関西・大阪の美楽なアート情報サイト
ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)
■美術館・博物館・デパートの展覧会と個展案内
TOP

個展

画廊

情報

広場

Museum
美術館
博物館
デパート

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG

工芸

写真

陶芸

立体

書

ノンジャンル

美術館
▲クリックで各々のアート展へジャンプ。

アーティストの感性をストリートから世界に発信。

美術画廊・ギャラリー

貸しギャラリー・アートスペース

美術館1

美術館2

デパート

展覧会-1

展覧会-2

展示室-1

展示室-2

展示室-3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

展示室-7

展示室-8

展示室-9

特別展 江戸の戯画
詳しくは画面をクリック
堀田龍之助
詳しくは画面をクリック
フランス 宮廷の磁器
詳しくは画面をクリック
特別展
江戸の戯画
鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで
2018年(平成30年)
417(火)〜610(日)
前期:4月17日(火)〜5月13日(日)
後期:5月15日(火)〜6月10日(日)
※会期中展示替えあり。
大阪市立美術館(天王寺公園内)
Osaka City Museum of Fine Arts
大阪市天王寺区茶臼山町1-82
開館時間/午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日/ 月曜日(ただし4月30日は開館) ※5月1日も開館
※ただし、災害などにより臨時で休館となる場合があります。
お問い合せ/TEL.06-4301-7285
(大阪市総合コールセンター なにわコール 年中無休 8:00〜21:00)
大阪市立美術館MAP
美術館公式サイト
主催:大阪市立美術館、毎日新聞社、MBS
◎大平の世が長く続いた江戸時代には、人々の笑いを誘う愉快な「戯画」がたくさん描かれました。滑稽な人物を軽妙な筆致で描いた「鳥羽絵」は、その原泉のひとつと言えるもので、18世紀の大坂で鳥羽絵本として出版され、多くの人々を楽しませました。
 本展では、ベルギーからの里帰り作品を含めた約280件の江戸の戯画により、「鳥羽絵」からの流れを追いつつ、人気絵師たちによる戯画のエッセンスをご紹介します。笑いを文化として培ってきた大阪の地で、多彩な笑いの世界をぜひお楽しみください。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
特別企画展◎なにわ人物誌
堀田龍之助
−幕末・近代の大阪に生きた博物家−
2018年
425日(水)〜618日(月)
大阪歴史博物館
Osaka Museum of History
大阪市中央区大手前4-1-32
TEL.06-6946-5728
開館時間:午前9時30分〜午後5時
※入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週火曜日
(5月1日[火]は開館)
大阪歴史博物館公式HP
大阪歴史博物館アクセスマップ
主催:大阪歴史博物館、
◎堀田龍之助(ほったたつのすけ)(1819−1888)は、博物学の素養を蓄えた人物として、幕末・明治の大阪に生きた人物です。若い頃には、和歌山の博物学者・畔田翠山(くろだすいざん)(1792−1859)と交流を深めながら、多くの知識を身につけていきました。また、京都の山本読書室(平安読書室)にも出入りをしており、医師であり博物学者でもあった山本榕室(ようしつ)(1809−1864)と物産関係の情報交換や写本のやりとりなどを行っていました。明治になると、大阪に開設された博物場に勤め、明治期の博物館建設に大きな役割を果たした田中芳男(1838−1916)らに協力して、畔田翠山の著作『水族志』の刊行にも尽力しました。
 今年は龍之助が没して130年になります。本展覧会は、現在大阪歴史博物館が所蔵する堀田家旧蔵資料を中心に約100件を展示し、市井に生きた博物家・堀田龍之助の足跡を辿ります。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント

