関西・大阪の美楽なアート情報サイト
ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)
■美術館・博物館・デパートの展覧会と個展案内
TOP

個展

画廊

情報

広場

Museum
美術館
博物館
デパート

絵画

現代美術

版画

イラスト

CG

工芸

写真

陶芸

立体

書

ノンジャンル

美術館
▲クリックで各々のアート展へジャンプ。

アーティストの感性をストリートから世界に発信。

美術画廊・ギャラリー

貸しギャラリー・アートスペース
ギャラリー谷崎「お薦め作品」

美術館1

美術館2

デパート

展覧会-1

展覧会-2

展示室-1

展示室-2

展示室-3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

展示室-7

展示室-8

展示室-9

決定版・刀装具鑑賞入門
詳しくは画面をクリック
特別展 仏像 中国・日本
詳しくは画面をクリック

展覧会公式サイト
特別展
勝矢コレクション刀装具受贈記念
決定版・刀装具鑑賞入門
2019年(令和元年)
105日(土)〜121日(日)
大阪歴史博物館
6階 特別展示室
Osaka Museum of History
大阪市中央区大手前4-1-32
TEL.06-6946-5728
開館時間:午前9時30分〜午後5時
(会期中の金曜日は午後8時まで)
(※入館は閉館の30分前まで)
休館日:毎週火曜日
※ただし10月22日(火)は開館、10月23日は休館
大阪歴史博物館公式HP
博物館アクセスマップ
主催:大阪歴史博物館
◎勝矢俊一氏(1895〜1980)は昭和を代表する刀装具コレクター・刀装具研究者です。没後、そのコレクションは遺族の手に分かれましたが、平成30年度に俊一氏の次男で大阪府在住の勝矢寛雄氏より、所蔵の刀装具類927点が当館に一括寄贈されました。この展覧会は今回の受贈を記念して行うもので、今回の寄贈品の中から選りすぐりの約200点を展示いたします。
 今回の寄贈品は、俊一氏が研究対象として蒐集した刀装具コレクションのおよそ半分ですが、俊一氏の刀装具に対する研究姿勢を知る上で欠かせない資料的価値があります。 かつて俊一氏はこのコレクションを用いて、自宅を訪れた初学の徒に鑑賞を説いていました。本展覧会は、刀装具の魅力を伝え、数多くの鑑賞者を世に送り出した旧蔵者・勝矢俊一氏を範とし、初心者向けに広く刀装具の魅力を伝える企画として開催いたします。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
特別展
仏像 中国・日本
中国彫刻2000 年と日本・北魏仏から遣唐使そしてマリア観音へ
Buddhist Sculpture from China to Japan
2019年
1012日(土)〜128日(日)
大阪市立美術館(天王寺公園内)
Osaka City Museum of Fine Arts
大阪市天王寺区茶臼山町1-82
開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日
(祝休日の場合は開館し、翌火曜日休館)
※災害などにより臨時で休館となる場合があります。
お問い合せ:TEL.06-4301-7285
(大阪市総合コールセンター なにわコール 年中無休 8:00〜21:00)
大阪市立美術館MAP
美術館公式サイト
主催:大阪市立美術館、読売新聞社、NHK大阪放送局、NHKプラネット近畿
◎本展覧会は、悠久の歴史を刻む中国の仏像を、それを受容してきた日本の視点で読み解きながら通観するはじめての試みです。
 本展は、まず中国に仏教が伝来する以前の「1 古代の人物表現 戦国〜漢時代」からはじまります。そして南北朝時代を中心とする「2 仏像の出現とそのひろがり」、「3 遣隋使・遣唐使の伝えたもの」、「4 禅宗の到来と〈宋風〉 彫刻」と時代順にすすみ、最後に隠元が伝えた黄檗のほとけや潜伏キリシタンが信仰のよりどころとした仏像からなる 「5 新たな仏教・キリスト教との出会い」の各章で構成し、関連する日本の仏像と共にご紹介いたします。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
日本・オーストリア外交樹立150周年記念
ウィーン・モダン
クリムト、シーレ 世紀末への道
2019年
827日(火)〜128日(日)
国立国際美術館(大阪・中之島)
THE NATIONAL MUSEUM OF ART. OSAKA
大阪市北区中之島4-2-55
休館日:月曜日
※(ただし、9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)、10月14日(月・祝)、11月4日(月・休)は開館し、翌日休館
開館時間:10:00─17:00
※8、9月中の金曜・土曜日は21:00まで、10〜12月中の金曜・土曜日は20:00まで
(入場は閉館の30分前まで)
美術館公式サイト
主催国立国際美術館、ウィーン・ミュージアム、読売新聞社、読売テレビ
◎世紀末ウィーン、伝統と革新とが交差する時代の、東西ヨーロッパを中継する地域。不安と葛藤、軋轢うずまくその都市では、特異な文化が花開きました。その道行きを、ウィーン・ミュージアムの所蔵品を中心とする約300点の作品で振り返ります。(美術館公式サイトより転載)
展覧会公式サイト→ここから
円山応挙から近代京都画壇へ
詳しくは画面をクリック

