらない彫刻家」となることを宣言した2005年を経て現在にいたるまで、60余年にわたるその制作の軌跡を紹介します。
美術館公式HPここから
ほら、あのキャラクターが動きだすよ。
ディズニー・アート展
《いのちを吹き込む魔法》
2017年
1014日(土)〜
2018年121日(日)
大阪市立美術館(天王寺公園内)
Osaka City Museum of Fine Arts
大阪市天王寺区茶臼山町1-82
開館時間=9:30〜17:00
(入館は閉館の30分前まで)
休館日/=月曜日(12月25日、1月8日は開館)、 12月28日(木)〜1月2日(火)、1月9日(火)※災害などにより臨時で休館となる場合あり。
お問い合せ=TEL.06-4301-7285
(大阪市総合コールセンター なにわコール 年中無休 8:00〜21:00)
大阪市立美術館公式HP
大阪市立美術館MAP
主催:大阪市立美術館、読売テレビ、読売新聞社
◎ミッキーマウスの誕生から最新作『モアナと伝説の海』まで、ディズニー作品のオリジナル原画とコンセプトアートが日本上陸。約90年にわたるディズニーのイマジネーションとイノベーションの“いのちを吹き込む魔法”が見られるのはここだけ。
 ミッキーマウスの誕生作となった『蒸気船ウィリー』から、『白雪姫』『ピノキオ』『美女と野獣』『アナと雪の女王』、そして最近作『モアナと伝説の海』まで、約90年にわたるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの歴史を紐解く、原画やスケッチ、コンセプト・アートなどの作品約500点が大阪にやってきます!しかもそのほとんどが日本初公開!!
もっと詳しくここから
世界を魅了した中国陶磁
詳しくは画面をクリック
大エルミタージュ美術館展
詳しくは画面をクリック

詳しくは画面をクリック

国際巡回企画展
イセコレクション
世界を魅了した中国陶磁
2017年
923(土・祝)〜123(日)
大阪市立東洋陶磁美術館
THE MUSEUM OF ORIENTAL CERAMICS, OSAKA
問い合わせ:
電話:06-6223-0055
美術館公式サイト
〒530-0005 大阪市北区中之島1-1-26
開館時間:午前9時30分〜午後5時 
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(10月9日は開館)、10月10日(火)
主催:大阪市立東洋陶磁美術館、
朝日新聞社
.
世界でもっとも注目される美術品コレクターの一人である伊勢彦信氏のコレクションは、これまではその一部の公開がされていましたが、今回はそのコレクションの真髄といえる中国陶磁の数々を紹介する国際巡回企画展を、パリの国立ギメ東洋美術館と大阪市立東洋陶磁美術館の2館で開催します。
本展は6月21日より開催のギメ東洋美術館での“Porcelain, chefs-d’oeuvre de la collection Ise”の帰国展としての開催となります。ギメ東洋美術館で展示された74点をもとに、伝統と現代を併せ持った感性によって収集された戦国時代から清時代までの中国陶磁を、重要文化財2点を含めた約80点で紹介します。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
特別展
大エルミタージュ美術館展
オールドマスター
西洋絵画の巨匠たち
OLD MASTERS FROM THE STATE HERMITAGE MUSEUM
2017年103日(火)
2018年114日(日)
兵庫県立美術館
HYOGO PREFECTURAL MUSEUM OF ART
開館時間:午前10 時〜午後6 時(金・土曜日は午後8時まで[ただし12月29日(金)、30日(土)は午後6時まで])
※入場は閉館30 分前まで
休館日:月曜日(ただし10月9日[月・祝]、1月8日[月・祝]は開館、10月10日[火]、1月9日[火]は休館)、年末年始(12月31日[日]、1月1日[月・祝])
主催:兵庫県立美術館、エルミタージュ美術館、読売テレビ、読売新聞社
TEL.078-262-0901
美術館公式サイト
美術館アクセスマップ
◎ロシア帝政時代の首都、サンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館は、絵画作品約1万7千点を含むコレクション310万点を誇る世界有数の美術館です。本展は、この膨大なコレクションの中でも特に充実している16世紀ルネサンス、17・18世紀バロック、ロココの時代に活躍した、「オールドマスター」の絵画85点をご紹介します。「昔日の巨匠」を意味する「オールドマスター」とは、西洋美術の歴史において揺るぎない評価を得た作家たちのことです。西洋美術史に燦然と輝く巨匠たちの優品を堪能できる、またとない機会となります。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント

