関西・大阪の美楽なアート情報サイトストリート・アートナビ
関西の美術館・博物館・デパートの展覧会案内(通称:アートナビ)
※ストリート・アートナビは犬のキャラクターが目印です。

国 内

海 外
※近畿・関西の美術館・博物館リンクとストリート・アートナビの展覧会情報
大阪市立美術館
(天王寺公園内)
国立国際美術館
(大阪・中之島)
大阪府立
弥生文化博物館
大阪府立
近つ飛鳥博物館
大阪歴史博物館 国立民族学博物館 大阪市立
東洋陶磁美術館
大阪市立
自然史博物館
日本民家集落博物館
(大阪府豊中市服部緑地)
堺市博物館 大阪文化館・天保山
(海遊館となり)
逸翁美術館
(池田市)
あべのハルカス美術館 - - -
京都国立近代美術館
(岡崎公園内)
京都国立博物館 京都市美術館
(岡崎公園内)
京都文化博物館
細見美術館 みやこめっせ - -
兵庫県立美術館 兵庫陶芸美術館 神戸市立博物館 姫路市立美術館
明石市立文化博物館 神戸市立
小磯記念美術館
神戸ゆかりの美術館 神戸ファッション美術館
西宮市
大谷記念美術館
伊丹市立美術館 芦屋市立美術博物館 尼崎市
総合文化センター
三木美術館 BBプラザ美術館 - -
奈良国立博物館 奈良県立美術館 奈良県立万葉文化館 入江泰吉記念
奈良市写真美術館
松伯美術館 - - -
MIHO MUSEUM
(ミホ・ミュージアム)
滋賀県立近代美術館 滋賀県立陶芸の森 -
和歌山県立
近代美術館
三重県立美術館 高知県立美術館 徳島県立近代美術館
島根県立美術館 - - -
- 国立新美術館
(東京・六本木)
- -

大阪市立美術館(天王寺公園内)
Osaka City Museum of Fine Arts
大阪市立美術館--
近世やまと絵の開花 ―和のエレガンス―
特別陳列 土佐光起 生誕 400年
近世やまと絵の開花 ―和のエレガンス―
会期:2017年(平成29年)92日(土)〜101日(
もっと詳しく



特別展 ディズニー・アート展
《いのちを吹き込む魔法》
会期:2017年1014日(土)〜2018年121日(
ミッキーマウスの誕生から最新作『モアナと伝説の海』まで、ディズニー作品のオリジナル原画とコンセプトアートが日本上陸。約90年にわたるディズニーのイマジネーションとイノベーションの“いのちを吹き込む魔法”が見られるのはここだけ。

大阪展公式HP
この頁のTOPに戻る

国立国際美術館(大阪・中之島)-
The National Museum of Art, Osaka
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
16世紀ネーデルラントの至宝 −ボスを超えて−
BABEL

Collection of Museum Boijmans Van Beuningen Bruegel's
“The Towers of Babel”and Great 16th Century Masters
会期:2017年718日(火)〜1015日()
もっと詳しく

国立民族学博物館-
National Museum of Ethnology, OSAKA
この頁のTOPに戻る

東大阪市民美術センター-

大阪府立弥生文化博物館-
Osaka Prefectural Museum of Yayoi Culture
平成29年度秋季特別展
海に生きた人びと
−漁撈・塩づくり・交流の考古学−
会期:2017年 107日(土)〜123日()

 日本列島では、海を生活の場とする人びと、「海民」が活躍し、歴史を動かす原動力となりました。展示では弥生時代を中心に、縄文時代から古代までの漁撈(漁業)・塩づくりといった海での活動の技術的な変化や 地域的な多様性と、海が結ぶ地域間の交流を出土資料から明らかにします。考古学から海民文化の鮮明な姿を描き出していきます。(博物館公式サイトより転載)
→もっと詳しく
この頁のTOPに戻る

大阪府立 近つ飛鳥博物館-
Osaka Prefectural Chikatsuasuka Museum
この頁のTOPに戻る
大阪歴史博物館-
Osaka Museum of History
世界に誇る大阪の遺産 −文楽と朝鮮通信使−
特別企画展 世界に誇る大阪の遺産 −文楽と朝鮮通信使−
会期:2017年(平成29年)930日(土)〜1126日()
→もっと詳しく