展覧会公式サイト
北陸の弥生世界−わざとこころ−
展覧会公式サイト
円山応挙から
近代京都画壇へ
Legendary Kyoto Painting from Maruyama Okyo to the Modern Era
2019年
112日(土)〜1215日(日)
前期:11月24日(日)まで 
後期:11月26日(火)から
京都国立近代美術館(岡崎公園内)
The National Museum of Modern Art, Kyoto
TEL.075-761-4111
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町
開館時間=午前9時30分 〜 午後5時
(金、土曜日は午後8時まで)
入館は閉館の30分前まで
休館日=毎週月曜日
(祝日の場合は翌日休館)
美術館MAP
美術館公式サイト
主催=京都国立近代美術館、朝日新聞社、京都新聞、NHK京都放送局
◎18世紀の京都において、円山応挙は、実物写生の精神に基づいた写生画というジャンルを切り開きました。精緻に描かれた応挙の写生画は、爆発的な人気を博し、円山派という一流派を形成しました。四条派の祖である呉春は、初め与謝蕪村に学び、蕪村没後は応挙の画風を学んだことで、応挙の写生画に蕪村の瀟洒な情趣を加味した画風を確立しました。応挙、呉春を源泉とする円山・四条派は、塩川文麟、森寛斎、幸野楳嶺等を経て、近代京都画壇を牽引した竹内栖鳳、山元春挙、上村松園等を輩出しました。
 本展では、応挙、呉春から近代へいたる系譜を追うことで、円山・四条派の全貌に迫るとともに、京都画壇の様相の一端を明らかにするものです。
もっと詳しくここから
招待券プレゼント
特別展
流転100 年
佐竹本三十六歌仙絵と
王朝の美
THE THIRTY-SIX IMMORTAL POETS
Elegant Arts of the Classical Japanese Court
■2019年
1012(土)〜1124(日)
前期:10月12日(土)〜 11月4日(月・休)
後期:11月6日(水)〜 11月24日(日)
京都国立博物館 東山七条
平成知新館
Kyoto National Museum
〒605-0931 京都市東山区茶屋町527
博物館HP→ここから
開館時間:
火〜木・日曜日:午前9時30分〜午後6時(入館は午後5時30分まで)
金・土曜日:午前9時30分〜午後8時(入館は午後7時30分まで)
休館日:月曜日 ※ただし、10月14日(月・祝)と11月4日(月・休)は開館し、翌火曜日(10月15日、11月5日)を休館とします。
観覧料:一般 1,600円(1,400円)、大学生 1,200円(1,000円)、高校生 700円(500円)
※( )内は20名以上の団体料金。
※中学生以下は無料です ※大学生・高校生の方は学生証をご提示ください。
※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料になります。 (*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
キャンパスメンパーズ(含教職員)は、
学生証または教職員証をご提示いただくと各種当日料金より500円引きとなります。
主催=京都国立博物館、日本経済新聞社、NHK京都放送局、NHKプラネット近畿、京都新聞
◎36人の優れた和歌の詠み人「歌仙」を描く、鎌倉時代の名品《佐竹本三十六歌仙絵》。かつて2 巻の絵巻物として伝わったこの作品は、大正8年(1919)に一歌仙ずつ分割され、 別々の所有者のもとに秘蔵されました。
2019 年は、この「佐竹本三十六歌仙絵」が分割されてから、ちょうど100 年を迎える年です。 本展覧会では、これを機に、離ればなれとなった断簡を京都の地に集め、 展覧会としては過去最大となる31 件を公開します。
(博物館公式サイトより転載)
展覧会公式HP→ここから
秋季特別展
北陸の弥生世界
−わざとこころ−
Yayoi World in Hokuriku
Skil and Spirit
2019年
1019日(土)〜1215日(日)
大阪府立弥生文化博物館
Museum of Yayoi Culture
大阪府和泉市池上町4丁目8-27
TEL.0725-46-2162
博物館MAP
博物館公式サイト
開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで) 
休館日:毎週月曜日
(ただし11月4日(月・祝)は開館)・11月5日(火)
入館料:一般650円/65歳以上・高大生450円 ※中学生以下、障がい者手帳をお持ちのかたとその介助者1名は無料 ※20名以上の団体は団体割引料金
主催:大阪府立弥生文化博物館・毎日新聞社
◎北陸屈指の大集落、石川県小松市八日市地方遺跡は、弥生時代のイメージをくつがえす出土品が続出し、研究をけん引する今最も熱い場所だ。その美しい土器・石器・木器・金属器をさらに掘り下げ、北陸弥生人の高い技術力、周辺地域との活発な交流を描き出す。日本海のわざとこころは現代のわれわれにどのようなメッセージを投げかけるのか。
(博物館公式サイトより転載)
展覧会公式HP→ここから
御即位記念 第71回 正倉院展
展覧会公式サイト
吉川観方−日本文化へのまなざし
展覧会公式サイト
みんなのミュシャ
展覧会公式サイト
御即位記念 第71回
正倉院展
■令和元年/2019年
1026日(土)〜1114日(木)
奈良国立博物館
東新館・西新館
Nara National Museum
〒630-8213 
奈良市登大路町50(奈良公園内)
博物館公式サイト
博物館マップ
開館時間:9:00〜18:00
※金曜日、土曜日、日曜日、祝日(10月26日・27日、11月1日・2日・3日・4日・8日・9日・10日)は20:00まで
※いずれも入館は閉館の30分前まで
会期中無休
観覧料:
一般:1,100円(1,000円)
高校生・大学生:700円(600円)
小学生・中学生:400円(300円)
※( )内は20名以上の団体料金。
※団体は責任者が引率する20名以上です。
※ 混雑緩和のため、11月3日(日・祝)は「団体入場規制日」として、団体専用入場口はご利用いただけません。
主催:奈良国立博物館
◎本年の正倉院展は、天皇陛下の御即位を記念し、正倉院宝物の成り立ちを示す宝物や、宝庫を代表する宝物、シルクロードの遺風を感じさせる宝物が出陳されます。
(博物館公式サイトより転載)
展覧会公式HP→ここから
開館300回 記念特別展
生誕125年・没後40年