ボストン美術館の至宝展
東西の名品、珠玉のコレクション
2017年1028日(土)〜
2018年24日(日)
神戸市立博物館
KOBE CITY MUSEUM
〒650-0034 
神戸市中央区京町24番地
TEL.078-391-0035
開館時間=9時30分〜17時30分(土曜日は19時まで開館)入館はそれぞれ閉館の30分前まで
休館日=月曜日、2017年12月29日(金)〜 2018年1月1日(月・祝)、1月9日(火)[ただし、1月8日(月・祝)は開館]
博物館公式HP
博物館アクセスMap
主催=神戸市立博物館、朝日新聞社、朝日放送、BS朝日
世界屈指の美の殿堂、ボストン美術館の主要なコレクションからえりすぐった、珠玉の80点を紹介します。同館のコレクションによる展覧会はこれまでも繰り返し開催されてきましたが、幅広い内容を総合的にご覧いただく展覧会は、日本では約40年ぶりとなります。
1876年に開館したボストン美術館は、国や州の財政的援助を受けずにコレクションの拡充を続け、現在は世界有数となる約50万点の作品を所蔵しています。本展は、この素晴らしいコレクションの形成に寄与したコレクターやスポンサーの活動にも光を当てます。
もっと詳しく→ここから
招待券プレゼント

詳しくは画面をクリック
岡本神草の時代
展覧会公式サイト
絵画の愉しみ、画家のたくらみ
展覧会公式サイト
開館120周年記念特別展覧会
国宝
National Treasures: Masterpieces of Japan
■2017年
103日(火)〜1126日(日)
京都国立博物館
平成知新館 
東山七条
Kyoto National Museum
〒605-0931 京都市東山区茶屋町527
博物館HP→ここから
開館時間:午前9時30分〜午後6時
(金・土曜日は午後8時まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日 ※ただし10月9日(月・祝)は開館、10月10日(火)は休館
主催=京都国立博物館、毎日新聞社、NHK京都放送局、NHKプラネット近畿
◎2017年は、日本の法令上「国宝」の語が初めて使用された「古社寺保存法」制定より120年にあたります。当館開館と軌を一にするこの節目の年に、昭和51年(1976)に「日本国宝展」を開催して以来、実に41年ぶりとなる「国宝展」を開催します。
 古より我々日本人は、外来文化を柔軟に取り入れつつ、独自の美意識によって世界にも類を見ない固有の文化を育んできました。歴史的、芸術的、学術的に特に優れ、稀少である国宝は、何よりも雄弁に我々の歴史や文化を物語る、類い希なる国の宝といえましょう。
 本展覧会では、絵画・書跡・彫刻・工芸・考古の各分野から、歴史と美を兼ね備えた国宝約200件を大きく4期に分けて展示し、わが国の悠久の歴史と美の精華を顕彰いたします。 
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
岡本神草の時代
Okamoto Shinso
■2017年
111日(水)〜 1210日(日)
京都国立近代美術館(岡崎公園内)
The National Museum of Modern Art, Kyoto
TEL.075-761-4111
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町
開館時間:午前9時30分 〜 午後5時
ただし金曜、土曜は午後8時まで開館 (入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日
観覧料:当日/前売り/団体(20名以上)夜間割引(金/土曜 午後5時以降)一般1,000/800/800/800円、大学生500/400/400/400円
美術館MAP
主催=京都国立近代美術館
◎京都市立絵画専門学校の卒業制作を、厳選で知られている第1回国画創作協会展に入選させ、新興美人画作家として注目された岡本神草(1894-1933)。昭和に入ってからは、かつてのように官能性を前面に押し出すのではなく、そこはかとなく漂わせるような作風に移り、38歳の若さで亡くなりました。画家にとって初の大規模回顧展となる本展は、数少ない本画を可能な限り集め、素描、下図、資料類100点ほどを加えて画業を紹介するとともに、甲斐庄楠音など同時代に競い合った作家達の作品も展示し、神草芸術の全貌だけでなく、時代性と特異性を知ることのできる展覧会です。 (公式HPより転載)
展覧会公式HP→ここから
ウッドワン美術館コレクション
絵画の愉しみ、
画家のたくらみ
―日本近代絵画との出会い―
2017年(平成29年)
103(火)〜123(日)
京都文化博物館
4階・3階展示室
THE MUSEUM OF KYOTO
TEL.075-222-0888
〒604-8183 京都市中京区三条高倉
開室時間:10:00〜18:00
※金曜日は19:30まで開室
(入場は閉室の30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
入場料金:一般1,300円(1,100円)、大高生900円(700円)、中小生400円(300円)
※( )内は前売および20名以上の団体料金
美術館MAP
博物館公式HP
主催:京都府、京都文化博物館、京都新聞、日本経済新聞社
絵の見方がよくわからない…そんなあなたに、絵画を愉しむコツ、お伝えします。