特別展
フランス 宮廷の磁器
セーヴル、創造の300年
2018年
47(土)〜716(月・祝)
大阪市立東洋陶磁美術館
THE MUSEUM OF ORIENTAL CERAMICS, OSAKA
問い合わせ:
電話:06-6223-0055
美術館公式サイト
〒530-0005 大阪市北区中之島1-1-26
開館時間:午前9時30分〜午後5時  (入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(4月30日、7月16日は開館)
主催:大阪市立東洋陶磁美術館、朝日新聞社
◎今回の展示では、フランス宮廷に育まれ、時代とともに変化し続けてきたセーヴル磁器製作所の300年に及ぶ活動をご紹介いたします。セーヴル製作所は、ヨーロッパで磁器への憧れが大いに高まった18世紀、1740年にパリ東端のヴァンセンヌに生まれた軟質磁器工房をその活動の始まりとします。
 今回、製作所の300年の歴史を物語る、セーヴル陶磁都市の所蔵作品約130件をご紹介します。変化しながらも常に優雅で洗練された作品を製作し続けてきた、セーヴル磁器の魅力を感じていただければ幸いです。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
特別展 池大雅
展覧会公式サイト
明治150年展 明治の日本画と工芸
詳しくは画面をクリック
オットー・ネーベル展
展覧会公式サイト
特別展 池大雅
天衣無縫の旅の画家
THE GENIUS OF IKE NO TAIGA
■2018年
47日(土)〜520日(日)
京都国立博物館 東山七条
Kyoto National Museum
〒605-0931 京都市東山区茶屋町527
博物館HP→ここから
開館時間:午前9時30分〜午後6時
(金・土曜日は午後8時まで)
※入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日 ※ただし4月30日(月・祝)は開館、翌5月1日(火)は休館
観覧料:一般1,500円(1,300円)、大学生1,200円(1,000円)、高校生900円(700円) ※( )内は団体20名以上。 ※中学生以下は無料です。※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料になります。(*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳 ※大学生・高校生の方は学生証をご提示ください。
主催=京都国立博物館、読売新聞社
◎円山応挙、伊藤若冲など個性派画家がしのぎを削った江戸時代中期の京都画壇。その活況のなかで、与謝蕪村とともに「南画なんがの大成者」と並び称されるのが池大雅(1723〜76)です。江戸時代を生きた画家のなかで最も魅力的な画家のひとりである池大雅の85年ぶりの大回顧展となります。本展では大雅の初期から晩年にいたる代表作を一堂に集めご覧いただくことで、池大雅という画家、ひいては江戸時代の南画の魅力をご紹介します。(博物館公式サイトより転載)
展覧会公式サイトここから
明治150年展
明治の日本画と工芸
The 150th Anniversary of the MEIJI PERIOD
Making and Designing Meiji arts and Crafts
2018年
320日(火)〜520日(日)
京都国立近代美術館(岡崎公園内)
The National Museum of Modern Art, Kyoto
TEL.075-761-4111
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町
開館時間=午前9時30分 〜 午後5時
ただし金曜、土曜は午後8時まで開館 (入館は閉館の30分前まで)
休館日=毎週月曜日
(ただし、4月30日(月・休)は開館)
美術館MAP
美術館公式サイト
主催=京都国立近代美術館、京都新聞
◎1868年に明治時代に入ると、政府主導のもと殖産興業や輸出振興政策が推し進められ、海外での日本美術への関心が高まりました。政府は『温知図録』を制作するなど、国家戦略として工芸図案指導に力を注ぎました。京都では、地場産業の振興を目的の一つとして京都府画学校が設立され、多くの日本画家が工芸図案制作に携わることで、時代に即した図案の研究が進められました。
 本展では、明治の工芸図案とともに、美術工芸作品や工芸図案を描いた日本画家たちの作品を一堂に展示することで、近代化していく社会の中で生み出された明治の美術品を紹介します。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
色彩の画家
オットー・ネーベル展
シャガール、カンディンスキー、クレーとともに
2018年
428(土)624(日)
京都文化博物館
4階・3階展示室
THE MUSEUM OF KYOTO
TEL.075-222-0888
〒604-8183 京都市中京区三条高倉
開室時間:10:00〜18:00
※金曜日は19:30まで
(入室はそれぞれ30分前まで)
休館日:月曜日(ただし、4月30日(月)、5月1日(火)は開館)
入場料金:一般1,500円(1,300円)、大高生1,000円(800円)、※中小生600円(400円)、
※( )内は前売および20名以上の団体料金
美術館MAP
博物館公式HP
主催:京都府、京都文化博物館、産経新聞社、関西テレビ放送
◎スイス、ドイツで活動した画家オットー・ネーベル(1892-1973)。1920年代半ばにワイマールに滞在したネーベルは、バウハウスでカンディンスキーやクレーと出会い、長きにわたる友情を育みました。  ベルンのオットー・ネーベル財団の全面的な協力を得て開催される、日本初の回顧展となる本展では、建築、演劇、音楽、抽象、近東など彼が手がけた主要なテーマに沿って、クレーやカンディンスキー、シャガールなど同時代の画家たちの作品も併せて紹介することで、ネーベルが様々な画風を実験的に取り入れながら独自の様式を確立していく過程に迫ります。
 バウハウス開校100 周年(2019 年)を前に、若き日のバウハウス体験に始まり、素材やマチエールを追求し続けた画家ネーベルの知られざる画業を紹介します。
(博物館公式HPより転載)
展覧会公式サイトここから
特別展 恐竜の卵
展覧会公式サイト