吉川観方
−日本文化へのまなざし−
KAMPO YOSHIKAWA, AN ARTIST AND COLLECTOR
■2019年
928(土)〜1117(日)
奈良県立美術館
NARA PREFECTURAL MUSEUM OF ART
TEL.0742-23-3968
〒630-8213 奈良市登大路町10-6
美術館MAP
開館時間:9:00〜17:00
(入館は16:30まで)
休館日10月7日(月)、10月15日(火)、10月21日(月)、11月11日(月)
テレホンサービス:
0742-23-1700
美術館公式HPここから
美術館MAPここから
観覧料:一般/800(600)円、大・高生/600(400)円、中・小生/400(200)円
※( )内は団体料金(20人以上)
※外国人観光客・留学生観覧無料
Admission is free for foreign visitors and international students.
主催:奈良県立美術館
◎日本画家で風俗史研究家の吉川観方(よしかわ かんぽう 1894−1979)の生誕125年・没後40年を記念して、これまで紹介される機会の少なかった観方の画家としての側面に焦点をあて、その活動を振り返ろうというものです。観方の収集した美術・工芸・風俗資料の膨大なコレクションは奈良県立美術館設立のきっかけとなりました。そこで当館オープンから数えて300本目の展覧会となる本展では、観方その人にフォーカスいたします。(公式HPから転載)
展覧会公式HP→ここから
特別展
みんなのミュシャ
ミュシャからマンガへ
―線の魔術
2019年
1012日(土)〜
2020年113日(月・祝)
京都文化博物館
4・3階展示室
THE MUSEUM OF KYOTO
TEL.075-222-0888
〒604-8183 京都市中京区三条高倉
開室時間:10:00〜18:00
※金曜日は19:30まで
(入室はそれぞれ30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館) 12月28日(土)〜2020年1月3日(金)年末年始休館
入場料金:一般1,500円(1,300円)、大高生1,200円(1,000円)、中小生500円(300円)、
※未就学児は無料。(要保護者同伴)
※( )内は20名以上の団体料金
※障害者手帳等をご提示の方と付き添い1人までは無料  ※学生料金で入場の際には学生証をご提示ください
※上記料金で2階総合展示とフィルムシアターもご覧いただけます。(催事により有料の場合があります)
博物館MAP
博物館公式HP
主催:京都府、京都文化博物館、ミュシャ財団、読売テレビ、ローソンエンタテインメント
◎アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。彼が紡ぎだした、「線の魔術」ともいえる華やかな作品は、没後80年経った今なお、世界中の人たちを魅了し続けています。
 本展では、ミュシャが手がけたポスターなどのグラフィック作品はもとより、ミュシャ幼少期の作品、蔵書や工芸品、アトリエで撮影された写真、祖国チェコへの想いを込めた作品などを通して、ミュシャの多様な魅力に迫ります。ほかにも、ミュシャの作品から影響を受けた明治期の文芸誌から、1960-70年代のイギリス・アメリカを席巻したグラフィック・アート作品、日本のマンガ家やイラストレーターの作品まで、およそ250点を展示します。 時代を超えて愛される画家の秘密をひも解く、これまでにないミュシャ展です。
(博物館公式HPより転載)
展覧会公式サイトここから
神戸市立博物館名品展
展覧会公式サイト
ショパン−200年の肖像
展覧会公式サイト
特別展 富野由悠季の世界
展覧会公式サイト