 横山大観、上村松園、黒田清輝、岸田劉生といった日本近代絵画の巨匠たちの優品をどうやって愉しむか。画家が描いた主題や題材、描き方の違いなどに焦点をあて、テーマごとに作品を展示。日本近代絵画を見るときのちょっとしたコツをご紹介しながら、めくるめく絵画の世界を愉しんでいただきたいと思っています。アート初心者から、ベテランの美術愛好家の方まで楽しんでいただけるよう、良質な美術コレクションを誇るウッドワン美術館の名品86点をずらり並べて、皆さまのお越しをお待ちしております。
(博物館公式HPより転載)
展覧会公式サイトここから
ニッポンの写実 そっくりの魔力
展覧会公式サイト
特集展示 鴻池研究の現在
展覧会公式サイト

展覧会公式サイト
特別展
ニッポンの写実
そっくりの魔力
Realism Art in Japan
■2017年
1123日(木・祝)〜
2018年114日(日)
奈良県立美術館
NARA PREFECTURAL MUSEUM OF ART
TEL.0742-23-3968
〒630-8213 奈良市登大路町10-6
美術館MAP
美術館公式サイト
開館時間:9:00−17:00
(入館は16:30まで)
休館日 11月27日(月)、12月4日(月)、11日(月)、18日(月)、25(月)、年末年始12月27日(水)〜1月1日(月・祝日)、1月9日(火)
観覧料:当日 一般:800円(600円)、大高生:600円(400円)、中小生:400円(200円)
※( )内は20名以上の団体料金
※11月26日(日)は「関西文化の日」で観覧無料。
身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助の方1名、外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイドの方は無料
主催:奈良県立美術館
◎何かにそっくりなものを目にしたとき、私たちは「すごい!これ、本物?」と、素朴な おどろきをおぼえます。本物とみまがうばかりの表現は、古今東西を問わず人々を惹きつけ 、作家たちは迫真的な表現を追求してきました。
 写真をはじめとするテクノロジーの発達によって、誰もが手軽に目の前のものを写し取ることが できるようになった現代においても、本物そっくりに表現するという課題は解決したわけではありません。多種多様な表現で作り出された本物「そっくり」な作品には、対象の本質に迫ろう とする作り手の意識と、見るものを「そっくり」だと驚かせる、創造という行為の根源的なテーマが存在しています。
 本展では、「本物そっくり」な表現に注目し、明治期の西洋画に刺激を受けた近代洋画から大正リアリズム、フォトリアリズムをへて現代へといたる写実的絵画、近年超絶技巧として注目を集める精緻な工芸や彫刻作品、そして映像作品などを含む多種多様な約80点の作品を通じて、 私たちを魅了する「そっくり」のイメージの本質に迫ります。
美術館公式HPここから
第1115 特集展示
鴻池研究の現在
2017年1115日(水)〜
2018年18日(月・祝)
大阪歴史博物館
Osaka Museum of History
大阪市中央区大手前4-1-32
TEL.06-6946-5728
会場:8階 特集展示室
(常設展示場内)
開館時間:9:30〜17:00
※入館は閉館30分前まで)
観覧料:常設展示観覧料でご覧いただけます。
大人600円(540円)、高校生・大学生400円(360円)※( )内は20名以上の団体割引料金 ※中学生以下、大阪市内在住の65歳以上(要証明証提示)の方、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料。
休館日:火曜日および12月28日(木)〜1月4日(木)は休館
主催:大阪歴史博物館
博物館公式HP
◎平成7年(1995)1月に発生した阪神・淡路大震災をきっかけとして、大阪を代表する両替商・鴻池善右衞門家に伝来した590件3,300点を超える資料群が大阪市に寄贈されて20年を迎えました。寄贈品はおもに鴻池家本邸で使用されていた器物や衣装、染織品等の文化財で、今後の散逸や劣化、滅失を避けるために決断されたものでした。
 本展では、大阪歴史博物館が精力的に進めてきた鴻池研究の成果を振り返り、今後の課題を探ります。また近年の鴻池家旧蔵染織品の調査成果を初公開し、その歴史的価値と魅力について紹介し、大阪随一の両替商・鴻池家の歴史と文化について再認識していただくきっかけとします。
◎展示資料数:約50点
展覧会公式サイト→ここから
平成29年度秋季特別展
海に生きた人びと
−漁撈・塩づくり・交流の考古学−
平成29年(2017年)
107日(土)〜123日(日)
大阪府立弥生文化博物館
TEL.0725-46-2162
E-mail yayoi@kanku-city.or.jp
公式HPは→ここから
開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで) 
休館日:月曜日(ただし10月9日(月祝)は開館)・10月10日(火)
主催:大阪府立弥生文化博物館
◎日本列島では、海を生活の場とする人びと、「海民」が活躍し、歴史を動かす原動力となりました。展示では弥生時代を中心に、縄文時代から古代までの漁撈(漁業)・塩づくりといった海での活動の技術的な変化や 地域的な多様性と、海が結ぶ地域間の交流を出土資料から明らかにします。考古学から海民文化の鮮明な姿を描き出していきます。
展覧会公式HP→ここから