この頁のTOPに戻る
大阪市立東洋陶磁美術館-
The Museum of Oriental Ceramics, OSAKA
大阪市立東洋陶磁美術館
国際巡回企画展 イセコレクション-世界を魅了した中国陶磁
国際巡回企画展 イセコレクション-世界を魅了した中国陶磁
会期:2017年923日(土・祝)〜123日(
→もっと詳しく
この頁のTOPに戻る

大阪市立自然史博物館-
Osaka Museum of Natural History
この頁のTOPに戻る
日本民家集落博物館-
むかしのおうちのはくぶつかん/大阪府豊中市服部緑地

堺市博物館-
SAKAI CITY MUSEUM

大阪文化館・天保山-
(海遊館となり)OSAKA CULTURARIUM AT TEMPOZAN
連載50周年記念特別展
さいとう・たかを ゴルゴ13
用件を聞こうか……
会期:2017年106日(金)〜1127日(月)
→展覧会公式ホームページ

この頁のTOPに戻る

ATCミュージアム-ATC Museum

あべのハルカス美術館-
北斎 −富士を超えて−
大英博物館 国際共同プロジェクト
北斎
−富士を超えて− HOKUSAI
会期:2017年106日(金)1119日(
前期:10月6日(金)〜10月29日() 後期:11月1日(水)〜11月19日(
もっと詳しく
この頁のTOPに戻る

この頁のTOPに戻る
京都市美術館--
Kyoto Municipal Museum of Art

京都市美術館再整備
平成29年4月10日より,再整備工事のため本館は閉館します。
なお,再整備工事中も,京都市美術館別館につきましては,
各美術団体の展覧会を中心に開催しております。(美術館公式サイト情報)
この頁のTOPに戻る

京都国立近代美術館[岡崎公園内]-
The National Museum of Modern Art, Kyoto.
技を極める−ヴァンクリーフ&アーベル
ハイジュエリーと日本の工芸
会期:2017年429日(土・)〜 86日(
展覧会公式HPもっと詳しく



絹谷幸二 色彩とイメージの旅
絹谷幸二 色彩とイメージの旅
KOJI KINUTANI:
A Journey of Color and Imagery
会期:2017年822日(火)〜 1015日(
もっと詳しく

この頁のTOPに戻る
京都国立博物館-
KYOTO NATIONAL MUSEUM

開館120周年記念特別展覧会 国宝
開館120周年記念特別展覧会 国宝
National Treasures: Masterpieces of Japan
会期:2017年 103日(火)〜1126日()
→もっと詳しく

この頁のTOPに戻る
京都文化博物館(京都市中京区)-
The Museum of Kyoto.

ウッドワン美術館コレクション
絵画の愉しみ、画家のたくらみ
―日本近代絵画との出会い―
会期:2017年(平成29年)103日(火)〜123日(
●公式サイト→もっと詳しく
この頁のTOPに戻る

兵庫県立美術館-
Hyogo Prefectural Museum of Art
特別展 大エルミタージュ美術館展
特別展 大エルミタージュ美術館展
オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち
OLD MASTERS FROM THE STATE HERMITAGE MUSEUM
会期:2017 年103日(火)2018年114日(
→もっと詳しく

この頁のTOPに戻る

--神戸市立小磯記念美術館
Kobe City Koiso Memorial Museum of Art
特別展 ユニマットコレクション
フランス近代絵画と珠玉のラリック展
―やすらぎの美を求めて―
会期:2017年916日(土)〜1112日()
→もっと詳しく
この頁のTOPに戻る

--神戸市立博物館
Kobe City Museum
ボストン美術館の至宝展 神戸市立博物館
特別展 ボストン美術館の至宝展
―東西の名品、珠玉のコレクション―
会期:2017年1028日(土)〜2018年24日(
→もっと詳しく

この頁のTOPに戻る
--芦屋市立美術博物館
Ashiya City Museum of Art & History
生誕220年 広重
−雨、雪、夜 風景版画の魅力をひもとく−
会期:2017年107日(土)〜1126日()
開催趣旨:浮世絵師歌川広重(1797〜1858)は、東海道五拾三次など、なつかしく親しみやすい風景版画作品で人々に親しまれています。本展は、2017年に広重の生誕220年を迎えるにあたり、広重の風景版画がなぜ昔も今も人々に愛され続けるのか、あらためてその魅力を探る機会として企画いたしました。
出品作は雪の蒲原や雨の庄野でおなじみの保永堂版東海道五拾三次之内(全揃)はもちろんのこと、20以上もある広重の東海道絵から代表的な作品のほか、江戸名所絵、全国各地の名所絵など、広重の主要な風景版画作品からなります。(美術館公式HPより転載)
→もっと詳しく(展覧会公式サイト)