リニューアル記念
神戸市立博物館名品展
−まじわる文化、つなぐ歴史、むすぶ美−
2019年
112日(土)〜1222日(日)
[前期]11月2日(土)〜11月24日(日)
[後期]11月26日(火)〜12月22日(日)
※会期中、展示替えがあります。
神戸市立博物館
KOBE CITY MUSEUM
〒650-0034 
神戸市中央区京町24番地
TEL.078-391-0035
開館時間=10時〜17時
(入館は16時30分まで)
※毎週土曜日は21時まで開館
(入館は20時30分まで)
休館日=月曜日、11月5日(火曜)
入場料金= 一般1,000円(800円)/大学生500円(400円)/高校生以下無料 ※( )内は20名以上の団体料金。
※神戸市内在住で満65歳以上の方は、当館券売窓口にて証明書類の提示により当日一般料金が半額。※障がいのある方は障がい者手帳などの提示で無料。
博物館公式HP
博物館アクセスMap
主催=神戸市立博物館、
神戸新聞社
◎リニューアルオープンを記念する本展では、考古・歴史、古地図、美術のコレクションから厳選した名品151件を通して、当館の基本テーマ「国際文化交流―東西文化の接触と変容」をあらためてご紹介します。当館のあゆみを振り返るとともに、リニューアルを経た新たな神戸市立博物館を体感していただければ幸いです。コレクションとの再会と、当館の新たな船出に、どうぞご期待ください。(博物館公式サイトより転載)
◎出品点数 151件
展覧会公式サイトここから
日本・ポーランド国交樹立100周年記念
ショパン−200年の肖像
CHOPIN
Portrayed in 200 Years of Images
2019年
1012(土)1124(日)
兵庫県立美術館
ギャラリー棟 3F