展覧会シーン/取材:ストリート・アートナビ
展覧会シーン/2005年〜2010年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

美術館1

美術館2

デパート

展覧会-1

展覧会-2

展示室-1

展示室-2

展示室-3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

展示室-7

展示室-8

展示室-9

NEXT

お好きなジャンルをクリックして下さい。

絵画

現代美術

版画

イラスト

CGアート

クラフト・工芸

写真・映像

陶芸

立体・彫刻

書・墨象

ノンジャンル

美術館デパート
ストリート・アートナビ●新着情報招待券ユーザー感想メールTOP頁

※近畿の美術館・博物館リンクとストリート・アートナビの展覧会情報
大阪市立美術館 大阪市立近代美術館
(仮称)心斎橋展示室
国立国際美術館 大阪 大阪府立
弥生文化博物館
大阪府立
近つ飛鳥博物館
大阪歴史博物館 国立民族学博物館 大阪市立
東洋陶磁美術館
大阪市立
自然史博物館
堺市博物館 大阪文化館・天保山
(海遊館となり)
-
- - - -
京都市美術館 京都国立近代美術館 京都国立博物館 京都文化博物館
細見美術館 みやこめっせ - -
- - - -
兵庫県立美術館 兵庫陶芸美術館 神戸市立博物館 姫路市立美術館
明石市立文化博物館 神戸市立
小磯記念美術館
神戸ゆかりの美術館 神戸ファッション
美術館
西宮市
大谷記念美術館
伊丹市立美術館 芦屋市立美術博物館 -
MIHO MUSEUM
(ミホ・ミュージアム)
滋賀県立近代美術館 滋賀県立陶芸の森 -
奈良国立博物館 奈良県立美術館 奈良県立万葉文化館 入江泰吉記念
奈良市写真美術館
松伯美術館 - - -
和歌山県立近代美術館 徳島県立近代美術館 高知県立美術館 三重県立美術館
島根県立美術館 - - -

STREET ARTNAVI/ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ/ARTNAVI)
Webコンテンツ制作・発信/Copyright(c) ストリート・アートナビ
NAKATA DESIGN INC. 2016 All Rights Reserved.
●このホームページへのご意見・ご質問は
E-mail : street@artnavi.net/ HPアドレス:http://artnavi.net
※当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。

●ストリート・アートナビは関西・大阪の美楽なアート情報サイトです。
アート展美術画廊貸しギャラリー案内展覧会案内バナー広告
貸しギャラリー案内広告の制作と掲載
企画制作・掲載/お問合せ:ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ)
展覧会バナー広告