詳しくは画面をクリック
ジブリの大博覧会
詳しくは画面をクリック
特別展 恐竜の卵
〜恐竜誕生に秘められた謎〜

2018年
310日(土)〜56日(日)
大阪市立自然史博物館
Osaka Museum of Natural History
ネイチャーホール(大阪・長居公園)
大阪市東住吉区長居公園1-23
TEL.06-6697-6221
博物館公式サイト
開館時間:9:30〜17:00
(最終入場は16:30)
休館日:3月12日(月)・19日(月)・26日(月) 4月9日(月)・16日(月)・23日(月)
料金:大人1,300円(1,100円)、高大生800円(600円) ※( )内は前売並びに20人以上の団体料金。※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)
主催:大阪市立自然史博物館、
読売新聞社
1億6000万年以上という長い時代、繁栄し続けた恐竜。恐竜は、どうやって子孫を増やし、 これほど長く繁栄していったのか。恐竜の卵や巣の化石から、そのナゾを解き明かします! 近年、恐竜の卵や巣の化石は中国大陸を中心に数多く見つかり、様々な恐竜が独自の方法で産卵、子育てをしていたことが分かってきています。
本展では、卵による恐竜の誕生をメインテーマに、多様な恐竜コレクションを所蔵する中国の 浙江自然博物館から借り受けた恐竜の卵や巣の実物化石をはじめ、それらの親や幼体の標本などを一堂に展示。さらに、恐竜の産卵の方法、営巣のしかた、抱卵行動の進化、生まれたばかりの幼体といった、産卵から孵化までの過程などについて、最新研究を踏まえて紹介します。
展覧会公式HP→ここから
特別展
「小磯良平と吉原治良」
Koiso Ryohei and Yoshihara Jiro
Dividing Ridge of the Hanshinkan Modernism
2018年
324日(土)〜527日(日)
兵庫県立美術館
HYOGO PREFECTURAL MUSEUM OF ART
開館時間:午前10 時〜午後6 時(金・土曜日は午後8時まで)
※入場は閉館の30 分前まで
休館日:月曜日(4月30日[月]は開館、翌5月1日[火]休館)
主催:兵庫県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
TEL.078-262-0901
美術館公式サイト
美術館アクセスマップ
◎小磯良平(1903-1988)と吉原治良(1905-1972)は、ともに戦前から戦中、そして戦後にわたって阪神間を主な拠点として活躍した画家です。小磯は東京美術学校を卒業後渡欧し、アカデミックな西洋美術の正統な継承者をめざし、官展や新制作派協会にて類いまれなデッサン力を駆使した珠玉の人物画を数多く制作・発表し、日本を代表する具象絵画の巨匠として活躍してきました。一方の吉原は、家業である製油会社を経営しつつ、ほぼ独学で絵画の技法を習得し、戦前の海外の抽象絵画に影響を受けた前衛的な作品を二科会の九室会で発表、戦後は日本の前衛美術を代表する具体美術協会の主宰者として数多くの抽象絵画を手がけました。
 この展覧会は阪神間の生んだこのふたりのモダニストの足跡を、代表作を時代毎に「並置」することで、その対照性と類似性を明らかにしつつ、それぞれの画業を再確認するものです。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
ジブリの大博覧会 
〜ナウシカからマーニーまで〜
2018年
47日(土)71日(日)
兵庫県立美術館
ギャラリー棟
HYOGO PREFECTURAL MUSEUM OF ART
月曜日(4月30日[月]は開館、翌5月1日[火]休館)
開館時間:10:00〜18:00
(金・土曜日は20:00まで)入館は閉館30分前まで
※夜間開館しない金・土曜日があります。6/1日・2日・8日・9日
お問合せは:ローソンチケット内(0570-000-341)
美術館公式サイト
美術館アクセスマップ
主催:読売テレビ、読売新聞社、東映、ローソンチケット
共催:兵庫県立美術館
◎スタジオジブリの設立から30年間の歩みを体感できる特別企画。「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで、これまでのジブリ作品がどのように生み出され、世に出て行ったのか。会場では当時を振り返るポスターやチラシといった広告宣伝物を中心に、制作資料、企画書など未公開のものを含む膨大な数の資料が所狭しと展示空間を圧倒します。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
新収品お披露目展
展覧会公式サイト
とんぼ玉100人展
展覧会公式サイト
第117 特集展示
新収品お披露目展
2018年
228日(水)〜57日(月)
大阪歴史博物館
Osaka Museum of History
大阪市中央区大手前4-1-32
TEL.06-6946-5728
会場:8階 特集展示室
(常設展示場内)
休館日:火曜日
(ただし、5月1日(火)は開館)
開館時間:9:30〜17:00
※入館は閉館30分前まで)
観覧料:常設展示観覧料でご覧いただけます。
大人600円(540円)、高校生・大学生400円(360円)※( )内は20名以上の団体割引料金 ※中学生以下、大阪市内在住の65歳以上(要証明証提示)の方、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料。
主催:大阪歴史博物館
博物館公式HP
◎大阪歴史博物館では開館以来、郷土大阪を中心とする地域の歴史と文化について広く市民に紹介し、理解を深めるために活動しています。当館では毎年、この目的に沿うような資料の収集に努めるとともに、市民の皆様からご寄贈いただいたさまざまな資料についても保管し、研究や展示等に活用を図っています。
今回の展示では、近年新たに館蔵品となった数多くのご寄贈品から未公開のものを中心に、約40件をご紹介いたします。
◎展示資料数:約40件
展覧会公式サイト→ここから
平成30年度 春季企画展
とんぼ玉100人展 
−輝く手のひらの華−
2018年
414日(土)〜617日(日)
大阪府立弥生文化博物館
Museum of Yayoi Culture
TEL.0725-46-2162
博物館MAP
博物館公式サイト
開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで) 
休館日:毎週月曜日(ただし、4月30日(月祝)は開館)・5月1日
入館料:一般430円 65歳以上・高大生330円 ※中学生以下、障がい者手帳をお持ちのかたとその介助者1名は無料 ※20名以上の団体は団体割引料金
主催:大阪府立弥生文化博物館、とんぼ玉100人展実行委員会(佐竹ガラス株式会社)、日本ランプワーク協会
◎ガラス工芸のなかでも、ひときわ繊細な輝きを放つとんぼ玉。本展では、瑞瑞しい感性と確かな技術に裏打ちされた現代作家たちの作品を、一堂に集め、展示する。
◎<参考展示>「源流・古代オリエントのとんぼ玉」 (展示協力:古代オリエント博物館) 。
展覧会公式HP→ここから