この頁のTOPに戻る
--伊丹市立美術館
Itami City Museum of Art
並河靖之 七宝展
―明治七宝の誘惑・透明な黒の感性―
会期=2017年99日(土)−1022日()

明治後期に活動した京都の七宝家・並河靖之(1845-1927)は、国内外の博覧会で数度受賞し、帝室技芸員にも選ばれた日本を代表する七宝作家として、欧米諸国でも高い評価を得ました。本展では、並河の七宝作品や下絵、資料など約110点を一堂に集め、草花や蝶など華やかで美しい世界観を紹介します。(美術館公式HPより転載)
→もっと詳しく(展覧会公式サイト)
この頁のTOPに戻る

西宮市大谷記念美術館-
OTANI MEMORIAL ART MUSEUM,NISINOMIYA CITY
美術館×植物!? アートで植物採集
美術館×植物 !? アート植物採集
Art & Plants !? Plant Collecting with Art
会期=2017年 107日(土)〜1126日(
→もっと詳しく
この頁のTOPに戻る

姫路市立美術館-
Himeji City Museum of Art
リアル(写実)のゆくえ
高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの
会期:2017年 923日(土・)〜115日()
展覧会公式サイト→


明石市立文化博物館-
Akashi City Museum of Culture
企画展 明石藩の世界」
−明石藩の幕末維新
会期2017年 916日(土)〜1022日() 

明石藩主松平家および家老黒田家旧蔵の資料を中心に明石藩の姿を描く企画展「明石藩の世界」も、5回目を迎えることとなりました。今回は、明治維新150年を来年に控えたいま、改めて幕末維新の動乱の中に明石藩を位置付ける企画展を開催します。

平成24年に寄贈された明石藩士黒田家資料は、京・大坂に近く海防の前線に位置した明石藩の幕末維新像を大きく塗り替える可能性を秘めています。

異国船来航・長州戦争・戊辰戦争そして廃藩置県を経て武士が「失業」する時代へ。めまぐるしく移り変わる動乱の時代を、従順に無難に切り抜けたかに見える明石藩。その内実と藩士や地域社会の奮闘ぶりを、最新の研究成果をふまえてご紹介します。(博物館公式HPより転載)
展覧会公式HP→ここから
この頁のTOPに戻る

兵庫陶芸美術館-

この頁のTOPに戻る
尼崎市 総合文化センター-
柳原良平 アンクル船長の夢
サントリーのキャラクター「アンクルトリス」でおなじみの柳原良平。
関西では没後初となる回顧展。
会期:2017年520日(土)〜79日()
展覧会公式HP→ここから

この頁のTOPに戻る
BBプラザ美術館-
拡がる彫刻 熱き男たちによるドローイング
植松奎二 JUN TAMBA 榎忠
会期:2017年 74日(火)〜928日(木)
展覧会公式HP→ここから

この頁のTOPに戻る
奈良国立博物館-
Nara National Museum
第69回 正倉院展
奈良国立博物館 東新館・西新館
会期:2017年(平成29年) 1028日(土) 〜1113日(月)
→公式サイト

奈良県立美術館-
Nara Prefectural Museum of Art
特別展 没後40年 幻の画家 不染 鉄 展
Tetsu Fusen: A Retrospective−40th Anniversary of His Death
会期=2017年(平成29年)99日(土)〜115日()
→公式サイト

この頁のTOPに戻る
奈良県立万葉文化館-
Nara Prefecture Complex of Manyo Culture

入江泰吉記念奈良市写真美術館-
IrieI Taikichi Memorial Museum of Photography Nara City
この頁のTOPに戻る

滋賀県立近代美術館-
The Museum of Modern Art, Shiga
現在改修・増築のため休館しています。
リニューアルオープンは2020年3月の予定です。(公式サイト情報)

和歌山県立近代美術館-
The Museum of Modern Art, Wakayama
この頁のTOPに戻る

三重県立美術館-
Mie Prefectural Art Museum
この頁のTOPに戻る
滋賀県立 陶芸の森-
The Shigaraki Ceramic Cultural Park
特別展
粋な古伊万里−江戸好みのうつわデザイン
Stylish Old Imari ware
Pottery Designed to Edo Tastes
会期=2017年(平成29年)101日()〜1217日()
→公式サイト
この頁のTOPに戻る