HYOGO PREFECTURAL MUSEUM OF ART
開館時間:10時〜17時
※入場は16時30分まで
※初日のみ11時開場
休館日:月曜日(ただし10 月14 日(月・祝)と11 月4 日(月・振休)は開館、10 月15 日(火)と11 月5 日(火)は休館)
美術館公式サイト
美術館アクセスマップ
主催:兵庫県立美術館
◎今も世界中で愛され続ける、ポーランド出身の作曲家フリデリク・ショパン。 本展では、多彩な美術作品や資料を通じ、ショパンの音楽と生涯を主軸に 生誕後約200年にわたるショパン像をご紹介します。
ポーランドの国立フリデリク・ショパン研究所の全面的な協力を得て、 企画、実施するものです。
展示品は、国立フリデリク・ショパン研究所が運営する フリデリク・ショパン博物館から出展の美術作品や資料を中心に 自筆の楽譜や手紙、油彩画、版画、ポスター、彫刻、書籍など 約250点を展観します。
(展覧会案内より転載)
展覧会公式サイトここから
特別展
富野由悠季の世界
ガンダム、イデオン、そして今
2019年
1012(土)1222(日)
兵庫県立美術館
HYOGO PREFECTURAL MUSEUM OF ART
開館時間:午前10時〜午後6時
(特別展開催中の金・土曜日は午後8時まで)※入場は閉館30分前まで
休館日:月曜日(ただし10 月14 日(月・祝)と11 月4 日(月・振休)は開館、10 月15 日(火)と11 月5 日(火)は休館)
TEL.078-262-0901
美術館公式サイト
美術館アクセスマップ
主催:兵庫県立美術館、神戸新聞社、MBS
◎日本にとどまらず世界のアニメファンから絶大な人気を集めるアニメーション監督・富野由悠季の世界初の回顧 展を開催します。富野の代表作である『機動戦士ガンダム』は今年で誕生から40 年という節目を迎えますが、その 人気は衰えを知らず、いまだに後続シリーズが発表されるなど、日本を代表する映像作品となりました。
 展覧会では、富野の幼少期から大学生までに残した数々の創作の軌跡に始まり、アニメ演出としてデビューを果 たした『鉄腕アトム』などの初期作品から、富野の名を不動のものとした『ガンダム』や『伝説巨神イデオン』といっ た70 年代後半から80 年代の作品群、そして現在も劇場版の制作が進んでいる最新作『ガンダムG のレコンギスタ』 に至る富野が手掛けたアニメ作品を余す所なく取り上げ、富野直筆の絵コンテやアニメーターによる原画やイラス ト原画等の多彩な資料と、名場面を抜粋した映像によって、富野の仕事の全容に迫ります。
(美術館公式サイトより転載)
展覧会公式サイトここから