展覧会シーン/取材:ストリート・アートナビ
展覧会シーン/2005年〜2010年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

美術館1

美術館2

デパート

展覧会-1

展覧会-2

展示室-1

展示室-2

展示室-3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

展示室-7

展示室-8

展示室-9

NEXT

お好きなジャンルをクリックして下さい。

絵画

現代美術

版画

イラスト

CGアート

クラフト・工芸

写真・映像

陶芸

立体・彫刻

書・墨象

ノンジャンル

美術館デパート
ストリート・アートナビ●新着情報招待券ユーザー感想メールTOP頁

※近畿の美術館・博物館リンクとストリート・アートナビの展覧会情報
大阪市立美術館 大阪市立近代美術館
(仮称)心斎橋展示室
国立国際美術館 大阪 大阪府立
弥生文化博物館
大阪府立
近つ飛鳥博物館
大阪歴史博物館 国立民族学博物館 大阪市立
東洋陶磁美術館
大阪市立
自然史博物館
堺市博物館 大阪文化館・天保山
(海遊館となり)
-
- - - -
京都市美術館 京都国立近代美術館 京都国立博物館 京都文化博物館
細見美術館 みやこめっせ 美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹) -
- - - -
兵庫県立美術館 兵庫陶芸美術館 神戸市立博物館 姫路市立美術館
明石市立文化博物館 神戸市立
小磯記念美術館
神戸ゆかりの美術館 神戸ファッション
美術館
西宮市
大谷記念美術館
伊丹市立美術館 芦屋市立美術博物館 -
MIHO MUSEUM
(ミホ・ミュージアム)
滋賀県立近代美術館 滋賀県立陶芸の森 -
奈良国立博物館 奈良県立美術館 奈良県立万葉文化館 入江泰吉記念
奈良市写真美術館
松伯美術館 - - -
和歌山県立近代美術館 徳島県立近代美術館 高知県立美術館 三重県立美術館
島根県立美術館 - - -

STREET ARTNAVI/ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ/ARTNAVI)
Webコンテンツ制作・発信/Copyright(c) ストリート・アートナビ
NAKATA DESIGN INC. 2018 All Rights Reserved.
●このホームページへのご意見・ご質問は
E-mail : street@artnavi.net/ HPアドレス:http://artnavi.net
※当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。

●ストリート・アートナビは関西・大阪の美楽なアート情報サイトです。
アート展美術画廊貸しギャラリー案内展覧会案内バナー広告
貸しギャラリー案内広告の制作と掲載
企画制作・掲載/お問合せ:ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ)
展覧会バナー広告