MIHO MUSEUM-
ミホ・ミュージアム
桃源郷はここ―I.M.ペイとMIHO MUSEUMの軌跡
開館20周年記念特別展
桃源郷はここ―I.M.ペイとMIHO MUSEUMの軌跡
20th Anniversary Special Exhibition
会期:2017年 916日[土]〜1217日[
→もっと詳しく
この頁のTOPに戻る

徳島県立近代美術館-
The Tokushima Modern Art Museum

高知県立美術館-
The Museum of Art, Kochi
この頁のTOPに戻る

島根県立美術館-
SHIMANE ART MUSEUM
この頁のTOPに戻る

五島美術館
東京国立博物館
東京国立近代美術館
国立新美術館(東京・六本木)-
この頁のTOPに戻る
江戸東京博物館

東京都写真美術館
広島県立美術館
織田廣喜美術館
大原美術館
この頁のTOPに戻る
大和文華館
奈良市学園南

松伯美術館--
松園・松篁・淳之三代展
松園・松篁・淳之 三代展
〜清らかな世界を想い描く〜
会期 前期:「四季に詠う」2017年 101日()〜1217日()
  後期:「生命の詩」
2018年 15日(金)〜24日()
→もっと詳しく
この頁のTOPに戻る

神戸ファッション美術館-
KOBE FASHION MUSEUM
宮脇綾子 美しいアプリケ
−布がつむぐ暮らしの装い−
会期=2017年 1018日(水)〜1226日(火)

アプリケ作家 宮脇綾子(1905-1995年)は、身近にある魚や野菜、草花などをモデルに詩情あふれる作品を戦争が終わった40歳の時より長きにわたり創り続けた作家です。その作品は、古裂(ふるぎれ)の素材をうまく生かし、一枚の静物画のように立体感があり、ユーモアと、温かさに満ち、時代を超えたデザイン性に優れ、躍動感にあふれています。

本展は、〈日常の美〉〈自然への愛〉〈人間・家族への愛〉をテーマに、初期から晩年までの代表作、特別出品の作品約220件と人柄がしのばれる愛用品、洋画家の夫・晴が描いた綾子の肖像画などを展示いたします。(美術館公式HPより転載)
展覧会公式サイト→


この頁のTOPに戻る

神戸ゆかりの美術館-
KOBE ARTISTS MUSEUM
この頁のTOPに戻る

細見美術館(京都市左京区)-
(HOSOMI MUSEUM)

この頁のTOPに戻る
みやこめっせ(京都市勧業館)-

棟方志功記念館

東山魁夷館

アサヒビール 大山崎山荘美術館
この頁のTOPに戻る

 財団法人 逸翁美術館(大阪府池田市)-
ITSUO ART MUMEUM

財団法人 湯木美術館(大阪市)
YUKI MUSEUM OF ART
この頁のTOPに戻る

展覧会バナー広告のご案内

→ここをクリック
※展覧会の会期・詳細は念のため直接美術館のサイトでお調べください。
この頁のTOPに戻る

世界の美術館

海 外
--

イギリス
ロンドンの新名所人気のテートモダン・Tate Modern
大英博物館

アメリカ
メトロポリタン美術館
ニューヨーク近代美術館
アメリカン・アート美術館
ボストン美術館

フランス
ルーヴル美術館

※国内のトップに戻る

※海外のトップに戻る

この頁のTOPに戻る


New ユーザー感想メールPart/13/画面をクリック(2017.09.22)

貸ギャラリー

ストリート別/ギャラリー近道

美術・企画画廊

■アート展案内/下のお好きなジャンルをクリックして下さい。

絵画

現代美術

版画

イラスト

CGアート

クラフト・工芸

写真

陶芸

立体アート

書・墨象

ノンジャンル

美術館デパート
ストリート・アートナビ新着情報 招待券 ユーザー感想メール TOP頁

TOP

個展

画廊

情報

広場
STREET ARTNAVI/ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ/ARTNAVI)
Webコンテンツ制作・発信/Copyright(c) ストリート・アートナビ
NAKATA DESIGN INC. 2017 All Rights Reserved.
●このホームページへのご意見・ご質問は
E-mail : street@artnavi.net/ HPアドレス:http://artnavi.net
※当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。

●ストリート・アートナビは近畿・大阪の美楽なアート情報サイトです。
アート展美術画廊貸しギャラリー案内展覧会案内バナー広告
貸しギャラリー案内広告の制作と掲載

企画制作・掲載/お問合せ:ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)