展覧会公式サイト
第127回 特集展示
新発見!
なにわの考古学2019
2019年(令和元年)
1016日(水)〜
2020年(令和2年)16日(月)
大阪歴史博物館
Osaka Museum of History
大阪市中央区大手前4-1-32
TEL.06-6946-5728
会場:8階 特集展示室
(常設展示場内)
休館日:火曜日、年末年始(12月28日から1月4日)休館 ※ただし、10月22日は開館、10月23日は休館(祝日の場合は翌日)
開館時間:9:30〜17:00
ただし、10月18日(金)〜11月29日(金)の毎金曜日は午後8時まで開館
※入館は閉館30分前まで
観覧料:常設展示観覧料でご覧いただけます。
大人600円(540円)、高校生・大学生400円(360円)※( )内は20名以上の団体割引料金 ※中学生以下、大阪市内在住の65歳以上(要証明証提示)の方、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料。
大阪歴史博物館公式HP
大阪歴史博物館アクセスマップ
主催:大阪歴史博物館
◎この特集展示では、平成30年度に大阪文化財研究所(現大阪市文化財協会)・大阪市教育委員会が行った大阪市内の遺跡発掘調査のうち、弥生時代中期の橇(そり)形木製品や、古墳時代中期の顔の装飾がついた須恵器椀(いずれも旭区高殿7丁目所在遺跡)、大阪の近代工業を支えた硫酸瓶など化学薬品用陶磁器類(北区中之島蔵屋敷跡)といった興味深い成果を含め、約300点の出土資料を発掘現場の写真パネルとともに紹介します。
 大阪市内には数多くの遺跡があり、毎年多くの発掘調査が行われ、日々新たな発見が積み重ねられています。展示を通じて、出土資料が語りかける新発見の大阪の歴史に触れていただければ幸いです。
(公式サイトより転載)
◎展示資料数:約300点
展覧会公式サイト→ここから

展覧会シーン/取材:ストリート・アートナビ
展覧会シーン/2005年〜2010年 画面をクリック
(ストリート・アートナビ取材:美術・博物館展覧会、個展シーン)

美術館1

美術館2

デパート

展覧会-1

展覧会-2

展示室-1

展示室-2

展示室-3

展示室-4

展示室-5

展示室-6

展示室-7

展示室-8

展示室-9

NEXT

お好きなジャンルをクリックして下さい。

絵画

現代美術

版画

イラスト

CGアート

クラフト・工芸

写真・映像

陶芸

立体・彫刻

書・墨象

ノンジャンル

美術館デパート
ストリート・アートナビ●新着情報招待券ユーザー感想メールTOP頁

※近畿の美術館・博物館リンクとストリート・アートナビの展覧会情報
大阪市立美術館 大阪市立近代美術館
(仮称)心斎橋展示室
国立国際美術館 大阪 大阪府立
弥生文化博物館
大阪府立
近つ飛鳥博物館
大阪歴史博物館 国立民族学博物館 大阪市立
東洋陶磁美術館
大阪市立
自然史博物館
堺市博物館 大阪文化館・天保山
(海遊館となり)
-
- - - -
京都市美術館 京都国立近代美術館 京都国立博物館 京都文化博物館
細見美術館 みやこめっせ 美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹) アサヒビール
大山崎山荘美術館
- - - -
兵庫県立美術館 兵庫陶芸美術館 神戸市立博物館 姫路市立美術館
明石市立文化博物館 神戸市立
小磯記念美術館
神戸ゆかりの美術館 神戸ファッション
美術館
西宮市
大谷記念美術館
伊丹市立美術館 芦屋市立美術博物館 -
MIHO MUSEUM
(ミホ・ミュージアム)
滋賀県立近代美術館 滋賀県立陶芸の森 -
奈良国立博物館 奈良県立美術館 奈良県立万葉文化館 入江泰吉記念
奈良市写真美術館
松伯美術館 - - -
和歌山県立近代美術館 徳島県立近代美術館 高知県立美術館 三重県立美術館
島根県立美術館 - - -

STREET ARTNAVI/ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ/ARTNAVI)
Webコンテンツ制作・発信/Copyright(c) ストリート・アートナビ
NAKATA DESIGN INC. 2019 All Rights Reserved.
●このホームページへのご意見・ご質問は
E-mail : street@artnavi.net/ HPアドレス:http://artnavi.net
※当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。

●ストリート・アートナビは関西・大阪の美楽なアート情報サイトです。
アート展美術画廊貸しギャラリー案内展覧会案内バナー広告
貸しギャラリー案内広告の制作と掲載
企画制作・掲載/お問合せ:ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ)
展覧会バナー広告